ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:日々徒然( 152 )

春の嵐、を感じながら

a0210178_21115739.jpg

a0210178_2112043.jpg

a0210178_2112156.jpg


春は新しい気持ちになるけど、春の移り変わりは早いもので少し空白な気持ちが生まれることもある。

散りゆく桜を眺めまだ眺めていたいなと思う自分の自己欲求よりも、今年一緒に眺めた人たちとまた来年も眺めたいという気持ちや、また新たに一緒に眺める誰かに思いを馳せて、またね、という。


またね、があることを最近はなぜか深く噛み締める。

人生の中の春は、何を意味するものか?
そんなにたくさんなくても良いものだけど、大切にしたいものであろう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-07 20:55 | 日々徒然

2014年の生誕祭

4月4日7時8分
また、ひとつ年を重ねました。

20代→30代より
30代→40代に向かうスピードの速さ。

色々な生き方があるなと思いつつ。

何よりも療養していた頃より、体調が年々良く色んな人に出会い学ぶ日々。家族や大切な人たちに祝福される喜びと有り難さをしみじみと感じています。

自分に与えらた仕事はジャンルを問わず真摯に努め前向きに取り組みつつ、自分が発信したいことは発信し、また与えられたその環境に甘んじることなく感謝して過ごすこと。

a0210178_18432157.jpg

お昼過ぎは、親友の陽子ちゃんが下北沢のモワカフェでお祝いしてくれました。最強前向きな語りあいをし、良い一年間になりそうです。

a0210178_18432214.jpg

母からは毎年お花をプレゼントしてくれます。大切に育てたいです。

a0210178_18432373.jpg

昨年は、京都で宮川ひろみさんと過ごしていました。その思い出写真をカードに。目を瞑ると思い出す京都の桜の美くしさと空気の清らかさ。

いつも覚えてくれてメッセージやプレゼントをありがとう。

1年前の私と今の私は随分違う環境にいて。年をとることに抵抗が数年前まであったけど、それみもなくなり、ありのままを受け止めて笑いじわのチャーミングなおばあちゃんになりたいな、と思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-04 18:18 | 日々徒然

お散歩お花見

六義園へお散歩お花見。

a0210178_18435020.jpg

a0210178_18435166.jpg

a0210178_18435260.jpg

a0210178_1843538.jpg


桜みたり、甘味処でおやすみしたり、植物観察したり、お散歩おしゃべり。

夜はライトアップがあるそうで、それもまたみてみたい。桜でなくても、行きたいお気に入りの場所となりました。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-03-31 18:33 | 日々徒然

さくらはいつだって、、、

a0210178_20543578.jpg


少しずつあたたかくなって、ちいさな変化が積み重なって。気づけば、桜が咲いている。

今年も色んな人とお花見したいなと思いつつ、いつも歩く歩道にある桜も丁寧に眺めたいなと思ったりもしています。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-03-27 20:50 | 日々徒然

歌うyoga

毎週水曜日の楽しみになっている寺ヨガ。歌うヨガという面白い教室でした。
最初は様子をうかがいながらですが、不思議にどんどん声が出てくるので面白いし、その後のヨガの呼吸がいつもよりも深い。

a0210178_22213190.jpg


バタバタと出展があったり、新しい仕事の環境だったりで呼吸浅くなり気味。

ここ1年個人の活動が増えれば増えるほど名刺のメールアドレスに送られてくる飽きれてしまうメール。Twitterやフェイスブックに慣れてしまっているのか?ほぼはじめましてというのに名刺の連絡先にきちんと〜様 、挨拶文、用件、名前、が書けない人たち。身元も不明。最近はまたか、と思うけど。

親しき中にも礼儀あり、どころか、親しくないのに礼儀なし。

私は、その辺はとても厳しい人なので。

という、ストレスもヨガの戦士のポーズで解消。自分も疲労がたまってくると隙が出来るので、シャッキリしていないといけませんね。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-03-26 21:58 | 日々徒然

バビロン

春眠暁をおぼえず。

寒い冬体温が逃げないために収縮した血管し、あたたかくなると血管が熱を逃がすために広がるそう。
寒いときゅっ。あたたかいとゆるーん。三寒四温を繰り返したら、それはそれは自律神経さんついてくの大変です。体温が一定に保つためにがんばってお仕事しています。ゆえに、眠いというわけですか。

そうと知ると、「春眠暁をおぼえず」は、ちょっと違うかな。

ゆるゆるうとうとしたくなる音楽を春に聴きたくなるのは、心と体の声かも?と長年自分をしていて気づく2014年の弥生。

ハンバードハンバードのバビロンがヘビロテ。
人間の生から死のあいだでくりかえす、どこかでくりかえされている、ことがシンプルに歌詞につまっています。だから、ちょっとせつなくなります。「イチドモアエズボクハハイニナル」


[PR]
by hibinohanabananew | 2014-03-15 21:39 | 日々徒然

如月のあれこれ

東京の日々野の如月。2月は、とてもとても早く過ぎた。草花日和が、もうすでに遠くに感じる。雪をみた。今も小さな雪の塊を日のあたらないところで時々みる。

a0210178_2125325.jpg



苦手なもういやだと思うことも、結果はどうであれ、やるしかない!と向き合うとクリアできた時は自信になるんだな、と如月の最後の日に思える出来事があった。時々そういうものに出逢わないと駄目になるな自分と身が引き締まる。逃げるが勝ちは最後の切り札で逃げてばかりの人は信頼を失うんじゃないかな?

「ありがとう」と「どういたしまして」の関係を築けないことは哀しいことだと思うけれども、信頼できる関係は「親しき仲にも礼儀あり」といった友人の言葉を思い出す。人の本質的な部分を見抜く瞬間に時々出逢う。昨年からそんなことばかり。だからこそ、本物の関係が分かるのだ。

あくまでこれはわたしのものさしの感覚のおはなし。そういうことを思ったり考えたり。

草花日和に来てくれた前職場の同期が日々の花々食堂で草花日和定食を食べてくれた。楽しそうに作品や私まで写真を撮ってくれて嬉しかった。少し摩り減っていたけど、お祝いごとのように嬉しそうにしてくれる姿に頑張る力がみなぎった。ありがとう。美味しいもの作って食べて、たくさんの人に笑顔でお届けしよう。これが今年の目標のひとつだから。
a0210178_21235565.jpg



明日から東京での日々野の弥生の暮らしがはじまる。ポストカードコレクションからお礼状を書いたり、図書館でたくさん本を借りてきて読んだり、充電しよう。

さようなら。ありがとう。2014年の如月。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-28 21:15 | 日々徒然

美しさとの表裏一体

今宵もまっしろなせかい。
満月前夜のハッピーバレンタイン。
ちょっとロマンティク。

しろいせかいを眺める。
傘にはシャラシャラと音をたててひとひらの雪たちが舞い降りる。車のヘッドライトの光にその雪たちがライトアップされている。まっしろな誰も踏み入っていないせかいに立ち入るのは、わたしにはできない。

a0210178_2263655.jpg



自然界のきれいなせかいを眺めるていると、きれいとこわいは表裏一体。
白のせかいは、私の醜い黒いものを心の奥の奥からひっぱりだす。

太宰治の女性徒の空の美しさを眺める「わたし」と同じように
私も雪のせかいをみて思う。
「ウツクシクイキタイトオモイマス。」

明日から三日間15日、16日、17日。
展示「草花日和」と「日々の花々食堂」が
time spot studio+cafeにてオープン。
「草花日和」も残すところ、あと5日になりました。
タイミングのよい時に、お会いできるのを楽しみにしております。
明日は、お足下が悪いのでお気をつけてご来場くださいませ。
【本日2月15日土曜日は雪のため臨時休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いします。】

そろそろ会期も終わりに近づいているので、私の作品だけアップしてみます。
わたしの作品のひとつ「うまれかわるまえに」

アーティストであり美術関連のお仕事をされているご年配のお客様が私の作品をみて「ムーヴメントがないよ!」との感想。私の作品についてお話したらアドバイスしてくださったので、少し展示をかえてみたり。自分の作品に意識がないのではなく、作品が良くなるように考えてくださるお言葉だったので受け止めたのでした。細かなディティールは近くでみてくださると嬉しいです。ひとつひとつ違うちいさなものたちがいます。

a0210178_2263780.jpg



ではでは。
time spot studio+cafeにて、お会いしましょう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-14 22:01 | 日々徒然

自分を自分に帰すこと

先週行ったお寺ヨガに行く。ここ一週間、『気』を自分ではコントロールできないくらいガチャガチャ音をたてていた。ヨガをすると不思議だけど、気の流れが調整され元ある自分に自分が帰っていくのが分かる。

ヨガの先生の導きの声や最後に唱えるように唄ううた、ご本尊である阿弥陀如来様への参拝やご住職のおはなしなど、色々なもの含め、『気』が調整されている気がする。

私は仕事先で、自分が呼吸をしていないのに気づいた。神経を使いすぎて緊張した状態で弛緩することのない毎日だった。ある日、私あまり笑わなくなったな、と気づいた。

今は、よく喋るしよく笑う。不安が湧くこともあるけど、小さな出会いや出来事が未来への希望に変わる。今まで困ったら誰にもいえずに自分で全部どうにかしないとって1人で抱えこんだけど、信頼できる人、この人にお願いしてみよう、と頼めるようになった。

どんどん軽やかになってポシェットだけで日常を旅をするような、そんな日々を送りたいなと思ったりする。それは、帰るべき場所や大切な信頼できる人が存在するからこそ出来る旅なのでしょう。

a0210178_22265019.jpg


久しぶりに日中に自分の部屋から景色を眺めた。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-12 21:43 | 日々徒然

日々の感情メモ

涅槃寂静
-執着しないことに安らぎがある

福永武彦著「草の花」の藤木くんが好きでしかたがない。
-愛するといふのは、つまり愛されることを求めるということぢやないんですか?
 汐見さんが僕を愛してくれるのも、僕が汐見さんを好きになるのを待ってゐるからなんでせう?
ー僕はただ愛しさへゐればいいのだ。
ー違ふと思ふ。それだつたら汐見さんは何もさう苦しむことはない筈ぢやありませんか?

a0210178_214368.jpg


投げかけたことに反応がなければ、それが相手の応えだから待つことから離れ待っているべき人のところに私は行くのでしょう。言葉にできない時は無理に言葉を紡がずに、ただ相手のことを受け入れて無理に言葉にしようとはせず見守りたい。言葉にすると壊れてしまうものがあるのであれば、軽々と口にはしない。その場の雰囲気に流されて返事はしないし、守れない約束はしない。

気づけばいつも同じ人。いつもそばにいてくれる人。
ミニマムなのにマキシマムな関係。それは、正解です。

コノサキデホラ、ボクヲマッテイルカライクベキダ とこの曲ばかり聴く。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-07 02:02 | 日々徒然