ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:日々徒然( 155 )

満月の夜景

a0210178_18345999.jpg

a0210178_1835198.jpg

a0210178_1835116.jpg

a0210178_1835293.jpg


綺麗。

都庁展望台へ満月の夜景をみに。この灯りひとつひとつに物語があるんだなと、ぼんやりと眺める。

満月は感謝する日。

ありがとうございますという言葉を唱える。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-11-07 18:30 | 日々徒然

2014年最後のスーパームーン

みんな思い思いに夜空を眺めて月光を浴びる。何だか微笑ましい。まあるいお月さま眺めて、こころもまんまるになりますように。

a0210178_23454042.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2014-09-09 23:40 | 日々徒然

歩幅

a0210178_1402140.jpg


この1時間で、急に発熱。
でも、苦しくなくて何だか楽だ。

悪いもの出ていけばいいのに。

隣りを並んで歩いてくれる人のことを思い出した。歩幅をあわせてくれる人。先に歩いていたけど、私の顔色をみて何もいわずお茶しようとだけ、いってくれた人。

ありがとう

今は、ただ、それだけをいいたい。
新月に向けて、そういうことでしょう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-21 01:30 | 日々徒然

月光浴

a0210178_218232.jpg


月が満ちてきて。
南向きの7階ベランダで、ひといき。

現在3つ同時進行で動いています。徹夜したくないけど、せざる追えない時もあり。

順調に進むことも、そうでないこともあるけど、信じるしかないのだな、と思います。あとは成功のイメージトレーニング。

肝心な日の天気予報は雨。
1時間だけ晴れてくださいと、お祈り。
15日は満月です。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-13 20:53 | 日々徒然

お子様ランチのくるま

合羽橋。よく行くところ。

お子様ランチ。女の子だけど、車に乗った洋食を食べたかったことを思いだす。

a0210178_915340.jpg



自分のお店用に2つくらい購入してもいいかな?と眺めていると、給食アレルギー事故でなくなった女の子のニュースを思い出した。

給食と食物アレルギーを考える(上) 
東京・死亡事故の母語る 「理解深め見守りを」


私もアトピー、湿疹がでやすく食事療法で随分よくなった。玄米菜食をしていると、お肉食べないの?とか、少し信じられないといった言葉や視線をよく感じたし、そんな食生活していると、なんて攻撃的な言葉に受けることもあった。そういわれることはストレスになることもあったけど、攻撃性の強い言葉を発する人の食生活はやはりあれているので、そういうことかと自分ですとんと腑に落ちてから、あまり気にしなくなった。

わからないことをわかりあう、ことができな人たちや、全てのものさしが平均値だったり、自分の価値観でうまれたものにあわせたがる人が多いけれども、人には何か事情があり、それに対し歩みよろうという気持ちが生まれる人が増えていくとよいなと思う。

アレルギーの子供たちも外食を安心してでて、お誕生日会も楽しくできる日々の花々食堂を作りたいな、とお子様ランチの車を眺めながら決めた。

a0210178_915492.jpg



この日は懐かしいものによく出逢った。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-13 09:00 | 日々徒然

母の日と紫陽花

母の日。

今年も紫陽花をプレゼント。
母の好きな洋服屋さんで、これ絶対気に入る!とみつけたワンピースをプレゼント。あと、手作りメッセージカード。

母の日ということも一瞬分からなかった母。でも、喜んでくれて嬉しかった。

3歳の時の記憶。
当時住んでいた平屋に紫陽花がいっぱい咲いていた。大きくなって母が挿し木したものが、綺麗に咲いたという話を聴いた。

6月は梅雨だけれども、私は紫陽花がたくさん咲くので好き。傘を差しながら路地裏お散歩して、紫陽花をひとつひとつ眺める。

駅構内のお花屋さんは行列。でも、みんなが私もお母さんにプレゼントしよう、と連鎖反応でお花屋さんに立ち寄る。

a0210178_01130.jpg



お誕生日よりももっと素直に「ありがとう」が伝えられるだなと思う「母の日」。

この世の中で生きるということは生と死と紙一重なわけで。生まれることと死ぬことは平等で、その過程に平等などない。みんな自分の肉体といつかお別れする日が約束されている。そう思うとやっぱり、自分にとって大切に想う人との時間は愛おしくなる。とてもささやかな日常の当たり前のようなことが当たり前でなくなることがいつかは来る。

3才に眺めた庭にある紫陽花の記憶から、そんなことを思う。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-11 23:59 | 日々徒然

ヨガ+スピリットダンス

毎週水曜日。
楽しみにしている寺ヨガ。
スピリットダンスを体験!
a0210178_2254553.jpg



参加者内でも、かなり踊っていた人かもしれない、、、というくらい踊っていたのかも。

10代、20代の時は夜な夜なクラブに行き、朝まで踊り明かし。(意外?!といわれる)純粋に、踊りながら音が皮膚から入り体内で音が響きまわる、あの感覚がとても好きで。踊り明かした後の朝陽を浴びる、あの気持ちよさ。昼夜逆転してるけど、エネルギーの活性と浄化作用があったのでは?

踊るだけでなく、知らない人とハグしたり、皮膚を触れあってお互いの体温を感じたり。みんな大好きー!って叫びたくなる。すごい心の解放、笑。

バリからいらしたスピリットダンスの先生は、東京はパワースポットたがらみんなが集まるんですね、と話していたのが印象的。だから、お役目のごとくパワーストーンのように浄化する人がいて、お役目を終えると、また、別のお役目の土地に行くのかもしれないな、、、なんて思った次第です。

ヨガの先生のディープリラクゼーションの後、新しい自分に生まれ変わっている気がするのを感じ。身体の痛みやネガティブなものが一切なくなっている。

昨晩の上弦の月から満月へと向かう途中に、良いエネルギーを作りだした素敵な夜でした。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-07 22:23 | 日々徒然

緩やかな丘と時計と緑

ふらふら歩くので記憶していない。

だいたい、あのへんに、あった、、、ような、ような、、、、。ような???

やっぱり。あった!

a0210178_2120257.jpg


ここはやっぱり好きな場所。
緩やかな丘と時計と緑。
空は抜けるように青く。

夏がやってきたら、この場所で
太陽が沈んだ後と夜の間の私の好きなアオイせかいをみたい。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-05 21:18 | 日々徒然

黄色い薔薇

つつじが咲いたら、薔薇も咲く。
a0210178_125692.jpg




黄色い薔薇の花言葉は、嫉妬深い。
それでも、可愛いな、って眺める。

バスを降りて、この季節いつも見上げているけど、年々薔薇が増えている。

くるりのばらの花をひさしぶりに聴く。
ひさしぶりとは1年ぶりで、やはり、薔薇をみかけると聴きたくなるのでしょう。

半袖のワンピース着る。朝、昼、夜。皮膚に温度差を感じた夜、感傷的な気持ちになる。でも、目覚めるとそんなことは忘れていて。時々、そんなことを繰り返し、その中で、大切な人のこと思い出して深く深呼吸する。

だいじょうぶ、だいじょうぶ、己に生まれた感情に負けてはいけない。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-03 01:21 | 日々徒然

Takagi Masakatsu (高木正勝) - 『girls』(2009)



好きなものは相変わらず何年も変わらず。
花が散り、緑が眩しくなる頃
いつも同じ曲を聴く。何年もその季節がくるたびに繰り返している。

「...Girlsの映像を見て無邪気さや喜びだけではないと感じるのは、
本当は悲しい状況を撮影したものだからだ...」 高木正勝

でも、この言葉に気づいたのは、2014年5月1日のさっきのこと。

テレビや新聞のニュースは、時々、やりきれな何ともいえない気持ちになり平等など、
この世にはないのだと皮膚を刺すような痛みに襲われる。

ただその事実を、現実として受け止める。
わたしは隣人を愛することしかできず、それすらできていないのではないか?と思うこともある。

それ以上でもそれ以下でもないところで、みんな各々ができることがあるのだろう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-02 00:15 | 日々徒然