「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

永遠の幸せを誓う日

親友のゆみちゃんの結婚式。

a0210178_1323892.jpg


More
[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-19 01:47 | 日々徒然

十五夜の日のこと

9月12にちは十五夜の満月でした。
この日はお月見団子を作り、あたたかいお茶を水筒に入れ
外で1時間くらい、お団子をほほばりながら満月を眺めていました。

上新粉でお団子を作り
紅あずまを蒸かし、こしあんとまぜあわせお団子にまぶします。

本当は白あんで黄色くしたかったのですが
材料を事前に調達できなかったのでおはぎみたいな
お月見団子になってしまいました。

来月の満月は黄色いお団子作りをリベンジしたい。

a0210178_1261326.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-19 01:31 | 日々の花々の創作キッチン

幸せな日常

気づけば誰にも会っていない月とかもある私ですが。
9月は奇跡じゃないか?というくらい友人と会っている。

この日は、あんりょこちゃんにやっと会えた。4ヶ月ぶり。
彼女がいってみたかった三軒茶屋のカフェまめひこに行き
その後は、彼女のおうちでごはんを食べたりベッドでごろごろしたり時々寝落ちたり。
夜はホテルクラスカのフリーマーケットに彼女のおうちのお二階さんのご家族と
ご一緒させていただいた。

a0210178_110256.jpg

あんりょこちゃんがタマモ〜と話しかける
おなかの赤ちゃんは10月にうまれる。
タマモ〜とおなかをなでてみたらびくっと動いたのが手の振動に伝わった。

あんりょこちゃんとタマモには美味しいものを食べて欲しいと思い
葡萄を購入。ロザリオビアンコとナガノパープルをお土産にした。

a0210178_1143917.jpg


本屋さんで絵本を選ぶ彼女、絵本をベッドで声に出して読んでいる彼女を
とても愛おしく思った。タマモに志麻ちゃんだよーと挨拶したけど
覚えているといいなぁ。


今までは、あんりょこちゃんと私で遊ぶだったけど
この日はあんりょこちゃんとタマモと私の3人で遊んだ素敵な1日だった。
[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-19 01:18 | 日々徒然

枝豆ごはん

9月8日は母の誕生日でした。
夜ごはんを母に作る。

栽培技術の向上や産地リレーで通年野菜は出回っていますが
季節とともにお別れを感じてしまう野菜果物もあります。

枝豆も時期的に最盛期を過ぎるので
この日は枝豆ごはんを作りました。

母は玄米食べれないので、父の友人が作った白米と
固めにゆでた枝豆、お塩と昆布とお水を圧力鍋にいれて
あっというまにできた枝豆ごはん。
お米ももちもちしていて美味しくできました。

a0210178_2034176.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-19 00:34 | 日々の花々の創作キッチン

きのこと蒟蒻のカレー

久しぶりにカレーを作る。

玉葱・まいたけ・ぶなしめじ・じゃがいもに蒟蒻をあわせたカレー。
きのこ類は食物繊維やビタミンB群が多く含まれ
まいたけは免疫力のアップに効果があるといわれる
βーグルカンも豊富に含まれるため
夏の暑さで消耗している体には免疫力を高めるものをプラスしたいものです。

玉葱をきったときに涙の原因となる硫化アリルは
ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるのできのことの相性もよし。

アレルギー体質で動物性にものが食せないので
お肉の変わりに何かいつのプラスするのですが今回は蒟蒻。
噛みごたえもありお腹も満腹になります。

カレーの定番野菜のじゃがいもは別茹でして最後に加えました。
その方が見た目が綺麗に思えたから。
バジルを散らしてできあがりの野菜と蒟蒻のカレーです。

a0210178_20184890.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:31 | 日々の花々の創作キッチン

夏のおわりと秋のはじまりの日3

ビルや住宅が密に並ぶ東京では見れない風景。
江の島から海や空を眺めていると無限大の何かを感じる。
果てしなく空は続き果てしなく空は続く。
目にうつる月は、いつもよりも近くに感じた。

a0210178_208183.jpg


夜は由比ケ浜で花火をした。
東京では想像しない風の強さで
ライターもマッチもキャンドルの灯火も吹き消されてしまう。
他に花火をしている人たちは地元の人たちなのか?
そんな風の中でも悠々と花火を楽しんでいた。
諦めていたら、ようやく花火に火を灯すことができた。
火を灯すのに1時間近くかかったが15分くらいで
あっというまに花火は終わった。
上手に写真も撮れなかったけど、線香花火が一番綺麗だった。

この日は光るもの。綺麗なものをたくさん見た。

暑さは残るけど、夏はきっと逝ってしまった。
[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:16 | 日々徒然

夏のおわりと秋のはじまりの日2

江ノ島をお散歩する。
東京でみなれない景色は新鮮で
暑さを感じながらも随分歩いてしまう。
江ノ島にあるカフェでひとやすみする。
今年最後のかき氷。江の島サイダー。
おしゃべりをしていると
窓の外の光がゆっくりと変わっていく。
強い透明な光、少しオレンジががった光
日が暮れるのが近づくと光はだんだん柔らかくなっていく。
a0210178_2023158.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:07 | 日々徒然

夏おわりと秋のはじまりの日1

夏のおわりと秋のはじまりの日々。
この日は、夏が帰ってきた。
江の電に乗って海をみた。
太陽も海も砂浜もきらきら眩しかった。
a0210178_19583843.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-10 20:00 | 日々徒然

くちなしの丘

夏は突然どこかに逝ってしまった気がする。
暑さは残るものの午後の3時の光はオレンジ色が強くなってきた。

夏の終わりは、桜散る春よりも物憂げな気持ちになる。
突然、夏にあったことは何もなかったかのようなそんな気持ちになる。
蝉の声も入道雲も遠くで聞いた花火の音も。。。

原田知世さんの『くちなしの丘』ばかり最近聴いている。
透明感のある歌声にせつなくなる。

そして、肌寒い秋がやってきたら北欧風のお洋服で
おでかけしたいなぁなんて思ったりしている。
おいしいリンゴを鞄に忍ばせて。

空はどんどん高くなる。冬の蒼い空は透明だ。
その頃には夏の日々のことを忘れてしまっているのかもしれない。


[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-08 20:18 | 日々徒然

心身のメンテナンス

5月に体を壊してしまったため
夏は療養でベットの上でゴロゴロしていると思っていたが
本人が一番びっくりの忙しさで気力で乗り切った。
ゆえに少しゆっくりしたい。

たいがい半日だけ仕事にでかけた日は
美術館に行ったりお気に入りのカフェでぼけっとしている。
心身のメンテナンス。

この日は身の周りのものをメンテナンス。
5年くらい前に購入したzuccaの時計はズタスタボロボロ。
スーツの下につけているので見えないとはいえみっともない。
それでも気にいっていて時計の新調を考えているとベルト交換できることを知る。
時計やさんで10分で新品同様に。堂々と腕時計として今はつけています、笑。
そんなに高くない時計だけど愛着があるので、これからも使い続けます。
長財布も壊れたので修理に持って行ったら、ファスナーの都合で
直せないとのこと。少し寂しい。

a0210178_19444885.jpg


a0210178_19441776.jpg

お気に入りのカフェイリヤプラスにて。
パンケーキとスープのセット。
モロヘイヤとじゃがいもの豆乳ポタージュは美味しかった。

体力をつけるために、なにかをと思うことがストレスと気づいたので
最近はのんびりウォーキングしたり、眠い時は眠っている。
でも、ヨガとスイミングは通いたいな。
ジョギングはさっぱり続かないのだけど、泳ぐのはわりかし好き。
ただ見えない湿疹があるためプールに行けないのが悩みなのである。
[PR]
by hibinohanabananew | 2011-09-08 20:17 | 日々徒然