ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:日々徒然( 160 )

母の日と紫陽花

母の日。

今年も紫陽花をプレゼント。
母の好きな洋服屋さんで、これ絶対気に入る!とみつけたワンピースをプレゼント。あと、手作りメッセージカード。

母の日ということも一瞬分からなかった母。でも、喜んでくれて嬉しかった。

3歳の時の記憶。
当時住んでいた平屋に紫陽花がいっぱい咲いていた。大きくなって母が挿し木したものが、綺麗に咲いたという話を聴いた。

6月は梅雨だけれども、私は紫陽花がたくさん咲くので好き。傘を差しながら路地裏お散歩して、紫陽花をひとつひとつ眺める。

駅構内のお花屋さんは行列。でも、みんなが私もお母さんにプレゼントしよう、と連鎖反応でお花屋さんに立ち寄る。

a0210178_01130.jpg



お誕生日よりももっと素直に「ありがとう」が伝えられるだなと思う「母の日」。

この世の中で生きるということは生と死と紙一重なわけで。生まれることと死ぬことは平等で、その過程に平等などない。みんな自分の肉体といつかお別れする日が約束されている。そう思うとやっぱり、自分にとって大切に想う人との時間は愛おしくなる。とてもささやかな日常の当たり前のようなことが当たり前でなくなることがいつかは来る。

3才に眺めた庭にある紫陽花の記憶から、そんなことを思う。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-11 23:59 | 日々徒然

ヨガ+スピリットダンス

毎週水曜日。
楽しみにしている寺ヨガ。
スピリットダンスを体験!
a0210178_2254553.jpg



参加者内でも、かなり踊っていた人かもしれない、、、というくらい踊っていたのかも。

10代、20代の時は夜な夜なクラブに行き、朝まで踊り明かし。(意外?!といわれる)純粋に、踊りながら音が皮膚から入り体内で音が響きまわる、あの感覚がとても好きで。踊り明かした後の朝陽を浴びる、あの気持ちよさ。昼夜逆転してるけど、エネルギーの活性と浄化作用があったのでは?

踊るだけでなく、知らない人とハグしたり、皮膚を触れあってお互いの体温を感じたり。みんな大好きー!って叫びたくなる。すごい心の解放、笑。

バリからいらしたスピリットダンスの先生は、東京はパワースポットたがらみんなが集まるんですね、と話していたのが印象的。だから、お役目のごとくパワーストーンのように浄化する人がいて、お役目を終えると、また、別のお役目の土地に行くのかもしれないな、、、なんて思った次第です。

ヨガの先生のディープリラクゼーションの後、新しい自分に生まれ変わっている気がするのを感じ。身体の痛みやネガティブなものが一切なくなっている。

昨晩の上弦の月から満月へと向かう途中に、良いエネルギーを作りだした素敵な夜でした。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-07 22:23 | 日々徒然

緩やかな丘と時計と緑

ふらふら歩くので記憶していない。

だいたい、あのへんに、あった、、、ような、ような、、、、。ような???

やっぱり。あった!

a0210178_2120257.jpg


ここはやっぱり好きな場所。
緩やかな丘と時計と緑。
空は抜けるように青く。

夏がやってきたら、この場所で
太陽が沈んだ後と夜の間の私の好きなアオイせかいをみたい。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-05 21:18 | 日々徒然

黄色い薔薇

つつじが咲いたら、薔薇も咲く。
a0210178_125692.jpg




黄色い薔薇の花言葉は、嫉妬深い。
それでも、可愛いな、って眺める。

バスを降りて、この季節いつも見上げているけど、年々薔薇が増えている。

くるりのばらの花をひさしぶりに聴く。
ひさしぶりとは1年ぶりで、やはり、薔薇をみかけると聴きたくなるのでしょう。

半袖のワンピース着る。朝、昼、夜。皮膚に温度差を感じた夜、感傷的な気持ちになる。でも、目覚めるとそんなことは忘れていて。時々、そんなことを繰り返し、その中で、大切な人のこと思い出して深く深呼吸する。

だいじょうぶ、だいじょうぶ、己に生まれた感情に負けてはいけない。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-03 01:21 | 日々徒然

Takagi Masakatsu (高木正勝) - 『girls』(2009)



好きなものは相変わらず何年も変わらず。
花が散り、緑が眩しくなる頃
いつも同じ曲を聴く。何年もその季節がくるたびに繰り返している。

「...Girlsの映像を見て無邪気さや喜びだけではないと感じるのは、
本当は悲しい状況を撮影したものだからだ...」 高木正勝

でも、この言葉に気づいたのは、2014年5月1日のさっきのこと。

テレビや新聞のニュースは、時々、やりきれな何ともいえない気持ちになり平等など、
この世にはないのだと皮膚を刺すような痛みに襲われる。

ただその事実を、現実として受け止める。
わたしは隣人を愛することしかできず、それすらできていないのではないか?と思うこともある。

それ以上でもそれ以下でもないところで、みんな各々ができることがあるのだろう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-02 00:15 | 日々徒然

新月にキュン♥︎

4月29日は、牡牛座の新月、のようです。

ある方から送られてきたメールに、キュン♥︎とありました。それを読んだ私は、キュンキュン♥︎♥︎となりました。

私はベランダのローズゼラニウムの花が咲いてキュンキュン♥︎しました、とお返事しました。

a0210178_21272980.jpg



ベランダから摘んで、お部屋に飾りました。挿し木しようと、何で?ここ数年思わなかったのかな?と閃き。

自分でも心折れそうなプランをしてしまい、楽しい前向きな気持ちより大丈夫か?不安との闘いな毎日。

キュンキュン♥︎したら、緩んで和んで穏やか。キュン♥︎とルンっ♫何か似てます。

怖いものを手離して浄化して、さぁ!新しいはじまりへ。キュン♥︎♥︎♥︎
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-29 21:12 | 日々徒然

nano



春は一番音楽を聴く気がします。でも、同じものばかり。
Spangle call Lilli line "nano は冬はリミックスの方ばかり
聴いていただけど、この季節はとても原曲が気持ちよく。

春のせつなさは、秋なんかよりも独特なせつなさだったりします。

お客様をアテンドする時に必ず後ろを振り返り
安心して私についてきてください的な振る舞いをするわけですが。

時々、走りすぎて振り向くことを忘れないようにしないとと思うわけです。
そして、振り返ってもらえずついてくことに
いっぱいになった人間関係を思い出し
気づけば後ろを振り返ってくれたり
歩く歩幅が一緒の人たちのあたたさかに気づかされるのです。

すたすた前を行く人に待ってといえないかったように
やはり自分の心の内を伝えられない関係で、自然に消えていき。

だから、大切な人こそ後ろを振り返り、ある時は、待ってと伝えるのです。
歩幅がそろえられるように。



そんなことを書きつつ、
Spangle call Lilli line "nano - TK kaleidoscope Remix" は、やっぱりよい。

そして、nano
10−9ナノ(nano)
十億分の一
0.000 000 001
ギリシャ語「小人」
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-12 22:01 | 日々徒然

違うのに同じはなし



昨日と今日
違う人 違う場所 違うはなし
でも、なぜか、テニスコーツの話をした。
もし昨日の人と今日の人が、こんにちは、をしたら
気があうんじゃないかな?と思う。

楽器弾けないけど、ピアニカやおもちゃの小さなピアノの鍵盤に触れてみたい。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-12 00:16 | 日々徒然

春の嵐、を感じながら

a0210178_21115739.jpg

a0210178_2112043.jpg

a0210178_2112156.jpg


春は新しい気持ちになるけど、春の移り変わりは早いもので少し空白な気持ちが生まれることもある。

散りゆく桜を眺めまだ眺めていたいなと思う自分の自己欲求よりも、今年一緒に眺めた人たちとまた来年も眺めたいという気持ちや、また新たに一緒に眺める誰かに思いを馳せて、またね、という。


またね、があることを最近はなぜか深く噛み締める。

人生の中の春は、何を意味するものか?
そんなにたくさんなくても良いものだけど、大切にしたいものであろう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-07 20:55 | 日々徒然

2014年の生誕祭

4月4日7時8分
また、ひとつ年を重ねました。

20代→30代より
30代→40代に向かうスピードの速さ。

色々な生き方があるなと思いつつ。

何よりも療養していた頃より、体調が年々良く色んな人に出会い学ぶ日々。家族や大切な人たちに祝福される喜びと有り難さをしみじみと感じています。

自分に与えらた仕事はジャンルを問わず真摯に努め前向きに取り組みつつ、自分が発信したいことは発信し、また与えられたその環境に甘んじることなく感謝して過ごすこと。

a0210178_18432157.jpg

お昼過ぎは、親友の陽子ちゃんが下北沢のモワカフェでお祝いしてくれました。最強前向きな語りあいをし、良い一年間になりそうです。

a0210178_18432214.jpg

母からは毎年お花をプレゼントしてくれます。大切に育てたいです。

a0210178_18432373.jpg

昨年は、京都で宮川ひろみさんと過ごしていました。その思い出写真をカードに。目を瞑ると思い出す京都の桜の美くしさと空気の清らかさ。

いつも覚えてくれてメッセージやプレゼントをありがとう。

1年前の私と今の私は随分違う環境にいて。年をとることに抵抗が数年前まであったけど、それみもなくなり、ありのままを受け止めて笑いじわのチャーミングなおばあちゃんになりたいな、と思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-04 18:18 | 日々徒然