ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

ミュシャ展|新美〜悪に悪で報いるな〜

美術鑑賞備忘録

ミュシャ展|新美

血も涙も描かなかったミュシャ。スラブ叙事詩。眺めていたら涙がじわりと。作品から溢れるエネルギーと、その当時の人々の感情が存在しているようなパワー。すごい迫力でした。

一部作品が撮影可能。という驚きの展示室がありました。

一瞬にして心奪われたと申しますか、、、すごく心揺さぶられたのが『聖アトス山』という作品の聖神女のマリヤ様。アトス山は女人近制。修道士たちがいる山。
a0210178_19452035.jpg


a0210178_19452184.jpg

スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムランジナ会の誓い。作品の中に描かれたこの女性も気になりました。
a0210178_19452115.jpg


一番がつんときた作品は、ヴォドニャヌイ近郊のペトル・ヘルチンキー。作品解説文にあった『悪に悪で報いるな』という言葉。深いです。とてもとても。

ミュシャといえば、アールヌーボーだった私には刺激が強すぎましたが、感情をこんなに揺さぶらた作品を鑑賞できて良かったです。鑑賞するのに自分のエネルギーを費やすまでの感覚って、なかなかない経験でした。

a0210178_19452195.jpg

乃木坂の駅でチケット販売していたので購入して入館したら、割とスムーズに入れました。もう少し歴史のお勉強をしてから鑑賞すると、なお楽しめたかな?と思っております。

あの作品の迫力は暫く余韻が続きそうです。












[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-15 19:08 | 美術館・ギャラリー

【日々徒然】薔薇の花

a0210178_20314545.jpg


随分ご無沙汰していた素敵な方からメールが届く。ご自宅でいつも大切に育てていらっしゃる薔薇の花の写真が添付されていて、あぁ、綺麗だなと眺めていました。

その日は久しぶりの発熱。なかなか微熱から下がらなかったのですが、薔薇効果でしょうか?平熱に下がりました。

高校時代の親友が薔薇の花の棘は病を吸ってくれると教えてくれたことを思い出しました。

近所を歩いていると玄関前やお庭に綺麗な薔薇が咲いており、遠くに行かなくても愛おしい存在が沢山あることに気づき安心する。そして、薔薇にまつわる方々のお顔を思い浮かべてはほっこりする。

くるりの薔薇の花を聴く季節。

そんな日々。
[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-12 20:18 | 日々徒然

よしもとばななさんの海のふた

最近は電車の中で本を読む時間ができ、読書を楽しんでいる。今までと違うのは読了したら次の本ではなく、一冊の本を何度も何度も読んでいる。

a0210178_22282265.jpg


よしもとばななさんの海のふたは四回くらい読んだ。想定も挿絵も綺麗で、今の自分の心境にぴったりだった。

a0210178_22282302.jpg

本で人生に影響を受けたことってないのだけど、このページを読んで「はっ!」として大きな決断をした。私の進む道は、そちらではないと。

やっと元あるところに帰ることができて、随分寄り道をしてしまったものだと思いつつ、年の功的な糧のひとつにでもなったと晴れやか心持ちである。

「はるのベッドで昼寝して」も何度も読んだ。

中学生の頃好きだった「TUGUMI」も「キッチン」も再読したいです。今の自分は、どう感じるのだろうか?


[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-02 22:13 | 読書

【日々徒然】 5月 | つつじ

今日から5月。どんなひと月にしようか?とイメージする。

この前まで咲いていた桜の木は葉桜。その下には一面のつつじ。

白にほんのり薄いピンクのつつじが愛らしく。ピンクのつつじとの交雑だろうか?

街が華やかに彩られている。

a0210178_20250326.jpg


a0210178_20250366.jpg


[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-01 20:18 | 日々徒然