「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お菓子マジック

2012/03/19

時々、お菓子を作りたくなります。
ただ、自分自身が食べきれないのが悩むところです。

写真は、2週間近く遅れてあげた約束の義理手作りバレンタイン。
2週間ほど体調を壊したため床で過ごしていました。
随分遅れてしまったのですが約束を果たしたので、ほっとしました。

a0210178_22223961.jpg


『バナナと豆腐のしっとりココアケーキ』と『かぼちゃのおからクッキー』
どちらも卵、乳製品、白砂糖は使用していないマクロビスイーツ。
自分自身が甘いものが苦手なためお菓子作りの難となる甘みなのですが、メープルシロップを多めに使用しました。ココアケーキだけで茶色なのもなんなのでクッキーは色味プラスな感じで。

男女多くの人に食べていただきましたが、だいたい食べたことのない食感だったりするので、珍しそうに食べている方が多い印象を受けました。

さて、海老で鯛を釣ってしまったかのごとくホワイトデーは紅茶をいただきました☆
この紅茶でもお菓子を作ってみたいと思います。

豆乳ホイップのイチゴのケーキが今は、とても作りたいです。

デリ的なお料理も作ると喜んでもらえますが、手作りのお菓子ってみんなが無邪気な表情をしてくる気がします。これを私は『お菓子マジック』と呼ぶことにします。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-20 18:00 | 日々の花々の創作キッチン

澁谷征司写真展「LETTERS:瞬きと旋律」

2012/03/12

箱根の旅を決めたのは日本で一番好きな写真家さん澁谷征司さんの「 LETTERS:瞬きと旋律」が箱根彫刻の森美術館で開催されていたからです。

澁谷さんのまなざし好きです。。共存と共有。
澁谷さんは、心で被写体と会話している。
自然や物。私たちが気づかない小さな世界に対して。
素晴らしい作品で最初に鑑賞し、帰り際にも鑑賞。
写真集Danceのスライドショーは鳥肌がたちました。

澁谷さんがコンセプトのところで書いているあいさつ文。
何度も読み返してしまうほど。
この気持ちが作品にあるからこそ私は好きなんだろうなと思います。

a0210178_23222812.jpg


自然の中にある美術館。東京ではあまりしない深呼吸を思わずしてしまいました。
あと、本当に最高!!!と心の中で叫んだり(笑)

こうして、私の箱根の旅は終わったのでした。
初めて乗ったロマンスカーもとても快適。

自然と美術館の旅を楽しむために東京の暮らしもゆるりと頑張ろうと思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-19 18:02 | 美術館・ギャラリー

箱根の宿

2012/03/11-12

箱根は美術館がたくさんあるのですが、あれこれまわるのではなくひとるをじっくり巡ることにしました。1日目も早めのホテルにチェックイン。リリーズナブルな宿を予約したのですが、広くて森に出られるお庭もあって温泉付。17時くらいからベットに横になりぼんやり外の景色を眺めていました。
a0210178_2372310.jpg


夜は自分の作品のアイディアだしをしてみたり。
a0210178_237412.jpg


翌朝は、まず起きて朝の光を浴びるためお庭にでました。
a0210178_2383531.jpg



朝食がお野菜メインのものばかりで私には嬉しい限りでした。
a0210178_2375834.jpg


私は東京で生まれましたが、東京の雑踏や満員電車、無駄に多い建物、色々疲れてしまいます。一番、私が求めるものは環境音すらしない静寂と気づき箱根に足を運んでみました。その願いあってか予想外に良いホテルに泊まることができてうれしかったです。1週間くらい自然のある場所にでかけて、作品を制作したり地元の野菜でお料理したりしながらシンプルに暮らすことができたらと少し考えています。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-19 18:00 | 日々徒然

星の王子様ミュージアム

2012/03/11

1泊2日の箱根の旅をしてきました。

1日目は、のんびり星の王子様ミュージアムで過ごしました。

『心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは目に見えないんだよ。』キツネの言葉。大人になり薔薇の花の気持ちも分かるようになりました。

サン=テグジュベリの飛行機を攻撃したのはテグジュベリの本を読んでパイロットを夢みたドイツ人。それ以来飛行機には乗ることはなかったとか。『星の王子さま』は大人になればなるほど、作者の魂を感じる作品です。

a0210178_22542378.jpg


More
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-18 22:54 | 美術館・ギャラリー

ジャン=ミサイル オトニエル

2012/03/08

原美術館でジャン=ミサイル オトニエル:マイウェイ展鑑賞。
繊細なガラスの作品の大胆さと迫力に感動する。

a0210178_22461668.jpg


カフェでのんびりしてから、もうひとまわりみる。
一番好きな青色と苦手な赤色のポストカードを買う。
赤は苦手だけどロスコの赤は好き。眺めていると落ち着くから。

それにしても原美術館は都内で一番好きな美術館かもしれません。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-18 22:47 | 美術館・ギャラリー

3月の野菜果物料理/Bonita message

2012/03/08

BONITA message ハッピーベジフルライフにて3月野菜果物料理『蕾菜の白和え』『明日葉とさつまいもの赤味噌マスタード和え』『甘平のところてんのゼリー』のレシピを公開中です。

a0210178_22203376.jpg


春のお野菜たちの色に心軽やか。特に淡いグリーンは優しい気持ちになります。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-08 22:23 | アクティブ野菜ソムリエ

髪をきる

2012/03/08

髪をけっこうばっさりと切りました。
一番長い時は骨盤まであったので、それを考えると
最近では一番短いです。

自分の写真を載せるのは苦手ですが早稲田松竹劇場のロビーにて。

短い方がいいねーと、何人かの人にいわれたので
しばらくこの長さを楽しもうかなと思います。

a0210178_2213113.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-08 22:14 | 日々徒然

銀河の花火

2012/3/08

なにかが思うように思いうかばなかったり
時間がなかったり、体調不良だったり、放置していた作品。
先日、すごいイマジネーションがおりて、完成。
タイトルは『銀河の花火』

a0210178_2272573.jpg


何かを制作しているとき
何か勉強しているとき
そういうひとりの時間は大切だと気づく。

次は白い世界を作る予定。
1か月にひとつは作品をつくりたい。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-08 22:09 | アトリエライフ

出演作品上映のお知らせ

2012/03/03

随分、久しぶりの更新となりました。
更新していないにも関わらず足を運んでくれた皆様ありがとうございます。

2月は、早稲田大学川口芸術学校の学生さんの撮影に出演させていただき、あっという間に2月が過ぎ去りました。

こちらの作品が上映されますので、お知らせいたします。

JOKER展 | 早稲田大学川口芸術学校 卒業・修了作品展
3月6日(火)12:45~14:40の部
早稲田松竹劇場。無料。


佐藤麗美監督『あやごじら』25分
母が死に残された姉妹
妹の彩は自分が幼い時に出て行ったきりの父親にまた会いたかった。


*私は、姉の翔子役で出演しています。
早稲田松竹劇場は私もよく行く名画座でお気に入りの映画館です。
平日のお昼の上映になりますが、お時間ございましたら遊びにいらしてください。会場にてお待ちいたしております。

a0210178_23244521.jpg

写真は、監督の佐藤麗美チャンとの記念写真。

自分メモを掲載しようかと思います。

2月5日自分メモより
撮影で喪服を着る。気持ちの重さを感じる。
人は、いつかこの世から逝ってしまう。
自分がいつかの日か空に逝く時は後悔の念ではなく、ありがとうといいたい。そんなことを思いました。

2月13日自分メモより
あまり家にいないのでベランダから見えるスカイツリーのピコピコ特別ライトアップがあったことを本日知る。撮影が終わってかくっとリセットを求める眠さに襲われる。子役からおじいちゃんまで色んな年齢の方々が登場する作品のロケは、実際におばあちゃんの住む一軒家だった。かぎっ子一人っ子マンションっ子だった私は、あの昭和のおうちがすっかり居心地が良くなり、今自分の部屋に居心地悪さを感じている。そして、血のつながっている人たちのことを自分はあまり知らないんだなぁと思った。血はとても濃いのに近くにいすぎて実は遠い人たち。父と母が日々何を思い暮らしているのか?私は、知らない。私も自分のことは話さない。多分、結婚します、と相手を家に突然連れてきて我が家に大事件!というくらい淡々している。まぁ、そういうこともないのだけれども。自分が過ごす24時間という1日。家族や恋人や友達が各々の24時間という時間を過ごしている。知らない、見えない、わからない時間。一緒にいる共有時間比べ心の共有時間というのは本当に限られたものなのかもしれないな。だからこそ、時間は大切にと思うのかもしれない。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-03-03 23:32 | モデル・女優・朗読