ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

新月と満月の玄米小豆粥

【日々の花々の研究室】

前回、新月と満月のプチ断食について書きましたが、今回は先日の新月の日(7月19日)に玄米小豆粥を炊いて食べました。

a0210178_9394237.jpg


「月のリズムでダイエット」を参照に簡単に自分的メモとして感じたことなどもまとめてみました。

海と月は同調し、潮の満ち引きがあります。私たちは母親の羊水の中に小さな生命を宿ったわけですが、その羊水は太古の海水塩分とほぼ同じといわれているそうです。ゆえに女性の場合、体の中に小さな海があり月のリズムと呼応するものがあるという発想があるようです。

昔の女性は、1日と15日に毎月あずき粥を食べる風習があり、腎臓をいたわる目的で新月と満月に食べていました。小豆といえばイソホラボンという成分。女性ホルモンと似た働きがあり女性ホルモンのバランスの調整機能を持ち、婦人科系の病気やトラブル、腎臓病に良いといわれています。腎臓は、成長、発育、生殖などの働きを支配しているため、なるほど、子宮とも関わりがあるのかと納得した次第です。このご時世、病気の前の予防ですら薬をすすめているけれども、昔の人は食べ物が良いだけで今よりも病気がなかったのだから、昔の人に習いたいものは色々あります。

違う本では、女性の婦人科系の病気が増えたのは男性に負けたくないと競争の意識から女性の象徴である胸と子宮の病気が増えたとありましたが、脳下垂体の視床下部にあるホルモン分泌がストレスにより狂うならあり得る話かもしれないなと腑に落ちてしまいました。男性には男性のできること、女性には女性ができることがあるし、根本的に体も違うのだから、競争してもしかたないよね、とゆるく生きている私は思ってしまいますが。がんばりやさんの女性は、そうなってしまうのかもしれませんね。

海と月の満ち引き、浄化の新月と取り込む力の強い満月と月経の関わりより、新月と満月の日は、玄米小豆粥を楽しむ日と毎月送りたいと思います。次回の満月は、8月2日です。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-29 21:13 | 日々の花々研究室

ベランダの野菜たち

【日々の花々研究室】

研究室というほどでもなく、ほぼベランダで水をやるくらいのベランダ菜園自然農法。今年は、きゅうり、おくら、モロヘイヤ、青紫蘇がいます。既に、きゅうりは観賞用になりつつあるくらい育たず。もう少しお世話しないといけませんね。

青紫蘇はベランダからキッチンへとすぐ使えるのが嬉しいです。
さらに嬉しいのは、すぐに新しい葉がでてくることです。
a0210178_954424.jpg


モロヘイヤは今のところ順調。収穫したらレンズ豆とモロヘイヤカレーにする予定。
a0210178_965295.jpg


秋になったらハーブの種をまく予定。ハーブは繊細な品種が多いので、前回失敗してしまいました。スイートマジョラムとローズゼラニウムは5年目を突入する健康で花が咲くたびに小さな感動。種を採取する技を活かし切れておらず。

50種類ほどベランダに植物がいるのですが、最近はスペースがなくなってきて、お庭が欲しいなと思うことしばし。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-29 19:00 | 日々の花々研究室

朝のジュース(パッションフルーツ+パイナップル+りんごジュース)

久しぶりになってしまった朝のジュースのコーナー。

とにかく最近暑い。冷房の冷えに負けてしまいそうな夏ですが、今年はそんな環境にもおらず発汗作用がデトックスでいい感じかもしれないと思う今日この頃。

今回の朝のジュースの食材
パッションフルーツ+パイナップル+りんごジュース


a0210178_856454.jpg

あつーいと冷房冷え冷えのお部屋にいるよりも体のほてりを冷ます方が私は好きです。何より節電。

暑い夏にトロピカルな果物を、というわけで、沖縄県産のパッションフルーツ。今年を逃したらまた来年のお楽しみの果物なので、店頭でみかけたら迷わず購入。トロピカルな果物ですが、柑橘類系のすっぱさなので甘い果物が好きな方は、果皮がしわしわすぎるくらいなしわしわになるまで待ちましょう。(私は、すっぱいのが大好きです。)

パイナップルとりんごジュースをミキサーにかけた後、パッションフルーツのとろとろな果肉と種を最後に加えてマドラーでまぜます。パッションフルーツは種も食べられるのですがミキサーにかけてしまうと、色があまり綺麗になりません。飲みながら噛むつぶつぶ具合も美味しいものです。

a0210178_846652.jpg


奈良美智さんのコップは楽しい気分になります。夏は暑いが夏ならではの楽しみがあるので、楽しみたいです。今年は、かき氷機を購入してシロップをつくろうかと思案中。小さい時、我が家にあったかき氷機はドラえもんでした。ドラえもんの胴体が空洞で、そこから削った氷がでてくるけっこうシュールなかき氷機でした。今もあったら良かったなと思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-29 09:00 | 日々の花々の創作キッチン

記憶と記録| ifujimakoto-chan 撮影

2012/07/04

7月になり、夏がやってきたーといわんばかりの暑さの日。

ifujimakoto-chanに、お仕事用のある写真を撮影していただきました。とある公園のフェンスをお借りして、野外スタジオ的なものをせっせと作るifujimakoto-chan。

お仕事する後ろ姿。可愛すぎます。

太陽が眩しすぎるので、雲がきてかげると、シャッターチャンスきましたー的なかけ声を2人しながらパシャパシャ。やっぱり、彼女との撮影は楽しい。

そんな光景をカメラという箱の中におさめたくなる時間でした。



a0210178_103066.jpg
a0210178_10965.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-26 19:35

記憶と記録|谷根千お散歩+EMI-chan

2012/06/28

EMI-chanと1年ぶりに逢う。
彼女のお仕事は心理屋さん(カウンセラー)
もうかれこれ何年か前に出演したファッションショーで出逢いました。
ゆるりふわりとそれからも連絡を取り合って今日に至る仲。

一緒にお散歩した時にみたお花とEMI-chan

現像に出したフィルムから、大切なお友達の写真がある日は、いつもよりも何だか嬉しい。


a0210178_0485714.jpg


a0210178_0483383.jpg


a0210178_048192.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-26 19:30

記憶と記録|文月。月と海月みたいな。

2012/06/12

日が沈み蒼い夜をお散歩。

どのくらいの暗さまでどのくらいの距離までとれるのだろう?とお月様をパシャリ。
五線譜からとびでた音符のように感じたのだった。

a0210178_0574917.jpg


海月みたい、と思いパシャリ。
青く光る海月みたいなものは、噴水の排水溝なのでした。

a0210178_0582431.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-26 01:32

記憶と記録|文月。 ミルクホールとツィゴイネルワイゼン

2012/06/23

鎌倉に行った夜。
お気に入りのミルクホールにはいる。
鈴木清順監督のツィゴイネルワイゼンにも使われているカフェ―です。
看板がレトロで可愛い。
お店の前に咲いてい薔薇の花。


a0210178_0453737.jpg
a0210178_0443517.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-26 01:26

記憶と記録|文月。 紫陽花徒然2

2012年の紫陽花徒然2

2012年6月12日の鎌倉

紫陽花の数と人の数、どっちが多い?というほどの鎌倉。
友人と私は、路地に入ったり、自分たちの居心地の良い居場所を見つけてカメラお散歩。

エリック・ロメール監督の『海辺のポーリーヌ』を思い出すピンク色の大きめな紫陽花に出逢えました。

人の多いところは苦手だけど、紫陽花をみるために鎌倉にやってきて老若男女が、楽しそうにしているのをみると何だかあたたかい気持ちになったのでした。

人が映り込むためひきの写真が撮れなかったのは残念です。


a0210178_049386.jpg


a0210178_0491667.jpg


a0210178_0492844.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-19 00:58

記憶と記録|文月。 朝ディモンシュ

2012年6月12日

友人と紫陽花をみに鎌倉へ。

鎌倉の小町にあるお気に入りのカフェカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュにて朝ディモンシュする。朝ディモンシュは、プレーンワッフルとドリンクの500円のモーニングセット。

ディモンシュは、可愛いだけでなく、こだわりのある珈琲がとても美味しいのです。アイスコーヒーを頼むと、氷で味が薄くならないように珈琲豆の形をした珈琲氷が入っています。エスプレッソもとても美味しい。

昔、開催されていたボサノヴァ講座など行った覚えがあります。

思い出もあるカフェだけど、これからも新しく出逢った人とも鎌倉をご一緒すれば行くカフェなのだろうなぁ、とこの看板のいい意味での古びた感じが好きです。おじいちゃんとおばあちゃん、いい顔していますね。

a0210178_030554.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-19 00:46

月経を意識した食生活4<排卵時期>

【日々の花々研究室】

排卵時期は、エネルギーが必要な時。
根菜・くず・自然薯・高麗人参などを摂取すると良いそうです。


自然薯・白しめじ・みょうがをフライパンで炒め、醤油と米酢をあわせたものを全体にまわしかけ炒め合わせたもの。
a0210178_22471497.jpg


蒸した人参に、グレープシードオイルとオレガノをあわせてものを少しかけたもの。オレガノはギリシャ語で『喜びの山』というそうで、エネルギーは必要な時に喜びもプラスしたいところと思いプラスしてみました。
a0210178_18131413.jpg



月のリズムと月経のリズム
上弦の月→満月→下弦の月→新月
生理1週間前→生理→生理後~1週間→排卵期

断食道場に行った友人が、断食後から満月にぴったり月経が来るようになったといっていましたが、それを理想に楽しみたいところです。

不妊症や月経不順も昔はあまりなかったと考えると、現在の食生活で増えた動物性食品、加工食品、食品添加物、精白された白砂糖を含む食品などなど、食べ物と私達の関係は切っても切れないものなのだなと思います。

そんなわけで4夜連続でお届けした『月を意識した食生活』シリーズを終えたいと思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-07-12 19:30 | 日々の花々の創作キッチン