ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

カテゴリ:日々の花々研究室( 78 )

8/21 日々の花々満月ハーブティー

【8/21日々の花々の満月ハーブティー】

ネトル、パッションフラワー、スペアミント、ローズピップ

a0210178_20484381.jpg


久しぶりに何だか心優れない日々を満月前に過ごす。去年の夏もそうだったので、何となく息詰まりながら変わりたいのだと思う。それに暑さと冷房の寒さが加わりだるい。

目を瞑ると、冷んやりする緑の木々のなかに自分がいて雨あがりの清らかな空気の中で深呼吸し赤い実を摘まむ映像が浮かぶ。

ビタミン、カルシウム、マグネシウム、貧血予防にもよいといわれる鉄分豊富なネトル。神経の緊張をやわらげリラックスさせるパッションフラワー。気持ちのリフレッシュに甘みのある穏やかな香りのスペアミント。ストレスや体力の消耗で失うビタミンCがレモンの10倍含まれるローズピップ。

ハーブは香りを楽しみながらいただくと、アロマの蒸気吸入のような作用があるので、とてもリラックスします。飲む前と飲んだ後の心身の状態の変化も分かるので、やっぱりハーブはいいなと好きなことを再確認するのです。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-08-21 20:24 | 日々の花々研究室

7/23の日々の花々満月ハーブティーとその徒然

【7/23の日々の花々満月ハーブティー】
ジャーマンカモマイル
パッションフラワー
オートムギ


a0210178_9133751.jpg

ハーブティーのレシピは、目に映る日常の世界からうまれてきます。満月と新月の日は、目を瞑って深呼吸して自分の状態を確かめてからブレンドします。なので、自分へのレシピになるのですけれども。目を瞑って自分の内側に意識を持っていくと、周りでがちゃがちゃと騒がしい音がして、これを鎮めたいなとブレンド。

身体よりも神経がつかれてその緊張をほどきたい、いつもはお花のブレンドが好きだけど、緑色の世界に草の香り水色の空そして花の甘い香り、そういうイメージがわいてきたので上記のものをブレンド。

7月は、体調の回復は早いものの、あまり気分が優れない日々でやる気もおこらず過去の自分のおこなってきたものたちを整理整頓する日々でした。とある新しいこと、そのきっかけは、私はこういうことが好きだったのじゃない!と自分が忘れてしまった感覚を思い出したのが満月前。

新年あけてからは目に見える形として満月に何かプロジェクトが終了し(そういうリズムになるように企画している、というのもあるけど)、今回は何も満たさなかったと思っていたけど、満月あけて
あぁ、私はこういうことが好きだったじゃない、その気持ち感覚を思い出したことは、自分が目覚めた感覚。ある言葉をきっかけにガラガラガッシャーンと落ちこんでしまったけど、それは傷つける言葉ではなく自分の現状を知りなさい考えなさいというきっかけの言葉をくれた人だったのだろう。敵意、嫌悪感、攻撃性、この世の中にはそういうねじれのようなものがうようよ浮いているんだけど、本当はそうではないメッセージだってある。「わかりあえないことをわかりあう」そこから新しい世界にいけばいい。

さて、新月に向けて月は欠けていく。要らないものを手離していく。本当に必要なことだけ自分のまわりにあればいい。プラスマイナスゼロの世界が好き。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-07-25 09:10 | 日々の花々研究室

蒔いたアボカドの種その後のその後

蒔いたアボカドの種を先日大き目の鉢に植えかえた。小さく背の低い姿は1年前に、ひょろりと長い姿は今年の2月くらいに土の中に蒔いた。1年前に蒔いたものは、少し元気がないので元気になるように私が「気」を与えないとなと、何がいけないのか?みている。

アボカドという言葉ではひとつだけど、その種は私たち人間と同じようにひとつひとつ違うんだなって、当たり前のことに気づかされる。

a0210178_1943424.jpg



万人を愛すことなんてできないけど、自分の元気な時は自分から隣3番目の人ぐらいまで、楽しい時間を過ごせるような良い「気」の流れで時を過ごしたいなと思う。

食べたら捨ててしまう何気ないものたちにも、新しい生命の力があることが私の中で今一番興味があり自分の中で何かが変わっていくのを感じている。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-07-04 19:41 | 日々の花々研究室

パール柑と甘夏の酵素シロップ

a0210178_1839576.jpg

a0210178_1839624.jpg


5.25の神社で販売予定の酵素シロップ作っています。

『パール柑とミントの酵素シロップ』
『甘夏とはと麦の酵素シロップ』

ジュースバーの商品開発のお仕事をしてから、わたしは組み合わせるの大好きな人になってしまったけど、パール柑や甘夏は季節のものだしシンプルに作ってみました。

当日は、水割りとペリエ割りで販売しようかな。

自分用に作った新しょうがとりんごとレモンバームの酵素シロップが出来上がりそうです。

本当に酵素って生きていて、テーブルに先日作った日向夏の酵素シロップをおいたら、ベタベタする。はっ!酵素が弾けて飛びてている。そんな元気さ。

もうすぐ梅の季節だから梅干し作り、梅ジャム作り、梅酵素シロップ作りと、梅を大量に購入しよう。梅は1年に一度出逢える本当に楽しみな果実。

8月は、酵素シロップ作りは暑すぎて向かないので、7月あたりにワークショップを企画しようかと思っています。少人数制で。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-05-11 18:19 | 日々の花々研究室

5/10 クローバーの新月ブレンド

【2013/05/10のクローバー新月ハーブブレンドティー】

浄化と新しいはじまりの新月。

メリッサ(レモンバーム)・スイートクローバー・レッドクローバー・リコリスをブレンド。

5月は自宅のベランダのクローバーにシロツメグサが咲き、公園も一面シロツメグサ、アスファルトの足元にもひっそりといたり。少しクローバーが気になる季節。

スイートクローバーはむくみに、レッドクローバーは女性ホルモンのバランスの調整に、第4チャクラのハートに作用するメリッサで無条件の愛の可能性を取り込めるよう、グランディング作用のあるリコリスで地に足をつけるように。カップに注いだらフレッシュなミントを浮かべて爽やかなはじまりに。

月を感じて暮らしていると、新月になると足が浮腫んでいて、あぁ、月は地球の下にいるから体内の水分が下にたまっているのかな、と感じるようになります。バイオタイド理論は、月に興味がある人は読んでほしい1冊です。

a0210178_814347.jpg

a0210178_8143511.jpg


3月と4月は、お友達と新月のおねがいごとをしていましたが、5月はひとりで静かに4月に書いたおねがいごとを振り返り反省しおねがいごとを書く。言霊と有言実行。頑なに強い意志がなければ先送り後回しにしてしまう弱い自分がいるから、おねがいごとの紙は大切に持ち歩いています。

あるお願いごとをある月からしなくなり。ある日、言葉がまた降ってきて「あなたは、ただ自分に対しての敗北感とみじめな気持ちの感情を否定しているんじゃないの?」「はい。そのとおりですね。」って、すとんと素直に受け入れ、諦める、とまた違う、感情を手離したに近い心の現象が起きました。陰の自分も陽の自分も受け入れないと駄目だと思い知り、4月の新月明けから手離す思い出すで、ガチャガチャと音を立てていたけど、ようやく静かな時がきて、ほっとしています。

「今日は新月ですね。」と、そういう会話ができる人が身近にいて、何だかほっこりしたのでした。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-05-10 19:38 | 日々の花々研究室

日々の花々5月の新月定食

【2013/05/10の日々の花々新月定食】

新しく爽やかなはじまりと、地球の下側にいるお月さまを感じる根の野菜を使用した「5月の日々の花々新月定食」

☆小豆玄米ごはん
☆セロリと人参のお味噌汁
☆こうや豆腐のステーキセロリの葉っぱのせ
☆昆布のつくだに(出し汁に使用した昆布)
☆新じゃがと新玉ねぎのもちきび肉じゃが風

a0210178_23491890.jpg


*通年出回りセロリですが、春は静岡産が旬。キッチンハーブ野菜といわれるセロリは、アイピンという香り成分によりリラックス効果があるといわれています。今回は茎をお味噌汁に使用し、葉を塩もみしこうや豆腐のステーキののせました。セロリの歯にはカロテンが含まれるので、捨てないで食べましょう。茎は食物繊維が豊富なデットクス野菜。

*お肉のかわりにもちきびを使用。皮がやわらかいのでそのまま使用した新じゃがと、とろりと甘い新玉ねぎで春の肉じゃが風。

*出し汁に使用した昆布は刻んで、つくだ煮に。ミネラルを摂取しましょう。

*小豆とやわらかめの玄米ごはんで胃腸を休めて月のリズムにあわせてイソフォラボンを体に摂取。

新しいはじまり浄化の新月に体の調子を整えて体内の毒素をだしましょう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-05-10 12:30 | 日々の花々研究室

放射線から体を守る食事と済陽式ガン治療食事療法

最近、日本の10年後の「食」と「病」について考える。最近、興味があるのは「放射線から体を守る食事」と「済陽式ガン治療食事療法」

a0210178_19162362.jpg

私の好きな一番美味しいと思う玄米菜食カフェ「油揚げ」のテーブルには、日本食の底力原爆(放射能)に勝った玄米と味噌汁(聖サンフランシスコ病院秋月秋月辰一郎医師)の資料がおいてある。秋月先生の書かれた「死の同心円―長崎被爆医師の記録 」という本もとても読みたい。私は、この資料を眺めながらお箸でごはんをいただき、日本人は、やっぱりお茶碗とお椀の食事。日本人は思いやりと察しの心。食が変わり失われつつある文化や日本人らしさ。なんて、ことを思うのである。

私が野菜ソムリエとなり興味が一番あったのは、第7栄養素のファイトケミカル。生活習慣病予防に効果があるといわれています、という成分たち。「食生活の欧米化」と「食糧自給率の低下」の関連や「食生活の欧米化」と「生活習慣病の増加」の関連について、ひたすら読んでいた。

西台クリニック院長済陽高穂先生が書かれているがん治療についての本。「欧米では食事とガンの関係が科学的に証明され、世界的にも健康に日本食がよい」というイメージができあがっているのに、発祥の地である日本では日本古来の伝統食が軽視されています。」(がんが食べる食べ物事典より抜粋)

a0210178_2055271.jpg



2050年には90億人と予測される人口のために役立つといわれる遺伝子組み換え食品。科学的に安全であっても安心ではないと私は思い、私は口にしない。ただ、そういうものは今後どんどん増えてくのだろう。もし、私が発展途上国の貧しい国で自分の子供が餓死状態であるなら、遺伝子組み換え食品が神の恵みのように思えるのかもしれない。私は、反対だ、なんだと叫ぶより、自分が体内にいれたくないものはいれない。脳の働きは大切で、よくないと思って口にしたものは体内によくないものとして吸収される。それは、病のもととなるでしょう。

ある人が、次世代の人たちのための僕らはモルモットだよ、的なことをいっていた。私がこの世にいなくなった頃には、疫学研究前向コホート研究として、遺伝子組み換え食品を食べなかった集団と遺伝子組み換え食品を食べた集団の研究がされるのかもしれない。

こういうことに関しては賛成、反対の対立になるので、わたしは「わかりあえないことをわかりあう」。だから、自分の目利きをよくする。

私の頭のなかは最近、そういうことを考えているのですが。10年後から100年後の日本にも青い空、緑の匂い、水面の煌めきと四季を感じる植物、畑や田園風景、お寺や神社、ごはんとお味噌汁とお漬物とお箸が残っていてほしいなと思う。だから、お箸で食べるレシピを考えたいし、日本食粗食の素晴らしさを学びたい。自分の将来は田舎にいるにこにこ笑顔のおばあちゃんを目指そう。

a0210178_20103744.jpg

おばあちゃんになっても「今も昔も変わらず、綺麗な花ね」って、歩きながら思いたいという願望。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-28 20:04 | 日々の花々研究室

酵素シロップ「日向夏+フルーツ人参+ミント」

この日作った酵素シロップ「日向夏+フルーツ人参+ミント」が完成。お試しだったので少量。

a0210178_22451917.jpg


考えごとばかりして私の気分がすぐれなかったせいか、酵素作りも時間がかかってしまった気が話しかけたりあたためたり。酵素は生きているから愛が必要なのです。

試しにシンプルに常温の水で割って飲む。美味しい!時間をかけたものって、一口一口丁寧に口にふくむ。

本当は食べる飲む体内から口に入れるってこういうことってシンプルに思う。6月に開催予定の日々の花々食堂は酵素シロップ入りワインをメニューに入れたいので、色々研究。

長野のはとこは、お母様が作った手作り味噌しか食べたことがないので、初めてお味噌を買った時に薬の匂いと味がしたと話してくれたのだけど。本当にその環境は羨ましい環境。

私はプライベートでは人の食生活に口はださない。むしろ、私みたいな人を珍しがられる。ただ、みんな忘れてしまったのだ。105円で賞味期限なんてものがつき腐らないでいるおなかをみたすだけで栄養なんてないものたちばかりを口にするのが、不自然な気がします。

最近は、日々徒然ばかり更新しているけど。今まではブログでレシピや食材の紹介、ポータブルサイトで執筆レシピ提供していたのですが、4月からは実際に私自身が自分の作ったものを召し上がっていただいたり販売し話をするというコミュニケーション型に展開していきたいと思っています。

4月29日(月)に開催する日々の花々野菜果物講座も参加お待ちいたしております。28日の18時まで参加予約を受け付けております。お時間ございましたらどうぞよろしくお願いします。

今年も私もスキルアップするために長野の親戚のところでお勉強と、京都のお寺の精進料理教室に行くことを計画中。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-25 23:22 | 日々の花々研究室

黄金柑とフレッシュレモンバームのハーブティー

緑がキラキラ眩しいと、フレッシュな気持ちに。

フレッシュのレモンバームと鹿児島うまれの香り豊かで上品な甘さの黄金柑でフルーツハーブティーに。黄金柑は有機栽培のものを購入したので皮のままポットへ。

見た目も爽やかなリフレッシュハーブティーとなりました。

最近は野菜果物とハーブをブレンドできないかな?とレシピを考えています。


a0210178_18212490.jpg


a0210178_18212591.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-22 19:00 | 日々の花々研究室

グリーンスムージーダイエット

週に一度一食分だけ1ℓの野菜果物のグリーンスムージーダイエットを4月から始めました。

痩せたいのではなく、胃腸を休めたりデトックスするため。

ミキサーには、日向夏、レモン、トマト、有機のサラダほうれん草。だいたいあわせて270g。

生野菜は体を冷やすのでさけていたけど酵素はとりたいので週に一度あまりエネルギーを消費しない休日のお楽しみに。

わたしの贅沢は、こういう時間。心と体が喜ぶのが分かる。

わたしは普段、ファンデーションを塗らないし、ブログにアップしている写真たちもほぼお化粧とやらはしておらず撮影してくれたイフジさんはレタッチとかしないので、年齢のわりに肌は保てているのではないかと思います。

野菜果物は食べ続けることで変わる。これは自分自身が一番感じていることであります。


a0210178_134234.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-21 12:38 | 日々の花々研究室