ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:日々の花々の創作キッチン( 237 )

一汁一菜レシピ | 炒りこんにゃくと野菜の汁

a0210178_20070593.jpg

a0210178_20070937.jpg

『一汁一菜』

改めて見直すと、シンプルで野菜も摂取出来て良いなと思います。

汁に野菜をいれたパターンの一汁一菜。
今回のレシピは体をあたためる野菜汁です。

【炒りこんにゃくと野菜の汁】

《材料》(4人分)

こんにゃく(あくぬき不要): 1枚
えのき茸:1袋
れんこん:1節
春菊:1袋
しょうが:1個

《A》昆布だし
A昆布:5cm角1枚
A水:800cc

《B》
Bごま油:大さじ1
B減塩醤油:小さじ1

塩:ひとつまみ

合わせ味噌:大さじ1

いりごま:適量

《作り方》

①昆布だしAを一晩冷蔵庫で保管する。

②Aを鍋にうつし火にかけ沸騰直前で昆布を取り出す。

③しょうがは千切り、れんこんは輪切り、えのき茸、春菊は食べやすい大きさにきる。

④こんにゃくは手で食べやすい大きさにちぎる。

⑤熱したフライパンに④を入れ、水分がとぶまで炒り合わせたBを全体にまわしかけ、塩をふり、焦げ目がつくほどいる。

⑥②に③のしょうが、れんこん、えのき茸を入れ煮る。あくがでたらすくう。

⑦⑥に⑤を入れ一混ぜし火をとめ合わせ味噌をといたのち、③の春菊をいれる。

⑧⑦を器に盛り付け、いりごまをトッピングする。


★生でも食べられる春菊は煮過ぎず、余熱で大丈夫です。

★昆布だしのグルタミン酸とえのき茸のグアニル酸で旨味が豊富。しょうががプラスされ、ほどよい辛味があります。


忙しくても丁寧にするところは丁寧にする。それは日々の暮らしの心にもつながる気がします。



[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-15 20:06 | 日々の花々の創作キッチン

【グルテンフリー★黒豆シナモンの小さな蒸しケーキ】

【グルテンフリー★黒豆シナモンの小さな蒸しケーキ】

おせちで作った黒豆煮豆が少し残っていたので蒸しパンにトッピングして焼いたグルテンフリーの蒸しパンを作りました。

時短がはやっていますが、今回は蒸し器でじっくり蒸しました。米粉&米麹甘酒で、もっちりした蒸しケーキです。

a0210178_20375964.jpg

a0210178_20380302.jpg

【材料】(4人分)

米粉:90g
米麹甘酒原液:75cc
重曹:小さじ1
黒豆煮豆:40粒程
シナモンパウダー:小さじ1/2
ドライエディブルフラワー:1枚

【作り方】

①ボウルに米粉と重曹を入れ、菜箸でよく混ぜる。

②①に米糀甘酒を少しずつ加え混ぜ、最後は手でこねる。

③蒸し器に入るくらいの耐熱性の器にラップをしき、①を丸く丸め黒豆を並べる。

④蒸しあがった蒸し器に③を入れ、25分ほど蒸す。

⑤④を取り出しお皿にのせ、茶こしに入れたシナモンパウダーをスプーンで円を描くように全体にふりかける。

⑥⑤を4糖分に切り分けて出来上がり。

★直径15cm程の耐熱性の器を使用。
★小さいですが、もっちり噛めば噛むほど味がありまんぷく感のある蒸しケーキです。おやつにぜひ、お試しください。


[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-11 20:34 | 日々の花々の創作キッチン

【春の七草粥】

【七草粥】


a0210178_09143946.jpg


お正月から7日の朝。七草粥をいただき、邪気を払い万病を除くと先人たちは考えていました。 【春の七草】

せり、なずな、はこべら、ごぎょう、ほとけのざ、すずな、すずしろ。


胃休めにも優しい七草粥です。


無病息災を願います。


今年は柚子をトッピングしました。


#七草粥 #正月7日 #春の七草 #無病息災 #野菜ソムリエプロ #日々の花々の台所 #カラダリセット #ヘルシー


[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-07 09:14 | 日々の花々の創作キッチン

小寒レシピ | 春菊と柚子のさっぱり納豆ごはん

今年は日々丁寧を意識して、二十四節気で暮らすことを心がけたいです。

本日から小寒。
(1月6日から19日頃まで)
寒さが厳しくなる頃です。

年末年始のお休みがあけ、お仕事が始まる方も多い時期ですね。生活のリズムが慌ただしくもなりますが、新年の清々しい気持ちを忘れずにいたいですね。

小寒の朝ごはんにおすすめな新鮮な気持ちになる旬野菜レシピをご紹介いたします。


【春菊と柚子のさっぱり納豆ごはん】

a0210178_17030889.jpg


《材料》(1人分)
春菊:70g
納豆:1パック
ごはん:お茶碗一杯分
柚子皮:少々

(A)
柚子果汁:大さじ1
オリーブオイル:大さじ1/2
減塩醤油:小さじ1

【作り方】

①春菊は下茹でをし食べやすい大きさにきる。

②(A)を合わせる。

③器にごはん、納豆、春菊を盛り、春菊の上に千切りにした柚子の皮を飾る。

④③に②を回しかける。



春菊のβカロチンと納豆のビタミンB群とオリーブオイルのオレイン酸でアンチエイジング★柚子の香り成分でリラックスできます。

ぜひ、お試しください。



[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-06 17:00 | 日々の花々の創作キッチン

【ゆりねきんとん】

ゆりねは、漢字で書くと百合根。根という漢字がつきますが、隣茎(りんけい)という地下茎の一種の茎をわたしたちはいただいています。

年末年始に店頭ではよくみかけますが、1月中はまだスーパーで手に入ります。

今回はおせちで作った【ゆりねきんとん】のレシピを掲載します。ゆりねをみかけたら楽しんでみてください。

【ゆりねきんとん】
a0210178_15325944.jpg

【材料】(3個分)
ゆりね:1個
グラニュー糖:小さじ1/2
重曹:小さじ1
桜の塩漬け:3枚


①桜の塩漬けの塩抜きをする。

②ゆりねはよく洗い、茶色の部分はピーラーで削り、りん片をはがし、根をきり、再びりん片をはがし、ばらしたりん片を再び洗う。

③重曹をいれた沸騰したお湯で②を茹でる。

④ボウルに③を入れグラニュー糖を全体にふりかけ、熱いうちにマッシュする。

⑤④を三等分にしサランラップで丸めて取り出し、①を飾り、器に並べる。




[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-05 15:32 | 日々の花々の創作キッチン

食のこと

食は、作るも食べるも、日々がささやかに楽しく幸せになる。


食卓を囲む人たちの、ひとりひとりの物語がある。


a0210178_18411024.jpg

今年のおせちをワンプレートにしてみました。





#おせち #ベジタリアン #ベジタリアン料理 #手作りおせち #ワンプレート #ワンプレートおせち #野菜 #和食 #野菜ソムリエプロ #日々の花々の台所 #日々を楽しむ #日々の暮らし#日々のこと


[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-02 18:40 | 日々の花々の創作キッチン

謹賀新年2019のご挨拶

謹賀新年2019

本年も日々の花々を宜しくお願いいたします。

a0210178_14314029.jpg

a0210178_14314255.jpg

a0210178_14314320.jpg

毎年恒例のベジタリアンおせちを作りました。


 【一の重】

★黒豆

★たたきごぼうの酢味噌和え

★ゆりぬきんとん

★豆腐とカレーの卵焼きもどき


 【二の重】

★五目煮

★ほうれん草の信田巻き

★柚子風味の紅白なます

★れんこんと空芯大根の酢漬け




[PR]
by hibinohanabananew | 2019-01-01 14:29 | 日々の花々の創作キッチン

【みかんの葛ゼリー】

【みかんの葛ゼリー】

みかん、みかんジュース、葛粉を3つの材料で作ります。型は、タッパを使用。
みかんがぎゅっとつまったゼリーです。

a0210178_09591860.jpg


材料(4人分)
みかん:2個
みかんジュース:200cc
葛粉:25g
水:大さじ2

《作り方》

①分量の水で葛粉をとく。

②鍋にみかんジュースと①を入れ中火にかけヘラで混ぜる。固まってきたら弱火にし透明感がでるまで混ぜる。

③みかんの外皮をむきひとつは輪切り4枚、もうひとつは輪切り四枚から房をばらす。

④タッパにラップをしき、③の輪切り四枚のみかんを並べる。

⑤④にヘラを使って②を流しこむ。

⑥⑤に③のばらしたみかんを軽く押さえながら並べ、冷蔵庫で冷やす。

⑦⑥が固まったらお皿の上に⑥をひっくり返して置き、型とラップをはずす。

⑧⑦をスプーンでとりわけ器に盛る。

a0210178_09592931.jpg


美容に健康に嬉しいみかんです。
 

[PR]
by hibinohanabananew | 2018-12-26 09:48 | 日々の花々の創作キッチン

【満月のプチ断食★かぼちゃ甘酒】

【満月のプチ断食★かぼちゃ甘酒】


a0210178_09105109.jpg



2018.12.23 蟹座の満月。


飲む点滴といわれる甘酒を使用し1食置き換えプチ断食。


内臓を休め、蓄積された毒素を排出する効果があるといわれるプチ断食。


満月の日と新月の日に、甘酒を使用して行っていきたいと思います。


12月の満月は冬至明けの余韻で、かぼちゃ甘酒にしました。


無理せずできるプチ断食で心身リセットしていきます◎


夜に月がみえたら、満月の月光浴を★蟹座の母性あふれる優しさに包まれてみましょう。


#プチ断食 #甘酒 #かぼちゃ #満月 #ダイエット #美容 #身体リセット #こうじ #野菜ソムリエプロ


[PR]
by hibinohanabananew | 2018-12-23 09:10 | 日々の花々の創作キッチン

冬至に★かぼちゃの和スイーツ

12月22日は冬至です。


冬至にかぼちゃを食べること。運をリセット。厄祓い。先人たちの経験が語り継がれているのは面白いですね。 


かぼちゃとあずきが食べられてきた習わしを現代風にアレンジしました。



【冬至に★かぼちゃの和スイーツ】


a0210178_10050108.jpg




《材料》(4人分)


かぼちゃ:1/8カット

甘酒(米麹)原液:大さじ2

あずき缶のゆであずき:大さじ4

抹茶:小さじ1 


《作り方》


①かぼちゃは種とわたをとりのぞき一口サイズの大きさに切り皮をむく。


②耐熱容器に①のかぼちゃの実をいれ大さじ1のお湯(分量外)をふりかけラップをし、レンジで5分加熱する。


③②に甘酒を加えスプーンなどでマッシュする。


④耐熱容器に①のかぼちゃの皮を入れ、大さじ1/2のお湯(分量外)をふりかけラップをし、レンジで3分半加熱する。


⑤④を細かく刻む。


⑥③を四等分に分け、ラップで丸める。


⑦器に⑥をのせ、抹茶をちらし、あずきを添え、⑤をトッピングする。


柚子とセットで、冬至をお楽しみください★


#かぼちゃ #冬至 #あずき缶 #和スイーツ #おうちカフェ #野菜ソムリエプロ #日々の花々の台所 #野菜スイーツ


[PR]
by hibinohanabananew | 2018-12-21 10:02 | 日々の花々の創作キッチン