ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

食用菊と野菜たっぷりスープ

a0210178_18365871.jpg


スープの季節がやってきたなと。身体が欲しています。

そして、食用菊がとても食べたくなります。今年は例年に比べ高めですが、それでもスーパーで見かけると手が伸びます。

白菜、セロリ、玉ねぎ、人参をみじん切りに細かくきった野菜たっぷりスープ。野菜の甘みとセロリのすっきりした風味のハーモニー。昆布だしで、豆乳とお味噌で味付けをしています。

最近、ちょっと不精でお料理ブログ書いていませんでしたが、少しずつ、またアップしたいと思います。

食用菊は美しいです。本当に。このブログでも、登場率の高い食材でもあります。
[PR]
by hibinohanabananew | 2016-10-19 18:28 | 日々の花々の創作キッチン

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち | 庭園美術館

クリスチャン・ボルタンスキー
アニミタス-さざめく亡霊たち

a0210178_22364225.jpg


庭園美術館の空間内に存在するインスタレーション作品。
a0210178_22364342.jpg


作品を鑑賞しながら思ったのは、人間界と精霊界の境界線で、私たちは見えない存在、聴こえない声を聴いているのかもしれないということ。

a0210178_22364362.jpg



『さざめく亡霊たち』という作品は、なんだかとてもせつなくなった。土地への想いがそこにある。

新館ギャラリーでの『アニミタス』『ささやきの森』。歌う魂の作品は、ずっとその空間にいたい気持ち。祈りたいという感情が湧き出てきた。

目には見えないのだけど本当は感じていること。それがアートで表現されたせかいだった。

a0210178_22364438.jpg

ざわつきのない静かな庭園美術館。

a0210178_22364433.jpg

リニューアル後、カフェは初めて入りましたが心地よい時間でした。

私のなかでミュージアムとカフェはセットです。

良い作品と対話できると幸せです。



[PR]
by hibinohanabananew | 2016-10-16 22:20 | 美術館・ギャラリー

木々との対話 | 東京都美術館

キーワードは『再生』
生と死
永遠と瞬間

とても深い。
木々との対話。
作品と向き合いながら心のなかで対話した。


a0210178_23565023.jpg


土屋仁応作品
a0210178_23565110.jpg

田窪恭治作品
a0210178_23565160.jpg

國安孝昌作品
a0210178_23565225.jpg

須田悦弘作品
a0210178_23565322.jpg

田窪恭治作品

船越桂作品
写真撮影不可のため心のシャッター。

ぐるっとパスを初めて購入。
秋ですし、ぐるっと巡ってみようかと思います。美術館。


[PR]
by hibinohanabananew | 2016-10-03 23:44 | 美術館・ギャラリー

女神山太極拳合宿2016

長野県の女神山にて太極拳合宿に参加しました。

本当に素晴らしい自然環境でした。『森は高周波数の音を出していて、人間はそれを皮膚で聴いている』ということを最近知りました。女神山での、リラックス感、からだが緩んでいる状態、五感が安心して機能している感覚。皮膚で良い音を聴いていることを体感した日々。雨が続きましたが、雨の音が本当に心地よかったです。

そして、そんな環境は素直になれるから不思議。自分の心の癖や自我は共同生活だから気づく。それは日常の暮らしのなかでも行ったほうがよいこと。


型を覚えるという目的でしたが、それは自己の欲求。型もままならないわたしですが演舞を希望。ご一緒したグループの先輩方 は、そんなわたしを受け入れてくださり、その優しさ暖かさに練習にも火がつきました。わたしに生まれた心はグループの皆さんを信頼すること、前向きにできるようになる自分を信じること。

a0210178_22220626.jpg


a0210178_22220731.jpg

太極拳をしたホール
a0210178_22220896.jpg

森の散歩
a0210178_22220800.jpg


a0210178_22220839.jpg

宿泊したお部屋と窓からの景色

a0210178_22220920.jpg

毎食ヘルシーで美味しいごはん

a0210178_22220981.jpg

幻想的な木々

a0210178_22221024.jpg

あるがままが美しい木

10年前のわたしはちいさなときから自己否定してしまい出来ないと楽しさよりも追い詰められていた。そして、原因不明の病を繰り返した。

あれから10年たち色々な人に出逢い導かれて今のわたしがいる。原因不明といわれた病は極度の緊張だったと気づく。身体がずっと固体化していたのだ。

身体を自分で緩めるという簡単なことで、こんなに元気になれた。本当にありがたいこと。

自分を癒すことは他人を癒すことだと思う。自分が癒されていれば自分が森のような高周波数の綺麗な音を出していて、相手にもそれが伝わるのではないかな?という、あくまで持論。

たくさんのありがとうでいっぱいな、良き人々に出逢えたことに感謝。太極拳三昧だったけど、もっともっと人として深くなることを学びました。

また、来年も参加出来ますように!


[PR]
by hibinohanabananew | 2016-10-01 21:50 | お寺・神社・エネルギー調整