「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【野菜ソムリエお仕事ご報告】スープレシピ監修

パナソニックさんからの新商品『体に優しい美容家電』ライスブレッドクッカーGOPANとファイバーミキサーが登場。このたび、こちらのファイバ―ミキサーを使用してお楽しみいただける「GOPANと一緒にスープ」のスープレシピを監修いたしました。いつものことながら彩りとスーパーで手に入る品種でおしゃれにお作りいただけるレシピを考えました。レシピブックには5つのレシピが掲載されています。

a0210178_22505214.jpg

a0210178_22504552.jpg



こちらのサイトにてレシピがご覧いただけます。

生活習慣病の原因のひとつでもある野菜果物摂取量が不足。どうしたら?たくさん摂取できるのだろう?ちょっとした工夫で野菜果物の食生活を楽しむことができます。ビタミン・ミネラル・食物繊維・緑黄色野菜に含まれるカルシウム。ファイトケミカルが注目され、お医者さんもCTスキャン付でがん細胞が消えたレシピ本を監修されています。私達の体に大切な役割を果たすものです。

野菜果物の摂取が簡単にアップできるファイバーミキサー、お米の消費量が減っていることも米農家さんにとって深刻な問題ですがパンがお好きな方は、お米でパンが作れてしまうライスブレッドクッカーGOPANを是非ご利用いただきたいです。

a0210178_22514727.jpg

電車内で見かた広告。気になる方はお休みの日に家電売り場で要チェックですよ。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-27 22:55 | アクティブ野菜ソムリエ

日々の花々 EXHIBITION~ちいさな世界~わたしのきおくをあなたと共有する

日々の花々 EXHIBITION
~ちいさな世界~
わたしのきおくをあなたと共有する

a0210178_256517.jpg


記憶は薄れていく、もしくは、美化してしまう。今日道に咲いていた美しい花のことを私は来週も憶えているだろうか?自信がない。

私が日々感じていることを、忘れないように雑貨と言葉にしました。ちいさなおへやにちいさなものたちが並んでいます。今回の展示は気づかなければ3分、気づけば1時間、とみる人によって滞在時間の異なる展示となっております。気づいた方はお時間気にせず、ゆるりとご鑑賞ください。


2013/0303(sun)~03/24(sun)

会場|time spot| cafe + studio
    http://time.spot.biz/
東京都世田谷区弦巻2-30-201F

【電車】東急田園都市線桜新町駅から徒歩15分

【バス】JR渋谷駅西口ターミナル20番乗り場から東急バス『渋谷05』で『向天神橋』停留所下車(20分)徒歩0分

時間|11:00~20:00

*会期中のカフェ&ギャラリーオープンは金・土・日と時々月・火(水・木はおやすみ。月・火はオープンしているかご確認の上ご来場お願いいたします。)

*在廊日に作品「わたしの記憶の保存」
  作品「わたしが楽しむことでゴミがでること|わたしが楽しい時に哀しんでいる人がいるということ」
を、ご一緒にお作りいただけます。(材料費+お茶代込1500円の予定)

作品「ハーブ日和」のハーブブレンドティーレシピはカフェメニューとしてご利用いただけます。(850円の予定)

会期中3/3・10・17・24の日曜日
「あなたとオリジナルハーブティーレシピをお作ります+日々の花々お茶菓子付」を開催予定(あなたのオリジナルハーブティー+日々の花々お茶菓+ティーパック1包で1500円の予定)

*展示作品は一部の作品を除き販売いたします。

在廊予定日時は随時こちらにアップしていきます。



日々の花々の活動も12年。モデルや女優の活動から写真と出逢い、自身が体を壊したことにより、食事療法などの薬を使用しない代替医療に目覚め学び野菜ソムリエやハーブコーディネーターを取得、エコピープルとしての活動など、誰かと出逢い様々な経験をさせていただきました。今回の展示は、私が12年の長くて短い年月のなかで感じたことを作品にいたしました。お時間ございましたら、お誘いあわせのうえ遊びにいらしてください。どうぞ宜しくお願いします。
  
雑貨作家|ハーブコーディネーター|野菜ソムリエ 日々野志麻

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-27 19:00 | アトリエライフ

作品撮り:わたしのきおくをイフジマコトと共有する3

a0210178_0513742.jpg



a0210178_0541062.jpg



【写真:イフジマコト モデル・言葉:日々野志麻 海岸にて】

夏の海は、はしゃいだのに
冬の海は、なんだかせつなくなります。

そろそろ帰る時間です。
楽しい国にはお別れの時間がつきものです。

あと写真も数枚しか撮れません。
カメラのレンズのもっと奥にある
イフジさんの眼のもっと奥にあるものを
わたしはみようとおもいました。

さようならの時間がきたので
わたしたちは楽しい国をあとにしたのでした。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-25 00:54 | モデル・女優・朗読

作品撮り:わたしのきおくをイフジマコトと共有する2

a0210178_0381785.jpg


【写真:イフジマコト モデル・言葉:日々野志麻 観覧車にて】

観覧車。
とおいむかしの野イチゴのかおり。
仰向けになると空にどんどん近づいてくよ。
あなたはどこを眺めますか?
わたしは空が一番で時々遠くと下を眺めます。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-25 00:41 | モデル・女優・朗読

作品撮り:わたしのきおくをイフジマコトと共有する1

a0210178_19202723.jpg


【写真:イフジマコト モデル・言葉:日々野志麻 水族館にて】

2013/02/10

ここにいるのと、汚れた海にいるの、どっちがいい?

きいてみる。

いるかを食べると、みんな哀れむのに
あなたを食べても、みんな当たり前な顔。
美味しくないと捨てる人までいる。

ここにいると、みんながきれい、って、うっとりしているね。
ひろいひろい海の方がいいのかな?やっぱり。

羊水の成分は太古の海と同じ成分と一緒ときいたよ。
弱肉強食って言葉が、好きじゃない、わたし。
わたしは、弱いから、逃げて逃げてでも、生きようと思うよ。

みんな、あなたと同じ海の記憶を持っているのかもしれない。

 (わたしとあなたの記憶を共有する2013/02/10の記憶より)
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-23 19:32 | モデル・女優・朗読

日々の花々より簡単バレンタインレシピ

2月14日は、バレンタインデー。

私も少し早めにバレンタインチョコをお渡したり、日々の花々WS番外編でお茶菓子としてお出ししました。。作ったレシピをこちらにアップします。最近は、色んな手作りチョコキットが販売されているので、手作りも気軽にできるようになりましたね。私のレシピは、さつまいもを使用しとても簡単なのですが紫芋のなかでも甘い「パープルスイートロード」を使用した品種を楽しむレシピです。

a0210178_0403612.jpg


さつまいものトリュフ
【材料】(10個分)
さつまいも(パープルスイートロード):180g
ココア・粉砂糖:各適量

【作り方】
①さつまいもは皮つきのまま蒸かす。
②熱いうちに②の皮をむきつぶし、10個分に丸める。
③②にココアを転がしながらまぶし粉砂糖をふりかける。

【メモ】
パープルスイートロードは2004年11月に農研機構により登録された紫芋の品種です。アントシアニンを含む紫色が特徴の紫芋の中では甘みがあるのでお菓子作りにおすすめです。
a0210178_0412488.jpg


召し上がってくださった方の感想で、夜のワインにあいそう、というお言葉をいただきました。お砂糖を使用していないココアを使用したこともあり少し大人な味。甘みが欲しい方は、シュガー入りのココアを使用したり粉砂糖の量を調整してみてください。

a0210178_0415246.jpg

(プレゼントしたものは、粉砂糖なしバージョン)

みなさまにとって、素敵なバレンタインデーになりますように☆
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-14 00:46 | 日々の花々の創作キッチン

RECTO VERSO GALLERY【フォトグラファーの視点・光と瞬vol.9 気鋭の写真表現者たち】

2年近く作品撮りをしている写真家イフジマコトさんの写真展へ。

イフジマコトさんの作品『rhytm』
5枚の組写真の1枚に私の被写体写真が飾られています。静かに心地良い風の音や匂い皮膚で感じる温度が伝わってくる作品でした。

RECTO VERSO GALLERY【フォトグラファーの視点・光と瞬vol.9 気鋭の写真表現者たち】16日(土)まで開催中です。展示作品は販売されていますので気になる作品がございましたら、ぜひ☆

お時間ございましたら、どうぞお立ち寄りください。同ビルにある森岡書店のギャラリーでも素敵な展示が開催されていましたよ。

Art photograph group show
フォトグラファーの視点[光と瞬_vol.9]
〜気鋭の写真表現者たち〜     

2013.2.12(tue)→2013.2.16(sat)  

13:00〜19:00 火_金 
13:00〜16:30 土        
close 日・月・祝


RECTO VERSO GALLERYは、作品とゆっくり対峠することを目的とし歓談も厳禁のギャラリー。こういう、ギャラリーって貴重で良いと思います。白い空間で作品の前で静かに何かを感じる。それは、とても贅沢な時間。

a0210178_0151136.jpg

【写真:イフジマコト モデル:日々野志麻】

イフジさんは、2年ほど前に宣材写真をお願いしたことをきっかけに定期的に作品撮りをしています。先日も作品撮りをしてきました。今回は、今までの作風と違う作品になった気がします。イフジさんからお写真を1枚いただいたのでこちらにアップします。いろんなパターンで撮影したので、また公開したいと思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-14 00:26 | モデル・女優・朗読

2/9(土)28番目の月夜 日々の花々WS~月とハーブと野菜果物と~のお知らせ

日々の花々ワークショップ〜月とハーブと野菜果物と〜

月の満ち欠けを感じながらオリジナルのハーブティーを作り、日々の花々お菓子に使用した野菜もしくは果物のミニレクチャー付のワークショップです。

2月9日(土)28番目の月夜のテーマは『バレンタイン前に内側から輝きを☆』ハイビスカスやローズなどお花系のハーブとベジフルバレンタインレシピを楽しみませんか?

日時:2013年2月9日(土)14時~16時

参加費:3000円|ハーブティー+日々の花々お菓子 +ティーパック1包付
マイカップ割引2800円|200cc程のカップをご持参ください)

ワークショップ内容
①2/9(土)新月用にセレクトした5種類のハーブの説明と試飲

②ワークシートに記入しながら、ご自身の今の心と体を感じ5種類のハーブの中から3種類でブレンド。

③日々の花々お菓子に使用した食材(野菜もしくは果物)の簡単なレクチャー。

④ご自身のブレンドしたハーブティーと日々の花々お菓子のティータイム

持ち物:筆記用具

定員:10名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

講師:日々野志麻 |ハーブコーディネーター|野菜ソムリエ|雑貨作家|  

HP日々の花々
http://greens.st.wakwak.ne.jp/904950/index.html

お申し込み方法
1:件名は『1/12 1新月の月夜WSの希望』   
2:本文に、お名前(フルネーム)・参加人数・メールアドレスをご明記の上、HPにございますメールフォームにお送りください。


日々の花々ワークショップ会場
time spot cafe+studio http://timespot.biz
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻2-30-20 1F
【電車】
東急田園都市線・桜新町駅から徒歩15分

a0210178_115056.jpg


秘密基地がコンセプトのtime spot cafe+studio。小さいこどもにもどるようなそんなワクワクがいっぱいのカフェ。みなさんも秘密基地でワクワクしてみませんか?
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-09 11:11 | 日々の花々ワークショップ

2013/02/02の即興演劇出演の記憶と記録

韓成南さんの個展"ART is Phantom Limb Pain"「アートとは幻肢痛である」のクロージング&アートパフォーマンスとして行われる【‘‘P2 Fluid :Bar Drama‘‘「P2液:バー演劇」】をおえて。

体調と体力を考えて演技の世界は離れ。だから、オーディションにも行かないし、私にとって誰かの作品に時間を費やすことよりも個展をすることや、野菜果物ハーブの勉強をすることが大切な日々。今回やってみたいなと思ったのが映像作家である韓成南さんは、映像作品だけでなくアート作品を制作されグローバルに活動されている方なので、ご一緒したいと思ったのです。

いわゆる人がイメージする演劇、舞台があり観客席があり見えない線ができている、ではない即興演劇の世界。役者は2名とダンサーひとり。脚本台詞はなし、でも決まり事があり、その決まり事からつくる演劇。バー1階では演劇、2階ではスクリーンに映し出されまた別の作品となり、録画された演劇は映像作品となりまた違う形で作品となる。

出演が決まり本番まで1週間。巧い役者たちにでなきなくて、私にできることはなんだろう?って、考えていました。インプロなので、その日、その時、その時間でしかみれない、でも、残像として観た人が残るもの。本番は演劇の観客席と舞台があるではなく起承転結もない、バーのお客さんも肩スレスレにいる即興演劇。稽古して固めていくのではなく、その場でうまれるアートパフォーマンス。

a0210178_201314.jpg



私はBというひとりの人。液体のように流れスイッチングして4人の人になる。でも、多重人格者ではなくあくまでひとりの人という役を演じ同じくAも何人もの人が現れます。とにかく脳を使いました。最初にAに対して逃げるという態度をしめしたならば、どの人になっても逃げるという共通の行為をとった方が多重人格者には見えないのだろうか?など、相手の動きと言葉を聞き取り瞬時に考えて心と体を動かすので、翌日は無気力でぼんやりした1日は過ごしていました。

今回面白かったのは、舞台と観客席が分かれていないからこそ、そこでしか生まれない動きや感情。助けてくださいと、バーにいるお客さんにすがりついた時、お客さんはただいきなり演者がきてどうしていいのかわからないと思うのだけど、演じる私には誰も助けてくれないのだという追いつめれたら恐怖感が湧く、という。役者対役者では生まれない何かがそこにはあり。

また、目に見えない存在役Dのダンサーの方が私を抱きしめた時、かなしみの爆発的な感情がでて、それはここで泣いてもいいんだよという優しさや安堵感、こういういのは稽古で作られていく作品ではない生々しい感情であったり、相手が拒否をすることに対し私は哀しいという感情が湧くのだと思っていた。その通り、哀しい感情もわいたけど、それだけでなく、拒否されたことに対して怒り、諦め、拒絶、恐怖、不安、設定した役によって抱く感情は違うことを感じました。

韓さんが、演ずる人が生きてきたものが作品になっている、といってくださったのだけど。私が日常で感じる人間の不条理だったり、そういうものたちはかなり役の人たちの心の叫び的なものとしていれたと思います。が、技量が足りなくてわかるかわからない程度だったかもしれません。

宮沢賢治の銀河鉄道の夜をふつうに読む女。「なにがしあわせなのかわからないです。ほんとうにどんなつらいことでもそれがただしいみちを進む中でのできごとなら峠の上りも下りもみんなはほんとうの幸福に近づく一あしずつですから」この言葉をとても使いたかったのです。

みてくださった方々、、思ったやりたいと思ったことをやらせていただいた韓さん、作品をつくる上で一緒に語らってくれた役者の堀井さん、ダンサーのゆみさん、バーグリセットのママさん、ありがとうございました。

私は、今まで演出家がいう、こういうときこういうきもちでしょう?そういうひとってこういう態度でという言葉いまいちピーンときませんでした。こういう、そういう、ってなんだろう?韓さんが役作りで話してくださったことは、その役の人の気持ちをわかってあげて、その役の心と体を大切に向き合う、ということだったと思います。その人の痛みや哀しみをわかってあげること。作品を作るなかで今までで一番の中でしっくりと心に残る会話をしました。

今後、どなたかと演技の活動をするのかはわかりません。ひとり芝居向いてそう、という言葉をいただいた時に、あぁ、自分が軸になって作るのであれば体力的にもできるのかな?とか朗読アートパフォーマンスなんていうのもできるのかもな?と頭の片隅にやりたいことリストが増えました。

長々となりましたが、韓成南さんご本人と作品とさらにそこで出会った方々を通して自分の中で何かが変わったのは確かです。ありがとうございました。ベルリンでの展示も決まっているそうで、これからの作品も楽しみですし皆さんにも知っていただきたいアーティストの方です。

韓 成南(HAN Sung Nam)さんサイト
http://www.jonart.net/index.html
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-02-04 19:50 | モデル・女優・朗読