ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

『SHUTTER magazine』主催PHOTO LOUNGE10に参加

写真・現代アート・ファッション・音楽・映画などをテーマにした新世代カルチャー誌『SHUTTER magazine』のレギュラーイベントPHOTO LOUNGEのプレゼンに参加しました。なぜ?私が写真のイベントでプレゼンという感じなのですが、『SHUTTER magazine』編集長で写真家の山田敦士さんは、私が20代の頃に、撮影していただいた写真家さん。その後もゆるりと繋がっていまして、お声がけいただき「日々の花々」活動のプレゼンで参加。私なんか参加しても大丈夫かな?と思いましたが、ゆるいというよりアットホームなイベントで、大人たちがお酒とともにまったりと時を過ごしている雰囲気で、私もまったりしました。

3月に「日々の花々」の10年の活動をひとつにまとめた「わたしの記憶をあなたと共有する展」で写真を使用した雑貨作品もあったので、お話しつつ。「先日オープンした1日カフェ「日々の花々食堂」のお話で終了。日々の花々の出発点は「写真」でした。最近は、とにかく野菜ソムリエとして野菜果物を摂取する大切さを色んな人に伝えたい思いがあるので、講師以外でもお話できることろではしようと心にはあり良いタイミングでした。
a0210178_21204899.jpg

(「わたしの記憶のかけら」シリーズ|ポジフィルムを使用した私の作品。これをさらにポジで撮り記録する作品を作ろうかと思います。)



さて、休憩をはさんだイベント後半は盛りだくさん。

永田陽一さんが発表された写真家マーティン・パー氏へのインタビューのプレゼンは聴き入りました。マーティン・パー氏が火事になった時に持ち出す本2冊に選んだ川田喜久治氏の「地図」と「Paris」の写真集をみてみたいです。あと、マーティン・パー氏が日本の写真家を世界に紹介しているというお話も興味深かったです。
フラクションマガジンジャパン写真家マーティン・パー氏へのインタビュー

続いて、写真家渡部さとるさんの審査を通過した世界で100人だけが参加できるレビューサンタフェのお話。その時お話してくださったことが渡部さんのブログに綴らている「現代アート」を専門とするディレクターとのお話。アートと社会の関わりについても、色々ディスカッションを聴いてみたい話題でした。

「日本は写真とアートに溝があるよね。」と誰かがぽつりとおっしゃっていましたが。私もとあるところで、19世紀まではいかに描けるかの権力を顕示する美術だったが、現代アートは作家自身の表現の問いかけを共有する共感すると聴き、日本人がフェルメール好きなのわかるわ、と納得してしまいましたが。私が好きなアド・ラインハートも黒いだけじゃない!という方がいらっしゃいますけど、よくみていただくと、分割された黒の美しさと角度を変えることでみえる違いをみつけて!と思ってしまいます。(余談になり、すみません。)

写真家池谷友秀さんの作品とその作品のドキュメンタリー映像。お体が不自由な方との水中ポートレイトの作品。一緒にプールで練習したり、撮影側も被写体側もとても楽しそうな雰囲気で、普段は水に入れない被写体の方々が水の中にいられる、ほんの1~2秒で撮影されている光景とその作品たち。マイノリティという言葉で表現されてしまう社会の何か違和感のあるものたちはそこにはなく、性別や肉体もとっぱらった命ある人と命ある人が写真で繋がっているということに、心揺さぶられました。7月に渋谷西武美術画廊・オルタナティブスペースで個展があるそうで足を運んでみたいと思います。

司会の写真・映像制作人水谷充さんのお話も面白かく、最初の参加にして水谷さんの初プレゼンもおききできた貴重な日でもありました。

楽しい大人が楽しいことを教えてくれるイベントだったので、若い学生さんとかも参加してプレゼンしてほしいなと思いました。業界的なところは怖くて苦手な私のような人にもあたたかく、写真は趣味ですか?ではなく「写真はライフワークですか?」ときいてくださったSARAVAH東京のディレクターさんにもあたたかさを感じました。

私のつたないお話を最後まで聞いてくださった皆様、参加者の皆様、お声がけくださった敦士さん、ありがとうございました。


次回のフォトラウンジは、8/1(木)開催。
『SHUTTER magazine vol.9』も発売中!
会場のSARAVAH 東京さんのギャラリー「アツコバルー」がオープン。10月は植田正治さんの展示もあるようで、わくわくします。


久しぶりに敦士さんのHPをみたら、モデル募集の写真のところに昔々の私が。。。お忙しい方なので変えていないだけだと思いますが、松濤スタジオでポーズが全然きれなくて苦しかったことだけ覚えています。この撮影がなかったら上記に書いた出来事はなかったかと思うと、人との出会いって不思議だなと思ってしまいました。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-30 23:07 | 美術館・ギャラリー

秘密の湖|ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

秘密の湖@ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションにて鑑賞。繊細な美術作品の浜口陽三さん、池内晶子さん、福田尚代さん、三宅沙織さんの4名の作家さんの展覧会。

浜口陽三さんの作品が好きでとても気になっていた場所でしたが、やっぱり素敵なところでした。今回は、池内晶子さんと木下長宏(美術思想史学者)さんの対談「時とともに巡るもの」に参加しました。

a0210178_13241333.jpg



池内晶子さんの、繊細な絹糸の糸と糸の繋がりから生まれる世界がとても好きで、繊細なのに緊張感もあり、いつまでも眺めていたい作品。今回は、お話を聴くことで池内さんの作品になぜ?魅かれるのか、また、作品をさらに奥深く楽しむことができました。

池内さんの作品は4点で支えられていますが、その4点は東西南北の方角でとめられていること、ご自身の制作の場から作品を展示する会場のその土地の歴史なども調べ、空気や空間、体内の中で感じる何かと作品をあわせていくというお話やご自身が幼少期に過ごされた場所が、自然と人間が共存された場所が真平らな住宅街などになり、一瞬にして壊されていく危機感、そういったことがご自身の作品にあるそうで、赤い糸にしか身体的反応がしないことから赤い糸を使われていることなど、お話を聞かなければ知りえなかったことを知ることができました。また、池内さんの作品は、展示室内の人の呼気の湿気により糸が伸び縮みするので人が増えれば沈み、人がいなくなると水平にもどるという、作品がまるで呼吸をし生きているお話が面白く、作品は言葉ではない表現で生きて存在することに深く感銘しました。

木下長宏さんのことを存知なかったのですが、ラスコーの洞窟のお話や、生命あるものを無生物化、生命のないものを生命のあるものと考える、生命感のジレンマ、というお話がとても興味深かったです。「美を生きるための26章」芸術思想史の試み(みずず書房)を読んでみたいと思います。人間本来の感覚や「気」について、そして現代人はそういうい働きを鈍感にさせ、それを復活する大切さについて、あとがきに書かれていますが、敏感に何かを感じてしまう私は、繊細や神経質というくくりにされてしまうこともあるけれども、人間本来の感覚のあるのだろうと思うことができ、だから、池内さんの作品がとても好きなのかもしれないと思ったのです。

他の作家さんの展示もいつまでも眺めていたい作品たちで、三宅沙織さんのカメラを持ちいないフォトグラムのゼラチンシルバープリントの世界がとても美しく思わず息を止めてしまうほどの作品でした。

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
秘密の湖 ~浜口陽三・池内晶子・福田尚代・三宅砂織~ 2013年5月18日(土)~8月11日(日)まで

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-25 18:30 | 美術館・ギャラリー

静かな気

スーパームーンは、みることができなかった。静かに鎮静していくのを感じ、また、自分は間違ったことをしたのかもしれないという何かに気づかされ、この静けさが自分の気の流れだ。もしかしたら、私は川に流れててしまっていたのかもしれない、と気づいた。

そんななかでも、丁寧な、心がこもった、ひとつひとつに味付けがされた、そんな料理の感想をいただいたのが励みになった。スピードは大切だけど、はやくとせかされ指を切ってばかりの頃よりは、食べ物は人の体内に入り「気」をなる。その「気」を自分は扱っているという意識を持つようになった。でも、やはりもう少しスピードはつけないとな、と思う。

私のお仕事を担当してくださった方もご退職された。彼女には本当に助けていただいたし、先が見えない時も原価計算が合わず胃が痛い時も、前向きな笑顔の力に随分助けていただいた。そのお仕事のおかげで、少しづつ色んなところから声をかけていただくきっかけとなった。

先日の1日カフェは、星が大好きなhoshi7さんや誰かの幸せを祈るメダイユ教会のアクセサリーを作る久野さんの良い波動が流れていた。そのおかげもあり、お客様がみなさん喜んでくださった。好きという気持ち、人に喜んでいただきたいという気持ちがパーフェクトに揃うとすごい波動だな、とキッチンで料理をしながら感じていた。hoshi7さんも、志麻さんは良い顔をしていたといってくれた。

東京で生まれたけど東京があわないので、ぼんやり京都や長野に行きたいと頭のなかにあったけど、東京で自分がそういう空間を作ればいいのかもしれないなとも思った。また、同じメンバーで、さらに都会で時を忘れてゆっくりできる空間を作りたいなと思う。小さなプラネタリウムを作りたい。1回目ということもあり宣伝をかなりしていたけど、それが一番疲れてしまった。やはり、少人数制でこじんまりと野原に寝っころがって月を眺めているようなそんな空間を作って行こう。

a0210178_1953171.jpg

ベランダの紫陽花を、久しぶりにゆっくりみた。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-24 19:00 | 日々徒然

6/20 日々の花々食堂vol.01 太陽と月と星の物語|ありがとうございました

6/20 日々の花々食堂vol.01 太陽と月と星の物語に来てくださった皆様、hoshi7さん、移動雑貨店の久野さん、タカコチャン、Vendange店主の陽子チャン、どうもありがとうございました。また、twitterもFBも宣伝ばかりで申し訳ないのですが、みてくださった方々もありがとうございました。無事に満席の盛況ぶりでした。至らない点もあったかと思いますが、今回の反省を踏まえて、次回はよりよいお時間をお過ごしいただけるように精進して参ります。写真を1枚も撮ることができなかったので、ご参加いただいた作家さんのお知らせと、日々野の今後の活動についてお知らせします。

セラピスト|占星術家|星雑貨作家 hoshi7さん
七夕の素敵な日に「7/7 しあわせと香りのhosi7 カラーセラピーの世界」が開催されます。ワークショップや占いなど定期的に開催されていますので、ぜひhoshi7さんのHPをこまめにチェックしてみてください。http://hosinana.petit.cc/

移動雑貨店|Mihoko Kunoさん
9月に中目黒のケヤキカフェさんで『ドイツの文房具展』を開催されるそうです。久野さんの奇跡のメダイユ教会のメダルのアクセサリーも素敵ですが、センスの良さを感じる移動雑貨屋さんです。

日々の花々|日々野志麻
☆次回の「日々の花々食堂vol.02」は、「新鋭写真家たちの未来現在過去」という写真家さんの物語と心と身体に優しいフードのおもてなしを夏に開催予定です。

ただ写真が好きという理由だけで企画しましたが、私は紙媒体の良き時代を過ごしました。自分自身も色んな方と作品撮りを経験し、写真教室に通っなか、フィルムからデジタルに移行していく写真の移り変わり、キャノンのEOSは綺麗な動画が撮れるので、映画の学生さんが映画の撮影用に使っていたり、メディアアートのインスタレーションなどに使われていますが、カメラというものも変化していきました。常に時代ととも何かが変わっていくのですが、何年経っても色褪せない写真、誰にも真似のできない世界観、また作家さんご自身の背景など、真を写す写真家さんとお話できたらと思います。現在、写真家さんにオファーをしている段階です。また、正式に決まりましたらお知らせしたいと思います。写真やアートの勉強をされていたり興味のある学生さんにもお楽しみいただけるように、学生料金の設定も設けたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

☆国内外で数多くの上映や受賞をされているオーディオ・ヴィジュアル・アーティスト韓成南さんから、演劇出演のオファーをいただきました。2月にゴールデン街のバーを使用した即興演劇をご一緒させていただき、2月は燃え尽きましたが、即興演劇であり即興インスタレーションであり、演じる側と観る側の距離間そこから生まれる世界がとても演じていて面白かったです。前回のメモ2013/02/02の即興演劇出演の記憶と記録次回はどんな作品になるのでしょうか?身体に気をつけて頑張りたいと思います。

これからも日々の花々と、ご一緒させていただいた作家さんの皆様をどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-22 20:53 | news

6/20 日々の花々食堂vol.01 太陽と月と星の物語のお知らせ

a0210178_19224233.jpg



日々の花々食堂vol.01
太陽と月と星の物語。自然の恵みを感じて。心と身体に優しいフード&ドリンクのおもてなし。guestに占星術家のhoshi7さんをお迎えして星占い・タロットカード占いを開催。ハンドメイドな雑貨・アクセサリーの展示・販売も行います。是非、遊びにいらしてください。
             
日々の花々 日々野志麻
野菜ソムリエ|ハーブコーディネーター|雑貨作家
http://greens.st.wakwak.ne.jp/904950/index.html


hoshi7 セラピスト・占星術家・星雑貨作家http://hosinana.petit.cc/
hoshi7 「ホシナナ」さんによる占いは19時スタート!15分1500yen予約なし当日参加OK

menu
日々の花々定食
*太陽定食:1500yen
(旬の食材をベースにしたベジタリアン定食・デザート・ドリンク付)
*満月定食:1500yen
(満ちていく月にあわせたデトックス定食・デザート・ドリンク付)
*酵素シロップ入りドリンク:550yen~
*オリジナルハーブティー:650 yen~
*動物性食品不使用のスイーツ:500yen~
*:たんぽぽコーヒー:600yen 

日々の花々マーケットを開催
日々の花々セレクトによる作家さんの作品の展示販売。
【参加アーティスト】
hoshi7
移動雑貨店Mihoko Kuno
日々の花々


日々の花々食堂vol.01<予約制>

日時:2013.06.20 (木)|17:00~22:00

場所:Vendange
 URL: http://vendange-web.com/#id0
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-9
三軒茶屋駅南口B出口を出て246沿いを直進徒歩3分。ガラス張りオレンジの看板のカフェになります。

ご予約受付は終了いたしました。ご予約いただいた皆様、どうもありがとうございました。

当日席は若干ございますが、
「日々の花々」ホームページにございますメールフォームより、お席の状況をご確認いただきますようお願いいたします。

*イベントに関するお問い合わせもメールフォームまでお願いいたします。





                  日々の花々 日々野志麻
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-20 19:20 | news

6/20 日々の花々食堂vol.01 展示販売の作家さんの紹介③

6/20 日々の花々食堂vol.01 では、日々の花々も出展させていただきます。

「野菜果物のお花をモチーフにしたアクセサリーシリーズ」
a0210178_17521346.jpg

(写真は、たまねぎの花のネックレス)

みかんの皮を使用した「みかんへの祈り」
私の大好きな国産のみかん。これから輸入の果物たちに負けないか心配。みかん農家さん、頑張ってと祈る。みかんの皮を干し粉にした「みかんへの祈り」は、瓶のフタをあけるとみかんの香り成分によりリラックスできます。あなたが辛い時苦しい時哀しい時、ちょっとしたリフレッシュにお守りにお持ちください。また、カーゼなどに包んでバスタイムにも利用できます。
a0210178_1853314.jpg



紅茶染めのバック
「かたちを変えて消えていく」
紅茶の茶殻で染めたバック。川に流れる石は川の流れにより、形を変えもしかすると消えてしまうのかもしれない。私たちも年を重ね変わっていきいつかこの世をさる。バックのほつれた糸は、あなたの日常とともにかわっていきます。おでかけに、お部屋のインテリアに、お手紙やDM入れにご利用ください。
a0210178_17543054.jpg


日々の花々は、ひとの心にひとつお花が咲きますようにと活動を始めました。私が畑に行った時にみて感動した野菜果物の花たち。香り成分が含まれるみかんの皮。捨ててしまうのはもったいないな、紅茶の茶殻で染めたバック、など私の日常からうまれた作品です。

a0210178_1871914.jpg

[わたしが楽しむことでゴミがでること|私が楽しい時に哀しむ人がいること」
私が趣味でフィルムのカメラで写真を撮るとフィルムケースというゴミがでます。私が楽しい時に、知らないところで悲しんでいる人がいます。銀河鉄道の夜のジョバンニのいう「でも本当のさいわいって何だろう」この言葉からもインスパイアを受け、フィルムケースにお星さまでキラキラさせて花瓶や保存ケースにしました。

hoshi7さんがいらっしゃるので、テーブルにこの小さな花瓶でお花を飾ろうかと思います。

日々の花々食堂~太陽と月と星の物語~
今回、日々の花々はおひさまの光をたくさん浴びたものを使用しているので太陽の物語に。


6/20日々の花々食堂vol.01のご予約は6/18日迄です。
19~20時混雑が予想されます。確実にhoshi7さんによる占いをご希望の方は、その旨もご予約の際にお書きください。。お席の状況を下記のURLにてお知らせしたいと思います。それでは。どうぞよろしくお願いいたします。
http://shimahana.exblog.jp/17810672

                  日々の花々 日々野志麻
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-16 18:27 | news

6/20 日々の花々食堂vol.01 展示販売の作家さんのご紹介②

6/20 日々の花々食堂vol.01 では、日々の花々セレクトの作家さんの作品の展示販売を行います。わたくし、日々野が出逢い、心魅かれ購入した作家さんの作品になります。

【展示販売の作家さんのご紹介②】
hosi7 「 ホ シ ナ ナ 」さん
セラピスト 占星術家 星雑貨作家


今回、日々の花々食堂vol.01~太陽と月と星の物語~にguestとしてお迎えしたhoshi7さん。当日は星占い・タロットカード占いを19時~15分1500円でしてくださいます。占いだけでなく、星雑貨作家としても活動しており、hoshi7さんの作品の展示販売も行います。

hoshi7さんよりメッセージをいただきました。

セラピーのような占いとその人をつつむ空気を変えるしあわせな未来へとつづく気持ちとまとう空気を大切に考えています。日常にきらりとおまじない効果を乗せて空気がふわりとするようなアクセサリーをつくっています。


*星のリング達とイヤホンジャック
a0210178_20183611.jpg

きらきらしたものは、光をあつめます。
あなたにきらめきの空気を添えて。

スマホケータイのイヤホンジャックは
スマホピアスとも呼ばれていて
ピンキーリングみたいに
しあわせが漏れだしてしまうのと防ぐと言われています。




*ちいさな鉱石屋さんを開きます。
a0210178_20184778.jpg

水晶、フローライト、アメジスト、ローズクォーツ、セレスタイトなどなど、、、、きらめく天然石達。そのふしぎな輝きと空気を感じて。あなたのおまもりを選びにきて下さい。

*19時からは星占い付きの絵も並びます。ぜひ、眺めにきてくださいね。
a0210178_20185761.jpg


私は以前、乙女なリングを購入しました。女子力がないので(もう女子ではないけど)そういうキラキラしたものに心魅かれました。あと、hoshi7さんの占いは、私自身も驚きましたが、友人が占ってもらっているのを隣で聴いていた時の方が衝撃的でした。前向きな気持ちにそして浄化してくれる、お星さまたちの煌めきがいっぱいのキラキラした占いです。


日々の花々食堂~太陽と月と星の物語~

夜空に煌めく星々を眺めていると、静寂さと清らかさを取り戻し安心する時があります。hoshi7さんの占いも作品そんな優しさにあふれています。

6/20日々の花々食堂vol.01のご予約は6/18日迄です。
19~20時混雑が予想されます。確実にhoshi7さんによる占いをご希望の方は、その旨もご予約の際にお書きください。。お席の状況を下記のURLにてお知らせしたいと思います。それでは。どうぞよろしくお願いいたします。
http://shimahana.exblog.jp/17810672
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-13 20:39 | news

6/20 日々の花々食堂vol.01 展示販売の作家さんのご紹介①

6/20 日々の花々食堂vol.01 では、日々の花々セレクトの作家さんの作品の展示販売を行います。わたくし、日々野が出逢い、心魅かれ購入した作家さんの作品になります。

【展示販売の作家さんのご紹介①】
移動雑貨店 Mihoko Kunoさん
a0210178_21515893.jpg


移動雑貨店 Miho Kunoさんは、メダイユ教会のメダルを使用したアクセサリーを出展。メダイユ教会のメダル、みなさんはご存じでしょうか?

パリ、バック通りにたたずむ奇跡のメダイユ教会【Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse】のメダイユ(メダル)をもらった人には、幸運が訪れるといわれています。なぜなら、贈った人がその人の幸福を願い続けるから。なぜなら、贈った人がその人の幸福を願い続けるから。1830年、若き修道女カタリナ・ラブレの前に、3度にわたり聖母マリアが出現、「私のこの姿をモデルにしてメダルを作りなさい」と告げました。その頃パリではコレラの流行があり、人々を不安に陥れていました。メダイユをつくり修道女たちが人々に配ったところ、たくさんの人が救われたというエピソードも伝えられています。その後も病の不思議な治癒例が続き、フラフランスで、今でも「ルルドの聖水」と並んで尊ばれているのが、この奇跡のメダイユです。人を想う、ひとりひとりの優しい気持ちが幸運をひきよせますように。マリア像のまわりに彫られていることば/「無原罪の宿りのマリアよ、御身に頼るわれらのため に祈りたまえ」


ご自身の作品とパリの高橋育代さんの直輸入した作品を出展していただきます。
a0210178_2382166.jpg

a0210178_2385889.jpg

(kunoさんのブレスレッドとネックレスの作品)
a0210178_21594595.jpg

(パリの高橋育代さんの直輸入した指輪の作品)

私は以前、ネックレスを購入しました。この人の幸せを願いたい誰か、ご家族・ご友人・恋人、自分が大切な幸せになってもらいたい方へのプレゼントにいかがでしょうか?お誕生日プレゼントにも素敵ですね。

日々の花々食堂~太陽と月と星の物語~
夜空を見上げて月光を浴びた時、とても安らかな気持ちになります。 Mihoko Kunoさんのメダイユ教会のメダルを使用したアクセサリーは月の光の優しさを感じるような作品です。

6/20日々の花々食堂vol.01のご予約は6/18日迄です。
19~20時混雑が予想されます。確実にhoshi7さんによる占いをご希望の方は、その旨もご予約の際にお書きください。。お席の状況を下記のURLにてお知らせしたいと思います。それでは。どうぞよろしくお願いいたします。
http://shimahana.exblog.jp/17810672

                  日々の花々 日々野志麻
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-12 22:20 | news

紫陽花の寒天ゼリー作り

紫キャベツの成分アントシアニンを利用して、紫陽花の寒天ゼリーを作りました。精進料理の知恵をお借りして。細かく切りすぎると食べずらいし、と試作しています。20日の日々の花々食堂で、お披露目予定です。太陽と月と星の物語だけど、6月は紫陽花なので、季節のおもてなし。

a0210178_1723442.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-12 17:18 | 日々の花々の創作キッチン

松田正平展 | 神奈川県立近代美術館

久しぶりに美術館で、ゆっくり絵画鑑賞。松田正平展陽だまりの色とかたち。

雨の16時。静かに贅沢な時間を過ごした。

もう一度みたいくらい素敵だったので、蓮の花が綺麗な頃観に行きたい。併設のカフェを利用できなかったので、また、今度。
a0210178_18182581.jpg



生誕100年
松田正平展
陽だまりの色とかたち
2013年9月1日まで
神奈川県立近代美術館


万歩計アプリは18862歩。よく歩きました。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-11 21:25 | 美術館・ギャラリー