「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日々の花々活動報告2013

2012.12.27に日々の花々ワークショップ~月とハーブと野菜果物~を開催したことがきっかけで、2013年は色々な活動をさせていただきました。7年程野菜ソムリエとして経験してきた店頭販売・商品開発、レシピ監修、ポータブルサイトでのレシピ掲載などを経て、またメディカルハーブの世界、私が好きなアートや雑貨、めぐりめぐり「人と食とアートをつなげる日々の花々食堂」というカフェを担当することになりました。2013年は自分自身もまたものづくりを再会、演技ではなく朗読などのことばを使うパフォーマンスについて興味を持ちはじめの1歩をふみだした年でもありました。

野菜果物は自分自身の療養の時に目覚めたものでした。その後、野菜果物の成分ファイトケミカルについての疫学研究にふれハーブにも興味を抱くようになりました。10年近く活動している「日々の花々」という名前も、10年かけてようやく形となった気がします。最近は、レシピなどもカフェで提供するためブログでの掲載がめっきり減り日々徒然日記が増えました。私は自分をよくみせたいと思いませんし、弱音なども書いてしまうこともありますが飾らずありのままで生きていきたいなと思います。まだまだ学ぶべきことがたくさんありますが、このブログをみてくださった皆様ありがとうございました。また、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。良いお年をお迎えください。日々の花々 日々野志麻

【日々の花々食堂より洋ナシとローズのコンポート】

a0210178_2211315.jpg
【日々の花々活動報告2013】

2013・01
日々の花々月暦オリジナルハーブティーを作るワークショップ@野菜を食べるカフェ油揚げ

2013.02
日々の花々月暦オリジナルハーブティーをお作りしますの会@time spot cafe+ studio



2013.03
日々の花々個展『ちいさなせかい~わたしのきおくをあなたと共有する展」@time spot cafe+ studio

2013.04
日々の花々野菜果物講座春野菜編@time spot cafe+ studio

2013.05
おかん&やお九州プレミアムイベント『おかんリリースパーティー』にて
朝ごはんを食べる大切さについて、野菜ソムリエとして講演

Arts&Crafts Garden in ときわ台天祖神社に出店

2013.06
1日カフェ日々の花々食堂~月と星と太陽の物語~@カフェヴァンダンジュ

2013.09
移動雑貨店Mihokokunoドイツの文房具展@ケヤキカフェにて作品展示
上弦の月スペシャルナイトイベントにて月暦オリジナルハーブティーワークショップを開催

2013.10
Arts&Crafts Garden in 都築・遺跡公園・民家園アート月間に出店

2013.11
心とからだに優しいおもてなし日々の花々食堂オープン@time spot cafe+studio

メディカルハーブコーディネーター(日本メディカルハーブ協会認定)取得

2013.12
1日カフェ「日々の花々食堂~聖なる冬の物語~」主宰

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-30 22:08 | 日々の花々研究室

ちいさな鎌倉の旅2

a0210178_21211611.jpg


昨年もこの海をみにいった。今年も。この海は、色んな人と足を運んだ。江ノ電の駅のホームのベンチで眺めているだけでも美しいなと思う。最近、青色がとても落ち着き清らかな気持ちにさせてくれる。

自然の美しさを眺めていると、苦しい辛いと思ったこととか、どうでもよい不必要なことだな、と心が解放される。多分、閉鎖的な空間がダメなんだろ。もう少し鈍感な人に生まれてきたかったけど、敏感だから役に立つこともあるのかもしれない。

1年分の深呼吸。リセット。ありがとう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-29 22:18 | 日々徒然

ちいさな鎌倉の旅1

a0210178_21191930.jpg

a0210178_21192010.jpg


2013年。今年最後の鎌倉へちいさな旅。明月院へ。この静けさが私には必要。北鎌倉駅を降りた時の緑の匂いと冬の空。とても気持ちが良かった。

a0210178_2292631.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-29 22:09 | 日々徒然

静寂な日常

とてもよく寝てスッキリしたので、根津神社に1年の御礼詣りに行く。神社もあうあわないがあるそうで、私は根津神社が一番清らかな気持ちになる。大学病院の検査を繰り返し通った日本医科大の帰りに、いつもお詣りした。あの時に比べると、私が人間らしい暮らしをしていることが有難く感じる。そういう経緯もあり根津神社にはよく足を運ぶ。

神社に行く途中、普段歩かない路地に入ると根津教会という教会に出逢う。神社に教会と、あなた神様が怒りますよ、といわれそうだけど、神聖な場所は背筋がしゃんとする。

a0210178_224336.jpg


先月末から突発性難聴にかかり片耳聴こえなくなる。身体のどこかに不調が出るのは小さい頃からのことなので慣れているけど、時々、聴覚を失ったらどうしようと怖い気持ちになっていた。怖い思いをすることがあり疲れてしまっていた。そういうのって、後からどっとくる。原因が明らかなので年末休めば大丈夫と信じ、怖いものに負けないためには笑顔だな、と思う。誰かに何かを求めず自分で解決せねばならない出来事には意味がある。

いつも通っている気功整体の先生に色々お話しする。聴こえなくなった左耳の首の骨はガタガタで変な飛びでたしこりみたいなのがあり調整してもらう。2013年1年分のメンテナンスに2014年の新しいはじまりのエネルギー。

来年は植物医療の勉強をしたいな、と帰り道に考える。植物の力には、ここ数年驚くことが多い。

a0210178_2243488.jpg


私の部屋で一番好きな場所には、ダリアがいる。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-28 21:27

ジム・ジャームッシュ監督最新作|Only Lovers Left Alive

ジム・ジャームッシュ監督最新作『Only Lovers Left Alive』鑑賞。
孤独・何世紀も同じ人と愛し合うこと・生死。
ナイトオンザプラネットの青が好きだけど、彼の作品の青はやはりよい。
映像美の世界に、ストーリーを追わなくても眺めているだけでいい映画だと思う。
ガス・ヴァンサント監督『永遠の僕たち』にでていたミアワシコウスカのスクリーンの存在感!

わたしの血が綺麗でありますように。。。

a0210178_0191875.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-27 00:18

清らかな朝

2013.12.25
なぜかいつもと変わらぬ風景が清らかに感じた。
空の色や冬の朝の太陽の光。
それらは穏やかで静かで自分の呼吸を整えなさいといわれているような、そんな優しい朝だった。

a0210178_04872.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-26 23:42 | 日々徒然

日々の花々食堂 vol.02 聖なる冬の物語②

日々の花々食堂 vol.02 聖なる冬の物語のつづき

【占星術家|セラピストhosi7さんによる占い】
日々の花々食堂vol.01、に参加していただいたhosi7さんを今回もお招きしました。彼女の清らかな空気ととても澄みきった瞳。占いをうけたあとの気持ちが変わり、皆さんの表情がキラキラするのをみるのが私はとても好きです。そういう私も、hosi7さんの占いをうけるためオープン前に予約してしこみを頑張りました。彼女は、みんなの1歩を後押しするセラピスト。


a0210178_2326357.jpg


【アートパフォーマンス~映像小高沙里とおはなし日々野志麻による「冬の夜空のおはなし」~】

a0210178_23263636.jpg


こころでみるプラネタリウムをテーマに、私が脚本を書き小高沙里さんが映像を担当しました。朗読となっていましたが、朗読と1人芝居のようなパフォーマンスになったかもしれないです。本よりも声をだして読みたかった、hosi7さんの占い。彼女に協力していただいて、2013.12.23.18:30の星読み(星の詩文と12星座占い)、12月の星座、双子座の神話をお話しました。小高さんは抽象的な映像とプラネタリウムの映像を私の言葉にあわせてスイッチングしていく30分程のパフォーマンスでした。

次回の開催は未定ですが、またどこかでお知らせをみかけたら遊びにいらしてください。
日々の花々では、来年2月に『草花日和』という合同展示を企画しています。
ジャンルの異なる4人の作家の展示販売と教室やイベントも開催します。
私も「恋文」という本を読みながら、また小高さんの映像とともにパフォーマンスします。
タイミングがあうようでしたら、時間を忘れに遊びにいらしてくださいね☆

timespot cafe+studioの南雲由子さんには本当にお世話になっていて感謝するばかりです。
皆さんも活動の場にぜひ!ご利用いただけたらなと思っています。









[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-24 23:39

日々の花々食堂 vol.02 聖なる冬の物語①

日々の花々食堂 vol.02 聖なる冬の物語にご来場いただいた皆様、ご参加いただいたアーティストの皆様どうもありがとうございました。

【日々の花々フード】
今回はランチボックスでご用意しました。
a0210178_2317296.jpg


ターメリックライス|さつまいもときびのラタトイユ|かぼちゃとココナッツミルクのプリン風|赤カブとくるみのスープ
飲み物は、たんぽぽ珈琲|有機栽培紅茶|温州みかんのジュース|りんごジュース|ワイン(赤・白)|ベルギービールからのお選びいただけるようにしました。

【13:30~音楽家吉田哲人さんによるトークショー】

a0210178_23172978.jpg


会場内は、音楽を聴く人、聴かない人、クラシックチェロの演奏者の方、シャンソン歌手の方、年齢層も幅広い参加者の方々とトークをシェアするトークシェア、プロジェクターとPCを設置し、吉田さんがお話した音楽や本を小高さんが素早く検索し投影という形で進めました。吉田さんは幅広いジャンルの曲を作られている方で、誰かに贈るをテーマにお話ししていただきましたが(実際には音楽を贈ることは難しいという話になりました)、クラシック音楽を聴く楽しさへの導き、音楽の本をプレゼントしてその中から本人に聴きたいものを楽しんでいただくなど、1時間近くお話をしました。会場でのBGMは吉田さんに選曲していただいたクラシック音楽でしたが、教会にいるような清らかで冬の透明な空気がただよう神聖な雰囲気の音楽たち。私がカフェ担当の時は、Itunesのクラシックラジオ番組から選んで流しています。ラジオ番組の選曲と違い耳を傾けたくなる音楽たちで、選曲についてのお話なども伺うことができました。

【串田千晶さんの絵画展示】

a0210178_23342435.jpg



串田さんの作品は、ここ数年私の中で出逢えたよかったなとう作品です。彼女はご自身が制作された絵本の朗読をされていたり、世界観が素敵な方です。カフェの壁とボックスギャラリー内に展示させていただき、アートぱパフォーマンスの劇中にも使用させていただきました。


【クリスマスギフトコーナー】

a0210178_23342585.jpg


ボックスギャラリー内には、ブリザーブドフラワーの小宮由香さん、メダイユアクセサリーのMihoko Kunoさん、クリスマスカードのイトウアヤさん、ちいさな薫りの瓶をわたくし日々野が展示販売。作家たちの作品を眺めたり、クリスマスプレゼントを購入したり小さなスペースが賑やかでした。






[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-24 22:36

日々の花々食堂 vol.02 聖なる冬の物語のおしらせ

6月に開催しました日々の花々食堂イベント編のvol.02のお知らせです。クリスマスパーティー感覚でお楽しみいただけたらと思います。ぜひ遊びにいらしてください☆

【日々の花々食堂vol.02】

誰かに贈るハッピーマリークリスマス。聖なる冬の物語。心と身体に優しいフード&ドリンクのおもてなし。音楽・アート・星占い・様々なジャンルの8人の作家たちが皆様をお出迎えいたします。大人もお子さんも楽しめるようなイベントです。是非遊びにいらしてください。 日々の花々 日々野志麻


日時:12月23日(月祝) 12:00~19:00(時間内の出入り自由)

料金:2500円(1drink+日々の花々フード付)
    小学生以下のお子さん無料

事前予約の方は200円引きの2300円になります。ご予約はhibinohanabana☆gmail.comまで。(☆→@で)

場所:taime spotp café+studio HP:http://timespot.biz/ 
 〒154-0016 世田谷区弦巻2-30-20

【電車】東急田園都市線・桜新町駅から徒歩15分
地図より近道はこちら→http://shimahana.exblog.jp/18991659/

【バス】JR渋谷駅西口バスロータリーから東急バス乗り場20「渋05」弦巻営業所行で「向天神橋」停留所下車(約20分)徒歩0分 バス時刻表http://www.tokyubus.co.jp/jikoku/dia/timechart/632101_2_172111402_0.pdf?

a0210178_16300719.jpg




a0210178_21221241.jpg





【音楽家吉田哲人さんによるトークショー】13時30分からの予定
(開始時間よりも早目に始める場合もございますので、ご了承ください。)
音楽家吉田哲人さんに「誰かに贈る音楽」をテーマにお話ししていただきます。当日、会場内では吉田さんが選曲された音楽たちがBGMで流れています。

吉田哲人|音楽家。2001年秋よりレディメイド・エンタテインメント所属。
小西康陽氏のマニュピレーターとしてリリース作品に多数関わる。同時に自身もアーティストとして活動。現在は独立し、作編曲家として楽曲提供のほか、CM音楽、TVなど多方面へ活動の場を広げている。
竹達彩奈「週末シンデレラ」(2013年12月4日発売)のカップリング『マシュマロ(作曲・編曲)』を手がける。

【アートパフォーマンス~冬の夜空のおはなし~】 17:00~
小高沙里による映像と日々野志麻のナレーションによる冬の夜空の映像詩。

【串田千晶さんによる絵画作品展示】

a0210178_20513255.jpg


【セラピスト・占星術家hohi7さんによる占いコーナー】
「星読みとタロットカード」・「前世鑑定」各15分 2000円 延長10分1000円
癒す人や、創る人、支える人、頑張ってきた人、変容したい人を癒しエネルギーを整えるつつむ空気を変えるセラピーのような占い

【クリスマスギフトコーナー】
ちいさな箱のギャラリー内では4名の作家によるクリスマスギフトの展示販売を開催。

*イトウ アヤ|ポストカード
a0210178_134198.jpg


*Bloom bird |小宮由佳 プリザーブドフラワー
a0210178_2052315.jpg


*移動雑貨店 |Mihiko Kuno アクセサリー
a0210178_20555631.jpg


日々の花々 日々野志麻 |ハーブ雑貨・小さな瓶のポプリ
a0210178_2058052.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-23 23:13

手袋さん

いつもより40分早い通勤電車に乗る。ラッシュ時と違い、押しつぶされることない車内。ぼんやり車窓の外を眺めながら、音楽を聴く。立っているわたしの前に座る男性と女性の足元に黒い手袋が片方落ちている。

『これ、違いますか?』と鞄から黒い手袋が見えた女性に尋ねると首を横に振り、男性も同じ反応だった。

駅に降りたら改札の駅員さんに届けようと思い、その黒い手袋をたたもうとした時、持ち主が手袋を外した時の形になっていることに気づく。指の曲げたあとが柔らかく残っている。手首には細い水色のステッチが入った小学校高学年から高校生の男の子が持っていそうなものだった。

その手袋の持ち主は、片方の手袋がないことに気づいたとき、どんな気持ちなのだろう?まぁ、いいか、とか、どこに落としたのだろう?とあわてているのか?
本人にしかわからない。

わたしはプレゼントしてもらった手袋を片方なくしてから冬に手袋をしなくなった。なくしたことの後ろめたさや、二つそろったものがなくなる悲しさとか、色々。なんとなくポケットに手を入れてしのいでいる。

電車を降りて、黒い手袋を駅員さんに届ける。


『お目覚めですか?手袋さん。』
アラビアンリップという曲を思い出し、ちょっと口ずさんで、通勤路を歩いた。


[PR]
by hibinohanabananew | 2013-12-20 20:10 | 日々徒然