「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

新月に幸せの種をまく

2014/5/29の新月

いつもいっている寺ヨガ代講の先生が下さった幸せの朝顔の種を蒔く。その先生の導きの声はとても女性らしくやわらかで、空の色や薔薇のお話をしてくれた。綺麗な棚田の田園風景、雨が上がり露雫に光る小さな野花がひっそり綺麗に咲いている、そんな風景がその先生とヨガをしているとみえた。

昔の人は、月の満ち欠けで漁や農業をしていた。知恵のついた人たちが、新月は地球の位置し、体内の水分も下半身の方へ行き、根にあるものを食べようとした。ただ、昔の人たちはそこまでの知恵はなかったので、感覚的なものだったのだろうな、月が満ちていくのにあわせていこう、新しくはじめようなど。

a0210178_2051062.jpg



ヨガの先生が、咲かせた幸せの朝顔から採取した種を新月に蒔く。先生が、新月に蒔きましょう、と話してくれた。私も来年は誰かに種をプレゼントできたらよいな。

新しいはじまりの日だし、いつもお世話になっている千駄木のウルワシ堂で髪を切りました。練馬区光が丘福祉園の方が作られた可愛いブレスレットを購入しました。私の好きなブルーの色合いです。
a0210178_2051155.jpg


マクロビで一番私が美味しいと思う根津の谷でごはん食べて、萩荘で、ぼんやりしたり。新しい準備のために一呼吸できた日でした。

次の満月の日まで、今日心の中で決めたプロジェクトをあたためていきましょう。月で月光の明るさがない分、星が少しよくみえるのかな?
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-29 20:10 | 日々の花々研究室

花言葉ポプリ

時々は自分の作品のことも書きましょう。

最近、せっせと作っているのは「花言葉ポプリ」です。モイストポプリを作っている時に、花言葉にあわせてイメージする香りを作ろうと閃きました。モイストポプリは50年薫るといわれ、中世のお姫様が楽しんでいたもの。

美術館で働いていた時、よく行く花屋さんんがありました。お花屋さんの世界ってシビアで私から見るとまだ大丈夫そうな花が、どっさり捨てられていました。その時、根のない切り花の生命の短さ儚さをぼんやり眺め、何か作品にできないかなと思いました。

その後、、、

個展をした時に、みかんの皮をせっせと干して撹拌し瓶に星の砂のような香りを楽しむものを作りました。みかんの皮の成分にはリラックス作用もあり、捨てるのがもったいないことから生まれました。
a0210178_22185733.jpg


その時お花をたくさんいただき、その「ありがとう」の気持ちを形にしたかった時にさらに閃き、モイストポプリに辿りつきました。初代モイストポプリです。
a0210178_22185754.jpg


日常の色んな出来事色んな人との出逢いで生まれたこの作品は、お気に入りです。

先日、散ったぼんぼん桜を集めて作った花言葉ポプリは先週の手作り市でも人気でした。花言葉は「精神美」。向かって右がぼんぼん桜で、左は芍薬花言葉は「謙虚」
a0210178_22185839.jpg


6月のイベントも銀河鉄道の夜バージョン花言葉ポプリを作ろうと思い、ゼラニウムの花をベランダから集めました。花言葉は「友情」です。お隣の紫色は、プリムラで花言葉は「運命を開く」
a0210178_22185996.jpg



いつか、廃棄物になってしまう花を集めて作りたいです。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-24 22:12 | アトリエライフ

薬用植物見学会

東京薬科大学へ五感で学ぶ生薬とハーブの世界の講座を受けてきました。
同大学薬学部漢方資源応用学教室三巻祥浩講師の講義後、キャンパス内にある植物園にて薬用植物たちを見学。

a0210178_18383964.jpg

☆医師の9割が現在漢方薬を処方していること
☆漢方医学の専門の医師がエビデンスを積み重ね西洋医学のクリニカルパスに組込みをしていること。
☆生薬とアロマテラピーののおはなしなど。

a0210178_18384057.jpg


昔は(いつのはなし?だけど)スケッチしてメモしてだったけど
今iphoneひとつで記録できてしまうから便利だなと。
こんな感じでアプリでまとめて、wifi設定で簡単にプリンターでプリントできてしまうし。
スケッチブックにまとめるのもとても楽になりました。

チャイブとコンフリーの花は、お気に入り。
a0210178_18384148.jpg

a0210178_1838417.jpg


a0210178_18384413.jpg


一時期、ハーブ手づくり美容品作りや石鹸作りにはまっていたのですが、自分のためでなく今度は教室が開いたり色々始めようと植物たちの中でビジョンを描きつつ。

医学の祖「ヒポクラテス」の書物も読んでみたいし、時間がもっとほしい。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-22 19:40 | 日々の花々研究室

しあわせの種と阿弥陀様

a0210178_22513675.jpg

a0210178_22513742.jpg


吸う息は生。吐く息は死。
吸うは緊張。吐くはリラックス。
生と死を繰り返す。

阿弥陀様の前でヨガ。

いつもの先生はお休み。
代講の先生から、しあわせの種をいただく。
何色の朝顔が咲くのか?楽しみ。

ここは何て清らかな波動の場所なんだろう。

昨晩の2時間だけの発熱、丑三つ時だけでる咳、
みえそうでみえない顔に魘され、
私の力では無理で信頼出来るななさんに繋がっていただく。
うっすら涙がでてきて、落ちるように眠りにはいる。

眠りに落ちる前
いつも後ろから私の名前を呼び、私は振り返り話したこと。
通りすぎたと思うと、戻ってきて、大丈夫ですか?
といってくれたことや
小さい子みたいにちょっと無邪気に笑って話してくれたこと
もうきっと逢うことはないのだけど、気遣いのできる暖か人だったなと
日常の精神的な支えに随分なっていたのだろう。ありがとう。

来週は、ななさんのアトリエで浄化してもらう。
それまで、その人がくれた後ろからのあたたかい風や
去っていくときに眺めた背中だったり、
その安心するあたたかいものに包まれて眠ろう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-21 22:20 | お寺・神社・エネルギー調整

歩幅

a0210178_1402140.jpg


この1時間で、急に発熱。
でも、苦しくなくて何だか楽だ。

悪いもの出ていけばいいのに。

隣りを並んで歩いてくれる人のことを思い出した。歩幅をあわせてくれる人。先に歩いていたけど、私の顔色をみて何もいわずお茶しようとだけ、いってくれた人。

ありがとう

今は、ただ、それだけをいいたい。
新月に向けて、そういうことでしょう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-21 01:30 | 日々徒然

内なる声とのやりとり

休養日。

久しぶりに日曜日に部屋にいると、公園の子供たちの声、お父さんと少年がサッカーをしていてボールの転がる音、蹴る強い音、楽しそうな声、笑い声、かけ声。ブランコの鎖の音、車の音、犬が吠えている、多分よくみかける白くまみたいな大きな犬。心地よく風が時々、私の部屋にはいってくる。見なくても風景がみえる。
a0210178_16554877.jpg

こんなに雪が積もったことも忘れる初夏の匂い。


アユルヴェーダヨガでチャクラをヒーリングする呼吸法をするせいか、シャヴァーサナの前に咳がゴホゴホでることがあり。ヨガとスピリットダンスのコラボ教室の後から喉が熱くなり違和感が始まった。

第5チャクラは、コミュニケーション能力や言葉、音楽など音や声に関するエネルギーセンターと仕事や使命、責任に対するエネルギーセンター。表現力や人間関係を司る、と調べたらあり。

喘息の咳もひどいし声はでないけど、何だか精神的にはすごく楽で悪いものがでている気がする。咳をしながらいろんなヴィジョンがみえる。人の顔だったり景色だったり。幼少期の自分が最も愛の光の中にいた時を思い出す。愛されたいという気持ちが潜在意識のどこか深いところに残っていたのでしょう。

小さい時から怖くて自分の思っていることをいえなくなり言葉を飲み込んだ。大人になり信頼できる人たちのおかげで言葉を伝えられるようになった。

わたしは愛されているんですよ、と今現在のわたしが潜在意識のわたしに伝える。

こんなにスピリチュアルに書きましたが、黄砂だったり空が濁っていたり。幼少期に喘息のきっかけになった工場のある街を思い出す。

a0210178_16531236.jpg

昨日みた手品師のお兄さんとこども。こどもたちは綺麗な空気をいっぱいすってほしいな。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-18 16:02

つ・つ・つガーデンご来場ありがとうございました

ときわ台天祖神社での、つ・つ・つガーデンご来場いただいた皆様ありがとうございました。

a0210178_17272069.jpg

bloom birdの小宮由佳さんと「草と花としあわせの鳥」で出店しました。
昨年、こちらで出逢いそれから私の展示に来てくださったり、一緒に草花日和をしたり、2人で何か必ずやりましょうと励まし合いながら、ユニットで出展。ゆかさんは、ふんわりしているけどとても芯の強い人。お花屋さんで働いていた人ですものね。草花日和に参加してくれた岡部友香ちゃんも遊びに来てくれました。
a0210178_17272660.jpg


日々野の出展作品一部。ちいさなせかいシリーズ、花言葉ポプリ、ハーブティーを出展販売。
a0210178_17272222.jpg


日々の花々と深い縁のある友人たちも出展。
a0210178_1727235.jpg

いつもお世話になりっぱなしのtime spot cafe+studioディレクターの南雲由子ちゃん。ヘアメイクさんでもあります。少女たちが可愛くしてもらえるのが嬉しそうにしているのをみて、なんだかほっこり。いつも彼女は、人を安心させて楽しませてくれる人ですが作品や活動もそうだな、と思います。

a0210178_1727234.jpg

藝大院時代の作品からすっかりファンの物づくり友人串田千晶ちゃん。日々の花々食堂にも絵画を飾っていただきました。やっぱり彼女の描くワニがとても好き。お互いの作品を通して、最近はよくお会いしています。

a0210178_17272426.jpg

映像作家の人を通してであった友人たかこちゃん。あれは12年くらい前でしょうか?昨年は遊びにきてくれたのですが、今回は作家デビューです。一番のお客さんは私!とばかりに素敵なノートを購入。私が朗読する本も彼女に装丁をお願いしていて、いつかそれらも展示したいなと考えつつ。おめでとう。

a0210178_17272583.jpg

喘息咳で全く声がでなくなり、筆談接客する程だった午前中。神社やものづくり仲間のパワーなのか?塊がでてくるような大きな咳をしたら、スコーンと軽くなり声どうしたの?といわれる程度には出ていた。だいぶネガティブなものを肺や喉につまらせていたのかもしれない。美術館で働いていた時の先輩が「しまちゃん」と、休憩室と変わらない笑顔で来てくれてとても嬉しかった。昨日京都の旅から帰ってきたそうで、石鹸のお土産をいただいた。空気も空も綺麗で静かな京都に行きたくなった。この写真のみんな、ご来場の方、そして、私も、みんな笑顔で本当に良い空間で良い時間を過ごせました。ありがとうございました。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-17 17:21 | アトリエライフ

5/17(土)『ときわ台つ・つ・つGARDEN』に出店します

『ときわ台つ・つ・つGARDEN』に出店します。

【日時】平成26年5月17日(土)10時から16時

【場所】ときわ台天祖神社(東武東上線 ときわ台駅徒歩1分)

【内容】雑貨物販、飲食ブース、ワークショップ、遊びの場、ライブ

【開催のテーマ】
地域で『つくる』『つどう』『つながる』
地域の鎮守の森・神社という歴史的空間で「ものづくり」体験、アート作品や音楽などと触れることで、本来持つ創造性を再発見し、人と人、人と地域のコミュニケーションをはかり、地域をにぎやかに元気づける場を提供すること。⇒今年のテーマは『つながる』


https://www.facebook.com/t3garden FBページ
http://t3garden.blog.fc2.com/ ブログ

****************
今回はBloom bird 小宮由佳日々の花々 日々野志麻の2人で草と花としあわせの鳥で出店します。

草と花としあわせの鳥は、草花でみなさんに幸せな気持ちをお届けします。

Bloom birdではプリザーブドフラワーを使用した優しい気分のお花をご用意しています。大切な方への贈り物に、ご自分のご褒美に、お気に入りの物が見つかれば嬉しいです。
a0210178_1611.jpg


日々の花々では、50年香るといわれるモイストポプリ「花言葉シリーズ」・日々の日常でうまれたハーブティー「ハーブ日和シリーズ」や瓶の中の物語「ちいさなせかい」をご用意します。お気軽に遊びにいらしてください。
a0210178_142868.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-17 01:10 | news

月光浴

a0210178_218232.jpg


月が満ちてきて。
南向きの7階ベランダで、ひといき。

現在3つ同時進行で動いています。徹夜したくないけど、せざる追えない時もあり。

順調に進むことも、そうでないこともあるけど、信じるしかないのだな、と思います。あとは成功のイメージトレーニング。

肝心な日の天気予報は雨。
1時間だけ晴れてくださいと、お祈り。
15日は満月です。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-13 20:53 | 日々徒然

お子様ランチのくるま

合羽橋。よく行くところ。

お子様ランチ。女の子だけど、車に乗った洋食を食べたかったことを思いだす。

a0210178_915340.jpg



自分のお店用に2つくらい購入してもいいかな?と眺めていると、給食アレルギー事故でなくなった女の子のニュースを思い出した。

給食と食物アレルギーを考える(上) 
東京・死亡事故の母語る 「理解深め見守りを」


私もアトピー、湿疹がでやすく食事療法で随分よくなった。玄米菜食をしていると、お肉食べないの?とか、少し信じられないといった言葉や視線をよく感じたし、そんな食生活していると、なんて攻撃的な言葉に受けることもあった。そういわれることはストレスになることもあったけど、攻撃性の強い言葉を発する人の食生活はやはりあれているので、そういうことかと自分ですとんと腑に落ちてから、あまり気にしなくなった。

わからないことをわかりあう、ことができな人たちや、全てのものさしが平均値だったり、自分の価値観でうまれたものにあわせたがる人が多いけれども、人には何か事情があり、それに対し歩みよろうという気持ちが生まれる人が増えていくとよいなと思う。

アレルギーの子供たちも外食を安心してでて、お誕生日会も楽しくできる日々の花々食堂を作りたいな、とお子様ランチの車を眺めながら決めた。

a0210178_915492.jpg



この日は懐かしいものによく出逢った。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-13 09:00 | 日々徒然