人気ブログランキング |
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:学びの記録( 43 )

山籠りリトリート お食事編

山籠りリトリート。わたし的には内観療法のような辛さもありつつ、お食事に救われました。

エサレン研究所をベースに運営されている女神山ライフセンターならではのベジマクロビメニューでした。

a0210178_20032396.jpg


a0210178_20032498.jpg


a0210178_20032451.jpg


a0210178_20032496.jpg

a0210178_20032463.jpg


a0210178_20032579.jpg



a0210178_20032507.jpg


最後にみなさんで片付けた器やスプーンが
輝いていた。
a0210178_20032555.jpg

a0210178_20032619.jpg


お山から下山したら少食になり、このまま断食できそうな勢いです。少食でエネルギーが作れる身体を目指す。

a0210178_20032686.jpg

光に救われた。
他の参加者の皆様のキラキラした笑顔にも。




by hibinohanabananew | 2017-05-28 19:48 | 学びの記録

山籠りリトリート

女神山へ山籠り。リトリート合宿に参加。
様々なワークを受けてきました。

a0210178_21365415.jpg


a0210178_21365437.jpg



a0210178_21365559.jpg


良い悪いで判断しない。観照意識を高めていく。

小さな頃から、どうして大人は自分の考えを押し付けるのか?わたしの話を聞く前に悪いと決めつけるのか?みんなを一緒にしたがるのか?わたしのことを何も知らない人が私の見た目でイメージを押しつけるのか?

それは、ずっと自分の中にあり問いをかけてきた。仏教の五蘊。色(しき),受(じゅ),想(そう),行(ぎょう),識(しき)の五つを知ることで、人間は行・識で生きている人がほとんどだと知る。

私が苦しんでいたものは他者からの行・識であり、また、私も他者を行・識で判断していたことに気づく。

わたしはあなたで、あなたはわたし。
だから、へりがなくひとつ。

気づいたとたん、とても自分は小さな器の人間だと思い、今までの自分を手放し改めようと決めたら楽になった。

a0210178_21365578.jpg


不思議な体験もしたのだけれどこころに経験としておさめます。掴もうとすると消えていく。とにかく不思議な体験で肉体疲労がすごく、、、。

a0210178_21365501.jpg


山籠りから帰って東京の日常。東京が、職場が、自宅が静かに感じる。今までただ自分のマインドがざわついていたから外部の刺激に疲れていたことに気づく。自分の内なる静寂さがあれば何も気にならない。もう土地ではないのかもしれない。自分の内側に自然界が存在する。その世界を作ることが、自分で自分を癒すことなのかもしれない。

今まではずっと1人で道を歩いて、色々な人に出逢い心を開放していく学びをしてきた。今回は他者と過ごすことで共有する気づきに感謝する。

自分を変えることができるのは最終的には自分。いくらでも、きっと、光に変われるよ。あなたもわたしも。

a0210178_21365637.jpg
















by hibinohanabananew | 2017-05-23 20:48 | 学びの記録

4月修練振り返り

a0210178_22254374.jpg


a0210178_22254312.jpg


a0210178_22254366.jpg


4月は、お仕事のない日や空いた時間があれば道場に。陳式太極拳24式、56式、老化式に通い、新しく「少林内功一指立禅コース」に通い始めた。

身体が緩むと本当に生きていること自体が楽になる、と書くと大袈裟かもしれないですが。

約1年半近く導引体操や身体の氷みたいに固いところをさすっていたら、開脚前屈がかくんと柔らかくなった。

外部刺激に反応しないトレーニングのおかげか、日常で気が乱れなくなり体力もつき体調も良くなる。

小さな頃から自身のない子、自信のない子だったり、自分と他人を比較して勝ちたい自分。それは、いつからどこから生まれたのか?自問自答していたら、結構、根深いことに気づく。気づいたら緩んで涙。

が!

翌朝、すっきりしていた。きっと手放したと思いましょう。自分の悪いところ、癖、気づいたら時間をかけて手放して。

このように修練をしていると不思議なことが色々起きて、自分で自分をきちんと癒して、その波動が他者に伝わり他癒と繋がるのではないかな?と自論。

4月は誕生月だったり、久しぶりにゆっくり友人に会えたり、良いお仕事環境に恵まれたり、暖かい気がいつも流れていて幸せを感じます。

道場で修練を続けていたら、どこに辿り着くのだろう?と毎回毎回が新鮮でワクワクします。この導きに感謝しましょう。

写真は、道場近くの神田川。川に舞っていった桜の花びらが綺麗でした。去年は、この桜の木に気づいていなかったので、遠くを見渡すゆとりが生まれたのかもしれません。











by hibinohanabananew | 2017-04-29 21:53 | 学びの記録

太極拳56式修練はじめ

今朝は道場で太極拳56式修練はじめ。
テーマは立礼→開立歩→起勢

自然の法則と調和した心とからだをつくる。

目線を少し上にあげただけで、丹田の位置をちょっとずらしただけで、グランディングは弱まってしまう。

ひとつひとつの細かい動作が深い。
意識化と内観化を高める。

今年は、じっくりゆっくり身体の頸の流れを感じながら型を覚えていこうと目標を決める。

頭で次の動作を考えた途端、次の動作には続かないというのが昨年気づいたことなので、じっくりじわじわと覚えていこう。

修練ノートも作ってメモ。

a0210178_19331016.jpg


道場にいる植物も元気。

人間なのでもやっといらっとする感情も湧くことがあるけれども、道場に入り修練をしていると、すっと消える。自分の心の器は小さいなと反省し前向きになる。

気づいて手離してを繰り返している。
by hibinohanabananew | 2017-01-07 19:17 | 学びの記録

2017年修練はじまり

a0210178_18255014.jpg


今年初の修練は太極拳24式。

修練を終えた後、身体が緩み仙骨から背骨がすっと伸び丹田にどしっとした中心を感じる。

内側に静寂さが戻ると、自分は思った以上に余分なことを考えていたとか、身体に負荷をかけていたんだなとか、気づく。

自分の心身をないがしろにすることは、他者への気遣いも配慮できなくなることに通づるように思うので、細くてもどしっりしたオーラになるよう日々メンテナンスを行おう。

今年、道場での太極拳コースは24式、56式、老架式、全て起勢からのスタート。

良い巡りあわせな気がするので、上級コースへも参加予定。

太極拳三昧な一年になりますように。

写真は根津神社にあるお気に入りの木です。

by hibinohanabananew | 2017-01-04 18:12 | 学びの記録

新年と精進おせち

日々の花々を
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は事情により控えめなご挨拶で失礼いたします。

a0210178_22543062.jpg



a0210178_22543068.jpg


a0210178_22543122.jpg


毎年恒例の精進おせちです。

今年の抱負は
『無理をせず、いつも笑顔で過ごす』
『太極拳の型を覚え心身の修練を行う』
です。

呼吸を忘れず、太陽の暖かさと月の静寂さを感じながら、足は大地に根をはり、日々過ごしていきましょう。

皆様も笑顔の多い輝く日々でありますように。

日々の花々
日々野志麻

by hibinohanabananew | 2017-01-02 22:38 | 学びの記録

2016年修練納めと振り返り

2016.12.28

道場で太極拳26式。

収功の際、先生が『命の源に感謝』という言葉が印象的でした。

26式はシンプルゆえに深く、じわりじわりと身体の頸の通りがわかりやすく。シンプルゆえに誤魔化しはきかないという、人生にも通ずるような学びがある。

56式は9月の合宿から。型が難しいので頸を感じるまでのゆとりがないものの、親切に教えてくださる方々のお気持ちを受け取り、誰かをみずに型を覚えられた。

先生方と接していると、修練の賜物のエネルギーをいつも感じる。くよくよするようなことがあっても、道場の神聖な気のなか先生の笑顔を見ていると、ネガテイブな感情はどこへやら?忘れている?無くなっている。

色々なことを学ばせていただいた。

今年の終わりにかけて環境も変わり、『あなたがいるとトラブルがない』『あなたがいると心強い』『あなたがいると安心する』といわれるようになった。人生でいわれたことのないお言葉たち。

私は、ただ木のように立っているだけで何もしていないと思っているのだけれども。自分の波動や立ち方が変わったのかもしれない。

『しなやかに強く優しく』までの人生の道のりは遥か彼方。脱力しながら日々修練。気づいたら手離して深呼吸。

a0210178_12240017.jpg


いつも御守りのようにしている女神山の合宿で出逢った木。あるがままが美しい。
by hibinohanabananew | 2016-12-29 11:58 | 学びの記録

2016年の心と身体の大掃除

a0210178_19443768.jpg

椿の花
蕾も開花した花も朽ちた花も枯れた葉も。
あるがままで美しい。

道場に太極拳を通い始めて1年数ヶ月が過ぎ、10月には女神山の合宿にも行き、だいぶセルフメンテナンスが出来るようになりました。

しかし、油断は禁物。11月から環境が変わりパタパタと忙しくなり、身体にあらわれるものです。

2016年の自分の身体に感謝の気持ちをこめて、いつも治療してくださる整体の先生のところへ。セルフメンテナンスをするようになり、あまり通わなくなりましたが年の終わりと始まりの間の特別なケアです。

先生と出逢って10年。そこから先生が御指導されているのをご縁に道場に通い始めて1年。

病がなぜ起きるのか?その根本に気づき手離し2016年は大きな変化のある年でした。

いつか近くの誰かに役に立つよう修練を続けて行きたいです。

人もあるがままが美しく。
守るための鎧は必要なく。
大地に根を張り太陽を感じ地球にいるということを忘れずに感じていたい。



by hibinohanabananew | 2016-12-26 19:23 | 学びの記録

女神山太極拳合宿2016

長野県の女神山にて太極拳合宿に参加しました。

本当に素晴らしい自然環境でした。『森は高周波数の音を出していて、人間はそれを皮膚で聴いている』ということを最近知りました。女神山での、リラックス感、からだが緩んでいる状態、五感が安心して機能している感覚。皮膚で良い音を聴いていることを体感した日々。雨が続きましたが、雨の音が本当に心地よかったです。

そして、そんな環境は素直になれるから不思議。自分の心の癖や自我は共同生活だから気づく。それは日常の暮らしのなかでも行ったほうがよいこと。


型を覚えるという目的でしたが、それは自己の欲求。型もままならないわたしですが演舞を希望。ご一緒したグループの先輩方 は、そんなわたしを受け入れてくださり、その優しさ暖かさに練習にも火がつきました。わたしに生まれた心はグループの皆さんを信頼すること、前向きにできるようになる自分を信じること。

a0210178_22220626.jpg


a0210178_22220731.jpg

太極拳をしたホール
a0210178_22220896.jpg

森の散歩
a0210178_22220800.jpg


a0210178_22220839.jpg

宿泊したお部屋と窓からの景色

a0210178_22220920.jpg

毎食ヘルシーで美味しいごはん

a0210178_22220981.jpg

幻想的な木々

a0210178_22221024.jpg

あるがままが美しい木

10年前のわたしはちいさなときから自己否定してしまい出来ないと楽しさよりも追い詰められていた。そして、原因不明の病を繰り返した。

あれから10年たち色々な人に出逢い導かれて今のわたしがいる。原因不明といわれた病は極度の緊張だったと気づく。身体がずっと固体化していたのだ。

身体を自分で緩めるという簡単なことで、こんなに元気になれた。本当にありがたいこと。

自分を癒すことは他人を癒すことだと思う。自分が癒されていれば自分が森のような高周波数の綺麗な音を出していて、相手にもそれが伝わるのではないかな?という、あくまで持論。

たくさんのありがとうでいっぱいな、良き人々に出逢えたことに感謝。太極拳三昧だったけど、もっともっと人として深くなることを学びました。

また、来年も参加出来ますように!


by hibinohanabananew | 2016-10-01 21:50 | 学びの記録

6月の不識庵

a0210178_21231842.jpg


a0210178_21231862.jpg


a0210178_21231925.jpg


藤井まり先生の不識庵での精進料理へ。
6月も豪華に贅沢な時間を食とともに過ごす。

いちごとバナナときゅうりのサラダは、作る前は想像がつきませんでした。お味はデザートというより、しっかりとしたお惣菜1品といったお味。

先生と参加された生徒さんとのおしゃべりも本当に楽しい時間です。

鎌倉といえば紫陽花、、、ともに過ごしたご婦人と帰りに成就院と極楽寺へ行きました。

a0210178_21231962.jpg

成就院の生けてある紫陽花
a0210178_21231900.jpg

イワタバコも綺麗です。

そのあとは、ひとり散策。
また、そのお話は後日。

by hibinohanabananew | 2016-06-04 21:13 | 学びの記録