「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:日々の花々の創作キッチン( 195 )

秋田県生まれのお姫さま『秋姫』

1963年に秋田県湯沢市で小嶋昭一郎氏の自園で発見されたスモモ。『秋姫』と名付けられたのは、1991年品種登録された年です。偶発実生のスモモだからでしょうか?
1989年に『サープライズ』という品種名だったとのこと。改名された『秋姫』という名の方が、ときめき指数が高いですね。

a0210178_21070369.jpg


スモモですが、小玉の林檎くらいの大きさです。黄色の皮が赤から赤紫に染まっていき芸術的な美しさ。

果肉は緻密でしっかりとした食感。酸味はマイルドで糖度は高めです。すっぱいフルーツ好きの方は、皮付きでお召し上がりになられると満足感が増します。

秋田県で生まれたのですが、主産地は山形県が全国の生産量トップで75%を占めています。

ジュースにしようかとも考えましたが、生食の醍醐味でしたね。

女子力高いプラム『秋姫』
見かけたら、是非、ご賞味くださいませ。


[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-19 20:46 | 日々の花々の創作キッチン

瀬戸内の味♡広島県産『ニューベリーA』

【瀬戸内の味♡広島県産ニューベリーA】

a0210178_22385947.jpg


一粒一粒がおみごとな大きさに張りとツヤの『ニューベリーA』

1941年(昭和15年)日本のワインの父と呼ばれる川上善兵衛氏が育成し、名前をつけ、発表した葡萄が『ベリーA』。新潟県で生まれ「ベリー(ベーリー)」×「マスカット・ハンブルグ」のかけあわせになります。

さて、ベリーAにニューがついた写真の葡萄。そのニューは新を意味しますが
何が違うと思いますか?

『ニューベリーA』は、種無し葡萄に改良されたものです。なかなか完璧に種無しにするのが難しいようで、小さな小さな種も残ることもあるようです。生産者の皆様のご苦労が伝わります。



a0210178_22390080.jpg

カットしてみると、中心部分がマスカットを感じますね。甘みたっぷりで食べ応えもあり。

葡萄といえは、上から山梨、長野、山形が主産地で。瀬戸内の温暖な気候広島県で栽培された『ニューベリーA』。出会えたことに感謝。

a0210178_22390069.jpg

葡萄の入っていた袋の裏側にはメッセージが。お気持ち受け取り美味しくいただきました。ありがとうございました♡

葡萄も季節もので一期一会なので、みなさんも気になる品種は是非、お試しください★
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-15 22:06 | 日々の花々の創作キッチン

9月13日【日々の花々新月定食より】

a0210178_18062433.jpg

【9月13日の日々の花々定食】
9月13日が新月だったので、根っこの野菜やデトックスな食材で。拝毒の時期なので、油物は控えて胃腸を休める定食です。


a0210178_18062473.jpg


★小豆粥
★野菜汁
(大根、人参、玉ねぎ、エリンギ、大葉)
a0210178_18062567.jpg


★鳴門金時の胡麻和え
★コンニャクステーキ
★大根とわかめの甘酢サラダ



[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-14 17:55 | 日々の花々の創作キッチン

とうやのコロッケ(日々の花々定食より)

a0210178_11584106.jpg


黄爵と書いて『とうや』と読むじゃがいも。黄色くビタミンCが他のじゃがいもに比べて多く滑らかな食感。

a0210178_11584118.jpg

とうやを茹でて切ったもの。

滑らかなので、クリーミーなコロッケ作れそうと試作。すりおろした人参と炒めたみんじん切りの玉ねぎ、茹でてマッシュにしたとうやでポテトサラダのごとく、マゼマゼしてあわせます。豆乳マヨネーズとブラックペッパーであじつけ。形を作って水で溶いた米粉とぱん粉つけて揚げます。

ちょっと、焦がしてしまいましたが、苦笑。味は美味しくできました。
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-09 11:50 | 日々の花々の創作キッチン

えのきのしょうが汁(日々の花々定食より)

a0210178_11484424.jpg



【日々の花々定食】
玄米ごはん
えのきのしょうが汁
かぶのサラダ
ひじきの炒め物煮
黄爵(とうや)のコロッケ

今頃ですが定食って、揚げ物ついてるし、くし切りのトマトがちょこんといるよね、、、というところからの閃き★


【えのきのしょうが汁】

a0210178_11484493.jpg

えのきの甘みとポカポカしょうが。
デトックス汁です。


[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-09 11:39 | 日々の花々の創作キッチン

日々の花々定食より『野菜とロースト厚揚げ』

a0210178_13253624.jpg


【野菜とロースト厚揚げ】

油抜きした厚揚げをフライパンで両面焦げ目がつくまで焼きます。野菜(にんじん、ピーマン、ぶなしめじ)を岩塩で炒め、ロースト厚揚げとあわせます。

食べる直前に西京みそ、甜菜糖、お醤油、米酢で作ったタレをかけて、出来上がり。

a0210178_13253610.jpg


【日々の花々定食】
★小豆玄米ごはん
★さつまいもとねぎのお味噌汁
★野菜とロースト厚揚げ

ぱっぱと作って、心とおなかも満足です。
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-06 09:08 | 日々の花々の創作キッチン

日々の花々定食より『小豆玄米ごはんとさつまいもとねぎのお味噌汁』

a0210178_13092849.jpg


【小豆玄米ごはんとさつまいもとねぎのお味噌汁】
また暑さが戻ってきましたが、少しずつ秋の食べ物を身体に入れています。

圧力鍋で炊いた小豆玄米ごはん。モチモチナチュラルな甘みでかめばかむほど美味しいです。

お味噌汁は、昆布だし、西京みそ、酒粕、ほんの少しのお醤油で仕立て。紅はるか(さつまいも)とねぎを具材にしました。身体が温まります。

a0210178_13092858.jpg


【日々の花々定食】
★小豆玄米ごはん
★さつまいもとねぎのお味噌汁
★野菜とロースト厚揚げ


[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-05 20:20 | 日々の花々の創作キッチン

今季の葡萄はピオーネから〜♪

a0210178_21475814.jpg


秋の味覚のはじまりは葡萄『ピオーネ』からはじまりました。

巨峰とカノンホールマスカットを交配されて生まれたピオーネ。昭和48年に種苗名称登録されました。

ピオーネ♡
可愛らしい名前です。

皮ごと食べることができ果肉もしっかりした種なし葡萄。皮と実の間の食感が何とも美味。葡萄の甘みが深いですね。

青果売り場では巨峰と並んでメジャー入りしてきました。昭和48年から頑張ってきたのです。生産者の皆様が!有難うございます。



[PR]
by hibinohanabananew | 2015-09-02 21:35 | 日々の花々の創作キッチン

満月の甘酒プチ断食

a0210178_23300422.jpg

満月の夜は甘酒プチ断食。今日は、生姜を煮込んでシナモンをかけてみる。冷え対策。

先日、アインソフで久々のアルコールと少々お腹につめすぎ、翌日は食欲減。胃もお疲れなので休ませてあげたい。

満月の月光浴ができない夜ですが、何が私の中で一旦満ちて完了したか考えてみようと思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-08-30 00:30 | 日々の花々の創作キッチン

酒粕の野菜汁

急に秋が来たかのように冷え込み、身体温まるものが食べたくなります。鍋に汁物、ちょっと濃厚なもの、酒粕を加えた野菜汁を作りました。

【酒粕の野菜汁】
a0210178_19592188.jpg

使用した食材と調味料
→昆布だし、しょうが、人参、ゴボウ、玉ねぎ、カボチャ、揚げ、こんにゃく。酒粕かす、西京みそ、塩、醤油

ポカポカします。

身体が冷えると心も冷える。
心が冷えると身体も冷える。
そんな心身の法則はある気がします。

温かい食事は心身温まり、ほっとしますね。


[PR]
by hibinohanabananew | 2015-08-26 21:00 | 日々の花々の創作キッチン