ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

枝豆ごはん

9月8日は母の誕生日でした。
夜ごはんを母に作る。

栽培技術の向上や産地リレーで通年野菜は出回っていますが
季節とともにお別れを感じてしまう野菜果物もあります。

枝豆も時期的に最盛期を過ぎるので
この日は枝豆ごはんを作りました。

母は玄米食べれないので、父の友人が作った白米と
固めにゆでた枝豆、お塩と昆布とお水を圧力鍋にいれて
あっというまにできた枝豆ごはん。
お米ももちもちしていて美味しくできました。

a0210178_2034176.jpg

[PR]
# by hibinohanabananew | 2011-09-19 00:34 | 日々の花々の創作キッチン

きのこと蒟蒻のカレー

久しぶりにカレーを作る。

玉葱・まいたけ・ぶなしめじ・じゃがいもに蒟蒻をあわせたカレー。
きのこ類は食物繊維やビタミンB群が多く含まれ
まいたけは免疫力のアップに効果があるといわれる
βーグルカンも豊富に含まれるため
夏の暑さで消耗している体には免疫力を高めるものをプラスしたいものです。

玉葱をきったときに涙の原因となる硫化アリルは
ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるのできのことの相性もよし。

アレルギー体質で動物性にものが食せないので
お肉の変わりに何かいつのプラスするのですが今回は蒟蒻。
噛みごたえもありお腹も満腹になります。

カレーの定番野菜のじゃがいもは別茹でして最後に加えました。
その方が見た目が綺麗に思えたから。
バジルを散らしてできあがりの野菜と蒟蒻のカレーです。

a0210178_20184890.jpg

[PR]
# by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:31 | 日々の花々の創作キッチン

夏のおわりと秋のはじまりの日3

ビルや住宅が密に並ぶ東京では見れない風景。
江の島から海や空を眺めていると無限大の何かを感じる。
果てしなく空は続き果てしなく空は続く。
目にうつる月は、いつもよりも近くに感じた。

a0210178_208183.jpg


夜は由比ケ浜で花火をした。
東京では想像しない風の強さで
ライターもマッチもキャンドルの灯火も吹き消されてしまう。
他に花火をしている人たちは地元の人たちなのか?
そんな風の中でも悠々と花火を楽しんでいた。
諦めていたら、ようやく花火に火を灯すことができた。
火を灯すのに1時間近くかかったが15分くらいで
あっというまに花火は終わった。
上手に写真も撮れなかったけど、線香花火が一番綺麗だった。

この日は光るもの。綺麗なものをたくさん見た。

暑さは残るけど、夏はきっと逝ってしまった。
[PR]
# by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:16 | 日々徒然

夏のおわりと秋のはじまりの日2

江ノ島をお散歩する。
東京でみなれない景色は新鮮で
暑さを感じながらも随分歩いてしまう。
江ノ島にあるカフェでひとやすみする。
今年最後のかき氷。江の島サイダー。
おしゃべりをしていると
窓の外の光がゆっくりと変わっていく。
強い透明な光、少しオレンジががった光
日が暮れるのが近づくと光はだんだん柔らかくなっていく。
a0210178_2023158.jpg

[PR]
# by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:07 | 日々徒然