「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【出演情報】‘‘P2 Fluid :Bar Drama‘‘「P2液:バー演劇」

久しぶりの出演情報です。

韓成南さんの個展"ART is Phantom Limb Pain"「アートとは幻肢痛である」の最終日2/2の21:00〜 にクロージング&アートパフォーマンスとして行われる【‘‘P2 Fluid :Bar Drama‘‘「P2液:バー演劇」】に出演します。韓成南さんによる女優2名とダンサー1名で創りだされる即興演劇の世界をぜひお楽しみください。わたくし日々野志麻はⒷという役を演じます。Ⓑってなんでしょう?

タイトル‘‘P2 Fluid :Bar Drama‘‘「P2液:バー演劇」
日時:2013年2月2日 21:00 ジャスト ◎Fee : 1,000yen / 1Drink
場所:新宿ゴールデン街バーグリセット 1Fバーカウンター&2Fスクリーン字幕
原案・監督:韓成南
出演:立石裕美Ⓓ 日々野志麻Ⓑ 堀井あやかⒶ



韓成南さんは、ソウル国際実験映画フェスティバル、ソウル国際ニューメディアフェスティバルにてメディア・アーティスト賞、ローザンヌ・アンダーグラウンド・フィルム&ミュージック・フェスティバル、デトモルド国際フィルムフェスティバル等国内外で上映・受賞多数されているアーティストの韓成南さん。記号論(言語・色・音・映像)を踏襲し、映像作品やアート作品を制作、人間/性愛/宗教といったコードに対して暴発的なエフェクトで彩った作品を国内外で発表している作家さんです。そのグローバルな活動と彼女の世界

稽古が始まる前に彼女の展示作品を拝見しましたが、シンプルなのにひとつの作品に思考や情報が濃厚で面白くて、あぁ、作品をご一緒できて嬉しいと今回の出演を喜んでいます。


2013年2月2日 21:00からの上演時間は30分。その日、その時間、その場所でしかみることのできないアートパフォーマンスになります。ぜひぜひ、みなさん遊びにいらしてください。

a0210178_20525344.jpg

a0210178_20494611.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-27 20:57 | モデル・女優・朗読

日々の花々 キラキラ満月定食

2013年最初の満月。満ちた月とあわせて、私は何を仕上げることができたのかな?心で満ちたものはなんだろう?とふり返ります。

満ちていく月は女性がキラキラと輝くとき。月光浴をしてムーンパワーを感じて心身のメンテナンス。満ちて穏やかな気持ちに。だから、雨が降らないで晴れてほしいと思うのです。そんな満月の日々の花々定食。

日々の花々キラキラ満月定食
a0210178_107247.jpg


☆小豆玄米粥
☆トマト(和歌山県アイちゃん)とわかめのお味噌汁
☆かぼちゃと押し麦の煮もの
☆にんじん菜の天ぷら
☆にんじんの麺風炒め(塩・クミン・白ごま)

a0210178_1082994.jpg



満月は良いものも悪いものも吸収しやすい時。ならば、良いものを吸収したいので、ビタミンミネラル豊富な食材をセレクト。トマト・にんじん・かぼちゃ・にんじん菜と緑黄色野菜を使用。

ピーラーで皮をむくようにして麺風にしたものを油で炒めてカロテンの吸収をアップ。味付けは塩・クミン・白ごまをあせたもの。にんじんの葉っぱは捨てずに使えますが、最近はにんじんの若葉を『にんじん菜』として販売されています。ビタミンA・ビタミンC・カルシウムも豊富。和歌山県産アイちゃんというトマトは、生食だとおやつ感覚で食べられるフルーティーさがあり加熱するときゅっとしまった旨味成分グルタミン酸を感じます。寒い時は生のものは体冷やすので食べませんがお味噌とトマトの組み合わせは好きで和食でお味噌汁に使うのも美味しいです。

内側からキラキラするような彩の良い野菜たち。特に満月の日は月の光を浴びた実や葉を食べると良いのです。そのことを考えると、やっぱり自給自足に憧れます。

ここ1年くらい月暦にあわせて心身のリズムを整え食事もあわせていたら、満月リズムで月経がくるようになり、自分自身が女性でありながら女性の体は神秘的だなと思うのでした。

今宵は月光浴に玄米甘酒でプチ断食。ささやかな楽しみ。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-27 18:48 | 日々の花々の創作キッチン

日々の花々定食

久しぶりの『日々の花々定食』

『日々の花々定食』
☆ごま塩玄米ごはん
☆大根とわかめのお味噌汁
☆春菊とほうれん草の白和え
☆さつまいもと人参の米粉クリーム和え
☆ちりめんキャベツともやしとお麩の味噌浸し

a0210178_2030789.jpg



ちりめんキャベツは、別名サボイキャベツ。表面がちりめんみたいなしわがあるため日本ではちりめんキャベツと名付けられました。しっかりした歯ごたえがあり甘みがあるのが特徴。この葉のちりめん模様と歯ごたえを楽しむために少し大きめに切りました。
a0210178_20284594.jpg


米粉クリームは、水と米粉を火にかけ白味噌と白ごまを加えて火にかけクリーム状にしたもの。蒸したさつまいもと人参にあわせました。

野草の上に雪が積もっているのが綺麗で、青菜の白和えが食べたくなり。春菊の香りが春の訪れを感じるのでした。

ごはんとお味噌汁の食文化を今年も大切にしたいです。

平成23年度の食糧自給率は39パーセント。食生活の変化により米の消費量が落ちています。日本ならではのお米を食べる習慣を楽しまない人が増えていることが、最近少し悲しい。お米を一粒一粒残さず大切にべなさいと母にいわれた幼き私。そういう気持ちでごはんを食べること『いただきます。』の言葉の意味。最近の人はどれだけ知っているのかな?なんて思ったりします。私は炊き立てのあたたかいお茶碗に盛ったごはんやおにぎりが好きです。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-18 12:15 | 日々の花々の創作キッチン

観音様のいる温泉『百観音温泉』

冷えは万病のもと。悪性腫瘍が大好物なのが冷え。

大学病院の検査で『この薬を飲むと一生飲み続けなくてはいけません。どうされますか?』の医師の問いに私は『飲みません。』と答えた6年半前。代替医療といわれるものを色々試し時間はかかったけど薬にはお世話にならず。私は自分の体の自然治癒力を信じたかったのです。時間はかかったけど、それでよかったと思っている。その後、色んな本を読み『冷え』の怖さを知り、夏から冷えとりを始め半身浴と靴下4枚履き。昨年よりも冬が暖かく感じるのは、自分が温かくなっていると思います。

さて、もっと冷えをとりたいと思っていたら、観音様のいる百観音温泉を教えていただく。観音様がいる温泉!それだけで行きたくなり、自分の住んでいる町からそんなに遠くない。これは毎週行ける距離と喜ぶ。

駅を降り方向音痴の私は、通りすがりのおばさまに声をかける。『同じ方向だから』と温泉前までご一緒してくださる。おばさまは地元の方で一度も行ったことはないそうだが、私が『アトピーの疾患を持つ人も治療のために入ったりするんですよ『と話すと『私のまわりでアトピーで苦しんでいる人がいたら、おすすめするわ。楽しんできてくださいね。』と笑顔で見送ってくださった。

a0210178_17483915.jpg

温泉入口にある八百屋さん。

a0210178_17485844.jpg

おだんごやさん。みたらし団子美味しかった。ずんだが食べたかったのだけど売りきれでした。おうちの人へのお土産にしたおやきももちもちしていて美味!

a0210178_17472367.jpg

観音様にお参りしていると、主の方なのか?『せっかく来たのだから、あがっていきなさい。』と観音堂に入り、観音様のご説明までしてくださる。『屋根から落ちてくる雪に気をつけなさいよ』と、いった途端屋根から雪が落ちてきて一緒に笑ったり。

温泉はいうことなしで、阿弥陀の湯(寝湯)が本当に気持ちよくて寝ながら、ずっと水色の空に浮かぶ白い5番目の月を眺めていました。月が満ちていく頃、月光浴しながら露天風呂とか気持ちだろうなと。

この温泉は、身体に何か抱えていたりして温泉に入りたいけど入れない方のために個室風呂もある。観音様のいる温泉は暖かいおもてなしをしてくださる。

行きにお話ししたおばさまが『この温泉ね。ここに温泉があるって信じて何年も何年も掘り続けて湧いたのよ。』 と教えてくれたのを思い出す。本当かどうかはわからないけど、信じる力ってすごいなと、湯上りにあんみつを食べながらほっこりしつつ、私も信じることを続けて良かったとしみじみとした気分になった。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-17 19:50 | お寺・神社・エネルギー調整

1/12 (土)新月の月夜 日々の花々WS〜月とハーブと野菜果物~のこと

2013年1月12日
今年最初の新月の日。

カフェ油揚げさんで日々の花々WSを開催しました。油揚げさんのカフェの雰囲気から、新しいはじまりのために向けて爽やかに元気がでるハーブ・解毒浄化のあるハーブ・1月ということもあり風邪予防に良いハーブを5つ選びました。

a0210178_957095.jpg

a0210178_9594228.jpg


エルダーフラワー・マリーゴールド・ジャーマンカモマイル・ユーカリ・レモンピール

ひとつひとつのハーブを感じていただく。テイスティングもそうですが、見た目・香り・ドライの状態から蒸らした時の変化。テイスティングの際、みなさんそれぞれ反応が異なるので、人それぞれ求めるものが違うのだと思います。マリーゴールドの香りをかいだ方が小さい頃に公園でこの香りをかいだことがあるとおっしゃったのですが、マリーゴールドはタンポポと同じキク科なので、小さい時の記憶のどこかにある香りなのかもしれないな、と私自身も参加された方の反応で何かを感じます。

今回の日々の花々お菓子は『南信州市田柿』を使用。この時期、店頭では親戚のおじさんの名前入りの市田柿が並ぶので毎年楽しみなのですが、カロリーの高くお砂糖や添加物ばかりで栄養にはならないお菓子よりも、低カロリーできちんと栄養も摂取できるものを体内に入れてほしいと私は、いつも思っています。

a0210178_9595813.jpg


精進料理では飲んだ後のお茶の葉を天ぷらにしたりします。お茶にも残った栄養分がありますし、このことでゴミがでないのであれば一石二鳥。この考えもハーブに使いたいと考え、市田柿とのんだ後のエルダーフラワーをあわせた『市田柿とエルダーフラワーの蒸し菓子』が今回の日々の花々お菓子レシピ。

エルダーフラワーは、ちょっと落ち込むような元気がない時にもおすすめで、血液の循環をよくすることで発汗し体内の毒素を排出する働きがあるといわれています。また、風邪予防にもおすすめなハーブ。干し柿は、その天然な甘さがとても魅力的で食物繊維が豊富で腸内のお掃除に役に立ってくれるので新月のデトックス食材として選んでいます。

新月のおねがいごとをみなさんとし、2013年最初の新月の日の気持ちを忘れないように、新鮮な空気を感じることができるように過ごしたいですね、という語らいなどをしてワークショップは終了しました。

野菜を食べるカフェ油揚げのオーナーゆりさんのブログでも、この日のことが綴られています。


ゆりさんとの出逢いは、私がふらりと谷中お散歩中にみつけた谷中カフェにはいったことがきっかけ。当時、ゆりさんは谷中でお店をしていました。その後、有機農園の相原農場の畑のお手伝いに連れて行ってもらったり、手作り市に参加させていただいたり。羽田に移転してから、少し疎遠になるものの、北千住の駅構内でばったり遭遇なんてこともあり、ゆるく繋がっていました。

有機農園にマイ田んぼ・福島の今のこと・原子力ゼロについて・お料理教室と本当にアクティブで素敵な笑顔の彼女が作るごはんを色んな方に食べていただきたいです。

そして、私は今年は相原農園のお手伝いに毎月行くことを目標に21日(月)に久しぶりの参加します。毎月、何週目かは未定ですが月曜日に参加できるので、興味がある方はお問い合わせしてみてください☆
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-17 09:56 | 日々の花々ワークショップ

『1/12 (土)新月の月夜 日々の花々ワークショップ〜月とハーブと野菜果物と〜』のお知らせ

1月も日々の花々ワークショップ〜月とハーブと野菜果物と〜を開催いたします。ご興味ございましたら、ぜひご参加ください。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

**************************
月の満ち欠けを感じながらオリジナルのハーブティーを作り、日々の花々お菓子に使用した野菜もしくは果物のミニレクチャー付のワークショップです。

a0210178_2053788.jpg

2013年最初の新月の1月12日(土)の日にご自身の新しいはじまりを感じてみませんか?
2013年最初の新月の夜。新月はデトックスと解毒と浄化の時期。新しいはじまりを感じるさわやかなハーブや風邪やインフルエンザ対策におすすめなハーブをご用意します。

日時:2013年1月12日(土)16時~18時

参加費:3000円|ハーブティー+日々の花々お菓子 +ティーパック1包付
(マイカップ割引2800円|200cc程のカップをご持参ください)

ワークショップ内容
①1/12新月用にセレクトした5種類のハーブの説明と試飲

②ワークシートに記入しながら、ご自身の今の心と体を感じ5種類のハーブの中から3種類でブレンド。

③日々の花々お菓子に使用した食材(野菜もしくは果物)の簡単なレクチャー。

④ご自身のブレンドしたハーブティーと日々の花々お菓子のティータイム

持ち物:筆記用具

定員:6名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

講師:日々野志麻 |ハーブコーディネーター|野菜ソムリエ|雑貨作家|  

HP日々の花々
http://greens.st.wakwak.ne.jp/904950/index.html

お申し込み方法
1:件名は『1/12 1新月の月夜WSの希望』   
2:本文に、お名前(フルネーム)・参加人数・メールアドレスをご明記の上、HPにございますメールフォームにお送りください。追ってご連絡させていただきます。


日々の花々ワークショップ会場
野菜を食べるカフェ油揚げ
http://aburaage.web.fc2.com/

玄米菜食カフェのなかでも自信を持っておすすめするとても美味しいお料理のお店です。ランチもぜひお楽しみください。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-12 20:55 | 日々の花々ワークショップ

美味しい食事と植物と世の中のこと@カフェ油揚げ

カフェ油揚げへ、ゆりさんに会いに行く。お昼ごはんと食後のデザートまでいただく。
a0210178_15461799.jpg

a0210178_1550464.jpg

玄米菜食のお店で私が一番美味しいと思う。野菜の切り方や盛り付け方も愛嬌がある。無農薬、動物性の不使用の食材、ひとつひとつのこだわった食材。そして、たくさんの植物たちが気持ち良さそうに暮らしている。

a0210178_15513343.jpg

窓の外を眺めると白い猫が遊びにきた。ここの軒先で生まれたのら猫で近所の人たちが、ごはんをあげてここまで大きくなったそうだ。生まれた場所でひなたぼっこしたり気持ち良さそうにしていた。

私が帰る準備をしていると、血管年齢40代の70歳のおじいちゃまが遊びにくる。おみやげのお菓子とお茶をご一緒する。箱根を18キロ歩いた話しにも驚いたけど色々な話す。ホームレスが生きられるのは東京だけだよ、という話しになる。地方は資材や炊き出しなどはなく。ゆりさんのお知り合いの方も都内でおにぎりと手作りのパンを焼き配り1人1人に声をかけているそうで。一週間後に行くとなくなっている方もいる。半分は知的障害の方や統合失調症の方など。私の知らない世界を知る。お金のある人はなぜ働かないのか?なぜ与えるのか?と表の部分で考える人たちもいる。色んな事情経緯色んなことを考えて生きる命のために食べ物を無償で配布する人がいる。のら猫には可哀想にとごはんをあげるのに人間に与えると怒る人がいる。価値観と価値観がぶつかりあい日本は表沙汰になっていない格差社会が存在している。

健康のこと、世の中のこと、農業のこと深い話から人生のオフタイムについて。長く生きている人の話は面白い。想い人になかなかお誘いできないお話は少年みたいで失礼ながら可愛いと思ってしまった。

美味しい食事に、植物たち、遊びにきた白い猫、常連さんのおじいちゃま。ゆるやかに深く濃い時間を過ごした。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-10 15:44 | カフェ時間

お友達のカフェVendange三軒茶屋にオープン

お友達の鈴木陽子チャンが三軒茶屋にカフェVendangeをオープン!先日、お花とおたよりを持ってオープニングパーティーへお祝いに行きました。

a0210178_193084.jpg



陽子チャンは、以前経営していた下北沢で野菜が食べられるカフェコルコをクローズさせてから、切磋琢磨と自分の夢の実現に向けて頑張っていました。おひさまみたいなひまわりみたいな素敵な笑顔の陽子チャン。向かい風も追い風にかえてしまうエネルギーいっぱいの彼女。

ベビーフェイスで愛らしい彼女ですが、スタッフの上に立つ店主としての良い緊張感と貫禄があり素敵だな、と思いました。

a0210178_110095.jpg


しまちゃんは、ずっと応援しあえていて本当に大切なお友達。私は陽子チャンからいただいたこの言葉に、私が私でできることをコツコツと頑張ろうと背筋がシャンとしました。忙しそうでなかなか昔のようにお茶したりする時間もなくなってしまったけど。どんな時でも私が困った時にメールでも丁寧に話を聞いてくれて励ましてくれて、そんな心が広くてあたたかい陽子チャンは店主になるべき人であの笑顔でお客さんもスタッフさんも素敵な時間を過ごせると思うのです。

陽子ちゃんVendangeオープンおめでとう。

三軒茶屋が近い方はぜひ、お立ち寄りください☆三軒茶屋駅から徒歩五分もかからないくらいの距離で246沿いにあります。
Vendange(ヴァンダンジュ)
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-9 1F 

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-10 01:24 | カフェ時間

15分のちいさな朝。冬の花みて想うこと。

朝。15分。清澄白河の街を歩く。排気ガスが苦手な私は路地に入る。

小さな四季がある。桜、紫陽花、ばらの花、葡萄を育ているおうち、柿の木、紅葉する木々、それを眺めて歩く。

この街にある私の好きなお寺にも小さな四季がある。今は冬にさく寒桜。春の桜よりも小さくて可憐。冬の空が似合う。

a0210178_1985317.jpg


ここのお寺の紫陽花は、とても綺麗で元気に舗道まで飛び出してさく。でも、心ない人もいるのだと少し残念な気持ちになる。
a0210178_19125742.jpg


a0210178_19152699.jpg

信号を渡る。立ち止まり眺める。蕾、咲き始めた花、咲き誇る花、散っていく花、朽ちた姿とアスファルトに落ちた花びら。私の生きている世界と同じね、とじっと見つめる。やっぱり違う。あなたたちは同じ根からまた来年も花ひらく。私は心臓が止まった時、心と肉体を失う。もう今の私は存在しない。また、今の私であることも、同じ父と母であることもない。本当に輪廻があるなら魂だけ変わらない。でも、違う心と肉体で、今こうして呼吸する私ではない。

私は軽やかな寂しさのなかにいた。そのあとに、こうして呼吸して今いる自分、家族、友人、お仕事先の人たち、私と関わる今一緒に呼吸している人たちが何だかとても愛おしく感じた。

私は、また来年、この道で同じ根から花開く生命たちを眺めているのだろうか?

朝の冷たい空気を頬に感じて足早に目的地へと向かった。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-09 19:03 | 日々徒然

千寿七福神めぐり

千寿七福神めぐりをしました。
a0210178_16311525.jpg


スタート時点で道に迷い人に訪ねること3人。。。みなさん、優しくて『いってらっしゃい』と笑顔つき。手袋落としたら『あなたのではないのー?』と声をかけてくれたり、この街のひとたちは暖かくてじんわりする。

二時間歩き続け無事にお参りを終えました。大黒天さまの千住氷川神社と恵比寿天さまの千住神社は、個人的に心と身体が軽やかになる空気を感じたので、また、ふらりと足を運んでみたいと思います。

学生時代を京都で過ごしたので、お寺や神社が好きなのかと思っていましたが、もっともっと自分の原点を辿ると幼稚園。徒歩三分という理由だけで仏教の幼稚園に通っていました。本堂でのおつとめ、お釈迦様と甘茶、御稚児さん、茶道の時間。季節の花が飾られていたり。5歳から6歳の小さな私が好きだったところ。そんなことを思いました。静かで背筋がしゃんとする清らかな空気の場所。これからは、もっと足運びたいと思います。

a0210178_16533333.jpg

芭蕉の旅立ちである街には銭湯がたくさんあって風情がありました。何だか心が、ほっこりする光景でした。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-07 16:25 | お寺・神社・エネルギー調整