人気ブログランキング |
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

新月にキュン♥︎

4月29日は、牡牛座の新月、のようです。

ある方から送られてきたメールに、キュン♥︎とありました。それを読んだ私は、キュンキュン♥︎♥︎となりました。

私はベランダのローズゼラニウムの花が咲いてキュンキュン♥︎しました、とお返事しました。

a0210178_21272980.jpg



ベランダから摘んで、お部屋に飾りました。挿し木しようと、何で?ここ数年思わなかったのかな?と閃き。

自分でも心折れそうなプランをしてしまい、楽しい前向きな気持ちより大丈夫か?不安との闘いな毎日。

キュンキュン♥︎したら、緩んで和んで穏やか。キュン♥︎とルンっ♫何か似てます。

怖いものを手離して浄化して、さぁ!新しいはじまりへ。キュン♥︎♥︎♥︎
by hibinohanabananew | 2014-04-29 21:12 | 日々徒然

ロール春キャベツ もちきびバージョン

先日も、春キャベツの美味しい幸せを書きましたが、ロール春キャベツは、もちきびと新玉ねぎの具材バージョンン。手作りケチャップを使用したトマトスープ煮込みにしてみました。
a0210178_2234155.jpg



青菜のように緑々している春キャベツの外側の葉。中はこんな感じ。
a0210178_2234211.jpg



よく見た目草食系男子で実は、 そうでない人を、いや意外とロールキャベツよと言うみたいですが、わたしの作るロールキャベツは生粋の草食だな、なんて。くだらない独り言を残します。
by hibinohanabananew | 2014-04-29 02:14 | 日々の花々の台所

春トマトでケッチャップ作り

熊本県産の春トマトを箱入りで購入したのでケッチャップを作りました。
a0210178_2192554.jpg



材料は、こんなかんじ。
春トマト
新玉ねぎ

甜菜糖
シナモン
鷹の爪
ローリエ
寒天

産地リレーで日本を駆け巡る旬の野菜たち。

数年前にトマトを専門にお仕事した時に、トマトのベテランバイヤーさんと市場へ行きお勉強しました。
「本当は春トマトが一番美味しい。」と教えていただき、
丸いものより形は悪いけど部屋の数が多い方が多いもの
重いもの
トマトのおしりの放射状の縞がはっきりしているもの
説明しながら選んでいただいたトマトの試食は、本当に美味しかった。

そんなことをケチャップ作りながら覚えました。
その頃は、フルーツトマトのアメーラも珍しかったのですが、
今では徒歩10分圏内の大手スーパーで、定番商品としてあるので
ここ数年で青果売り場も変わったものです。
甘いトマトは水に沈む、と他のトマトと比較していたり。

さて、そんなトマトのお話をしつつ、ケッチャップには、トマトといえばの桃太郎を使用です。
by hibinohanabananew | 2014-04-29 02:09 | 日々の花々の台所

出演映像作品展示のお知らせ|”VIDEOs” モリユウギャラリー

アーティストの韓成南さんよりお知らせをいただきました。私が2013年に出演した「P2 液体:バー演劇」P2 Fluid:Bar Dramaが上映されます。ゴールデン街のバーで上演した即興演劇を映像作品にしたもの。千代田アーツ3331にあるギャラリーモリユウギャラリーに、ぜひご来場ください。現代アート好きな方、そうでない方も良い時間をお過ごしください。

☆☆☆☆
VIDEOs
MORI YU GALLERY TOKYO

2014/05/02[金] - 2014/05/11[日](05/03-06休)
Reception; 2014/05/02[金] 18:00-20:00
出展作家:韓成南、西山修平、浜崎亮太、瀧健太郎、河合政之

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331Arts Chiyoda 204
tel:03-6803-0864 fax:03-6803-0869
開廊 p.m 0:00 - p.m 7:00 月曜・火曜/祝祭日休廊
http://www.moriyu-gallery.com/gallery/tokyo.html?l=jp


韓成南
HAN Sung Nam
--略歴
記号論(言語・色・音・映像)を踏襲し、映像作品やアート作品を制作。人間/性愛/宗教といったコードに対して暴発的なエフェクトで彩った作品を発表している。最近はスーパーリニアという概念をもとに映像x演劇xダンスのアートパフォーマンスを上演している。
ソウル国際実験映画フェスティバル、ローザンヌ・アンダーグラウンド・フィルム&ミュージック・フェスティバル、デトモルド国際フィルムフェスティバル等での上映や、ソウル国際ニューメディアフェスティバルにてメディア・アーティスト賞、マリックビル・コンテンポラリー・アートプライズでの受賞、Asia
Anarchy Alliance(渋谷ワンダーサイト)でのオープニング・パフォーマンス等、天野画廊やgalerie
ouでの個展等、個展・グループ展も多数。
http://jonart.net

--For Screen Showing
「愛、以後」Love, after (13min/2007/mini DV/sound)
ラブホテルでの人々の交合の痕跡。一つの目的のために、一つの部屋で、制限された時間単位で繰り返される行為の残滓をカメラは静かに撮影していく。好奇心やプロファイリングの観点なしでは見られない映像は匿名であるならば、という人々の奥にある倫理観を揺さぶる。

--For Monitor Showing

【日々野志麻出演作品】
「P2 液体:バー演劇」P2 Fluid:Bar Drama (36min/2013/Blu-ray/sound)
演者2人、ダンサーそして作者が、厳密なルールに従って、狭いバーで演じた即興ドラマである。すでに撮られた観客と映像を見る鑑賞者の間で、演者とダンサーは舞台と現実を空間的に結びつけるさながら*脳脊髄液のようである。(*人の体の水分量は60%である。脳は脳脊髄液という無色透明の液体の中に浮かんだ状態にあり、外部の衝撃から保護されている。)


「ほぼ恒常的な暴力:バー演劇vol.2」Near-Constant Violence:Bar Drama vol.2
(1hr17min/2013/Blu-ray/sound)
オトコ、オンナ、ダンサーそして作者。
男性性、女性性、肌の色、国籍。全てをずり剥いた時に出てくる「人間」についての話である。
演者の演技と映像の歴史的写真は時間軸に沿って進むが、後半よりそれぞれのメディアがさらに相互介入し、映像芸術のようなノンリニアの世界に変わる。世界と歴史そして個、それらの重層的な関係性を映像×演劇×LED照明×ダンスの多メディアで表現する。
by hibinohanabananew | 2014-04-26 20:35 | 表現活動

芍薬の花言葉

a0210178_23554487.jpg


芍薬の花言葉は『謙虚』
どこで誰と接しても、そうありたい。

学びの多い日々。
by hibinohanabananew | 2014-04-20 23:47 | 日々徒然

ベジタリアン春キャベツロール

a0210178_18582069.jpg


春キャベツが好きすぎて、毎日むしゃむしゃしています。しあわせ。

お肉の代わりにお麩を使用、みじん切りの新玉ねぎとお味噌ベースでいためたものを、茹でた春キャベツにクルクル巻いて。豆乳のホワイトスープの中で春キャベツロールを少し煮て出来上がり。

次回はトマト煮込みでいただこう。

日中と夜の寒暖差。夜は、あたたかいものにほっこりします。
by hibinohanabananew | 2014-04-16 18:52 | 日々の花々の台所

4/15の満月のハーブティー

a0210178_18522578.jpg

3/31の新月から、あっという間の満月。
月を見上げる余裕がなかったかもしれない日々でした。

上弦の月から満月にかけては
パッションフラワー
ネトル
ローズピンク
ローマンカモマイル

をブレンドして、日々飲んでおりました。

a0210178_2119715.jpg



少し追われ日々でも4月上旬の自然を眺めているものだな、自分のブレンドしたハーブティーをみて思うのでした。

二ヶ月後のイベントの準備を始めているのですが、今1番しんどい時期。乗り切れわたし!と気をはっていると、信頼している方の応援メールを読んで落ち着く。孤独よりも孤立してはいけないが、本日の学び。
by hibinohanabananew | 2014-04-16 18:37 | 日々の花々の台所

つつじいろいろ

桜のあとは、つつじ祭り。

1番好きな神社、根津神社にて。

本当に植物が気持ちよさそうに生きている神社、と改めて思う。

須佐之男命さまに久しぶりのご挨拶とお礼参り。

a0210178_19562113.jpg


a0210178_19562231.jpg

a0210178_19562313.jpg

a0210178_19562331.jpg

a0210178_19562473.jpg

a0210178_19562514.jpg

a0210178_19562579.jpg

by hibinohanabananew | 2014-04-14 19:47 | 神社仏閣

nano



春は一番音楽を聴く気がします。でも、同じものばかり。
Spangle call Lilli line "nano は冬はリミックスの方ばかり
聴いていただけど、この季節はとても原曲が気持ちよく。

春のせつなさは、秋なんかよりも独特なせつなさだったりします。

お客様をアテンドする時に必ず後ろを振り返り
安心して私についてきてください的な振る舞いをするわけですが。

時々、走りすぎて振り向くことを忘れないようにしないとと思うわけです。
そして、振り返ってもらえずついてくことに
いっぱいになった人間関係を思い出し
気づけば後ろを振り返ってくれたり
歩く歩幅が一緒の人たちのあたたさかに気づかされるのです。

すたすた前を行く人に待ってといえないかったように
やはり自分の心の内を伝えられない関係で、自然に消えていき。

だから、大切な人こそ後ろを振り返り、ある時は、待ってと伝えるのです。
歩幅がそろえられるように。



そんなことを書きつつ、
Spangle call Lilli line "nano - TK kaleidoscope Remix" は、やっぱりよい。

そして、nano
10−9ナノ(nano)
十億分の一
0.000 000 001
ギリシャ語「小人」
by hibinohanabananew | 2014-04-12 22:01 | 日々徒然

違うのに同じはなし



昨日と今日
違う人 違う場所 違うはなし
でも、なぜか、テニスコーツの話をした。
もし昨日の人と今日の人が、こんにちは、をしたら
気があうんじゃないかな?と思う。

楽器弾けないけど、ピアニカやおもちゃの小さなピアノの鍵盤に触れてみたい。
by hibinohanabananew | 2014-04-12 00:16 | 日々徒然