ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:お寺・神社・エネルギー調整( 91 )

つつじいろいろ

桜のあとは、つつじ祭り。

1番好きな神社、根津神社にて。

本当に植物が気持ちよさそうに生きている神社、と改めて思う。

須佐之男命さまに久しぶりのご挨拶とお礼参り。

a0210178_19562113.jpg


a0210178_19562231.jpg

a0210178_19562313.jpg

a0210178_19562331.jpg

a0210178_19562473.jpg

a0210178_19562514.jpg

a0210178_19562579.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2014-04-14 19:47 | お寺・神社・エネルギー調整

如月の靖国神社

親戚のようへいさんは、真珠湾攻撃で戦死した。2月17日に亡くなった知らせが届いた。だから、2月は靖国神社へ行く。

a0210178_17205733.jpg


草花日和のクロージングパーティーに開催する朗読パフォーマンス『恋文』は、ようへいさんのお話を少しする。

ようへいさんのこと忘れないように、靖国神社の神札を買う。弔うのは、12月8日、2月17日、8月15日だけではないのだと今年の如月参拝に気づく。

a0210178_17205866.jpg


しんみりした気持ちで甘酒をいただいた。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-20 17:10 | お寺・神社・エネルギー調整

ぷらり鎌倉2人旅

2ヶ月ぶりに鎌倉の旅

東慶寺にて『縁切り』
季節の花も素敵なお寺。
生命が芽吹いているのを感じる。
a0210178_17442546.jpg


銭洗弁天にて一万円を洗う。
甘酒を美味しくいただく。
a0210178_17442653.jpg


江ノ島神社
三姉妹の女神様に『縁結び』願い、えのしまるカフェで珈琲時間。
a0210178_17442735.jpg


楽しい旅は、私の信頼する友人陽子ちゃんと。自問自答はしすぎて答えはでないし苦痛だったけど、清らかな気の流れと陽子ちゃんと色々話して道が開いた感じ。塞ぎこまないように、綽綽と凛と前を向く。やわらかな淡いピンク色の空と光をみると春を感じる。ご縁に金運アップしそうな気分になる単純な性格。
a0210178_17442819.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-19 17:28 | お寺・神社・エネルギー調整

川越氷川神社

8月のあたまに行った川越氷川神社。最近、神社巡り(主にご祭神素戔嗚尊さまの神社)にはまっている私に友人が誘ってくれました。事前にどんな神社か調べてみると、とても可愛らしいサイト!こちらの神社も素戔嗚尊さまが、ご祭神!そして、縁結び。。。

そんなに広い境内ではないのに、1時間くらい私達は滞在。
a0210178_23191128.jpg



お守り、おみくじがとても素敵で悩み悩み、購入したのは縁結びではなく厄除け。妙に、身代わり人形の方に心魅かれ「祓いたまえ清めたまえ」と結構真剣。しかし、せっかく来たので「良縁あい鯛」おみくじなるものをひいて(釣って)みました。中吉でしたが、内容は厄除けに熱心になる人がひいただけあるおみくじ結果でした。
a0210178_23191326.jpg



旧暦の七夕祭り。わたしたちも短冊にお願いごとを書きました。
a0210178_23191194.jpg


縁結びとか願が強い人が集う場所は、少し苦手なのですが、川越氷川神社は。清らかな空気で良かったです。
現在iphoneの待ち受け画像になっている、ご神木様。
a0210178_23191219.jpg


a0210178_2321833.jpg

おうちには「あい鯛」とお守り。可愛いです◎
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-08-22 23:57 | お寺・神社・エネルギー調整

雨の鎌倉お散歩 | はなごよみ

鎌倉と京都の雨は気持ちがよい(観光客がいないところ)。古都は、雨が似合います。

東慶寺に、この時期のみ公開している『岩がらみ』を鑑賞。

a0210178_1747875.jpg


紫陽花も美しく。

a0210178_1747810.jpg


東慶寺は、縁切り寺と知る。これもご縁かしら?と天秀尼展を鑑賞。豊臣秀頼の息女であり、東慶寺20世紀住職として縁切寺法を守り抜いたお方。不憫な女性の救済にを我が使命と生き抜いた天秀尼さま。その時代のものが残されていることに改めて感動してしまう。

新しきご縁のために、お参りしてみた。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-06-11 17:23 | お寺・神社・エネルギー調整

素戔雄神社

南千住にあるスサノオ神社へ参拝。鳥居の前でご挨拶をすると、風が吹き緑の木々がさらさらと音を立て小さな鈴の音たちが幾重に重なり、とても心地が良く。

ご祭神が素戔雄大神さまと飛鳥大神さま。素戔雄大神さまだからなのか?男性の方がときれずお参りされていました。天然石のおみくじが気になりましたが、こういうのは誰かと一緒の時の方が楽しめるので、またの機会に。

6月3日の天王祭が気になっております。

素戔雄大神さまと飛鳥大神さまが光を放ち降臨した小塚の奇石「瑞光石」をしげしげと眺めました。

古事記の内容はだいたい理解しているのですが、先日読んだ「草の花」の福永武彦氏訳の「古事記」をみつけたので、それを読もう。わたしも稲田姫になりたいものです。

ご朱印は、神社のご朱印と松尾芭蕉とも縁があり「行くはるや烏啼き魚の目は泪」の2ついただきました。

a0210178_1841260.jpg


帰りに、カフェバッハへより、美味しい珈琲をいただきながらお友達にお手紙を書いて過ごしました。南千住は、むかし西成みたいで危ないよ、といわれたけど、静かで碁盤目になっていて旧いおうちがあったり、何だか落ちつきました。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-05-02 19:07 | お寺・神社・エネルギー調整

京都旅行記4 下賀茂神社

2013/04/04

京都で一番好きな下賀茂神社。昨年訪ねた時は雨でしたが、今年は快晴。下賀茂神社でご朱印蝶を購入。えんむすびの神様はやっぱり見かけるとテンションが高くなります。森の中を気持ちよく歩く。

a0210178_20582218.jpg


a0210178_20582186.jpg


a0210178_20582086.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-15 20:51 | お寺・神社・エネルギー調整

京都旅行記3 八坂神社

2013/04/04

八坂神社。学生ぶり。いつも訪ねたのは夜の雅の世界だった。
素戔嗚尊さまにお参り。

a0210178_20565336.jpg


参拝を終えると目にはったのは「おばけ屋敷」この手作り感あふれる雰囲気と入口にいるおじさんのアナウンスに心ときめく。これは入りたくてしかたがない。小さい時から、おばやけしきが怖くない子供だったけど、大人になってもさっぱり怖くなかったが、心は満たされる。
a0210178_20565459.jpg


a0210178_20565674.jpg

鴨川沿いをお散歩。今年みた一番魅了された桜の木であった。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-15 20:50 | お寺・神社・エネルギー調整

京都旅行記1 可笑庵

2013/04/03

今年も京都で春を過ごした。

最初に訪ねたのは、大石順教尼さまが晩年を過ごされた可笑庵のある勧修寺。

息をのむような幻想のような風景。

ある日ある美しい日本画を眺めた。
それは、大石順教尼さまが描かれた日本画であった。どのような生涯であったか後から知った。

口で日本画を描くことはなかなかできないことであるが、大石順教尼さまの生き方とその精神、だからこそあの日本画は何もしらなくとも心に響く美しさなのだと私は思う。

彼女のお言葉を読んでは、自分の甘えについて喝をいれらる。
「人に甘えて「私にはできない、やれない」と言っている人は、体は健全であり成長していても、心の障害者である。体の障害はいたし方ないけれども、心の障害者になってはならない。」


a0210178_20562299.jpg

a0210178_20562372.jpg

a0210178_20562476.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-15 20:47 | お寺・神社・エネルギー調整

観音様のいる温泉『百観音温泉』

冷えは万病のもと。悪性腫瘍が大好物なのが冷え。

大学病院の検査で『この薬を飲むと一生飲み続けなくてはいけません。どうされますか?』の医師の問いに私は『飲みません。』と答えた6年半前。代替医療といわれるものを色々試し時間はかかったけど薬にはお世話にならず。私は自分の体の自然治癒力を信じたかったのです。時間はかかったけど、それでよかったと思っている。その後、色んな本を読み『冷え』の怖さを知り、夏から冷えとりを始め半身浴と靴下4枚履き。昨年よりも冬が暖かく感じるのは、自分が温かくなっていると思います。

さて、もっと冷えをとりたいと思っていたら、観音様のいる百観音温泉を教えていただく。観音様がいる温泉!それだけで行きたくなり、自分の住んでいる町からそんなに遠くない。これは毎週行ける距離と喜ぶ。

駅を降り方向音痴の私は、通りすがりのおばさまに声をかける。『同じ方向だから』と温泉前までご一緒してくださる。おばさまは地元の方で一度も行ったことはないそうだが、私が『アトピーの疾患を持つ人も治療のために入ったりするんですよ『と話すと『私のまわりでアトピーで苦しんでいる人がいたら、おすすめするわ。楽しんできてくださいね。』と笑顔で見送ってくださった。

a0210178_17483915.jpg

温泉入口にある八百屋さん。

a0210178_17485844.jpg

おだんごやさん。みたらし団子美味しかった。ずんだが食べたかったのだけど売りきれでした。おうちの人へのお土産にしたおやきももちもちしていて美味!

a0210178_17472367.jpg

観音様にお参りしていると、主の方なのか?『せっかく来たのだから、あがっていきなさい。』と観音堂に入り、観音様のご説明までしてくださる。『屋根から落ちてくる雪に気をつけなさいよ』と、いった途端屋根から雪が落ちてきて一緒に笑ったり。

温泉はいうことなしで、阿弥陀の湯(寝湯)が本当に気持ちよくて寝ながら、ずっと水色の空に浮かぶ白い5番目の月を眺めていました。月が満ちていく頃、月光浴しながら露天風呂とか気持ちだろうなと。

この温泉は、身体に何か抱えていたりして温泉に入りたいけど入れない方のために個室風呂もある。観音様のいる温泉は暖かいおもてなしをしてくださる。

行きにお話ししたおばさまが『この温泉ね。ここに温泉があるって信じて何年も何年も掘り続けて湧いたのよ。』 と教えてくれたのを思い出す。本当かどうかはわからないけど、信じる力ってすごいなと、湯上りにあんみつを食べながらほっこりしつつ、私も信じることを続けて良かったとしみじみとした気分になった。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-01-17 19:50 | お寺・神社・エネルギー調整