ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

山籠りリトリート

女神山へ山籠り。リトリート合宿に参加。
様々なワークを受けてきました。

a0210178_21365415.jpg


a0210178_21365437.jpg



a0210178_21365559.jpg


良い悪いで判断しない。観照意識を高めていく。

小さな頃から、どうして大人は自分の考えを押し付けるのか?わたしの話を聞く前に悪いと決めつけるのか?みんなを一緒にしたがるのか?わたしのことを何も知らない人が私の見た目でイメージを押しつけるのか?

それは、ずっと自分の中にあり問いをかけてきた。仏教の五蘊。色(しき),受(じゅ),想(そう),行(ぎょう),識(しき)の五つを知ることで、人間は行・識で生きている人がほとんどだと知る。

私が苦しんでいたものは他者からの行・識であり、また、私も他者を行・識で判断していたことに気づく。

わたしはあなたで、あなたはわたし。
だから、へりがなくひとつ。

気づいたとたん、とても自分は小さな器の人間だと思い、今までの自分を手放し改めようと決めたら楽になった。

a0210178_21365578.jpg


不思議な体験もしたのだけれどこころに経験としておさめます。掴もうとすると消えていく。とにかく不思議な体験で肉体疲労がすごく、、、。

a0210178_21365501.jpg


山籠りから帰って東京の日常。東京が、職場が、自宅が静かに感じる。今までただ自分のマインドがざわついていたから外部の刺激に疲れていたことに気づく。自分の内なる静寂さがあれば何も気にならない。もう土地ではないのかもしれない。自分の内側に自然界が存在する。その世界を作ることが、自分で自分を癒すことなのかもしれない。

今まではずっと1人で道を歩いて、色々な人に出逢い心を開放していく学びをしてきた。今回は他者と過ごすことで共有する気づきに感謝する。

自分を変えることができるのは最終的には自分。いくらでも、きっと、光に変われるよ。あなたもわたしも。

a0210178_21365637.jpg
















[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-23 20:48 | お寺・神社・エネルギー調整

【日々徒然】紫陽花

母の日備忘録

母の日は母に毎年紫陽花を贈る。ベランダには紫陽花がたくさん暮らしている。
a0210178_08091734.jpg

ベランダにひとつ小さな紫陽花の花。

a0210178_08091745.jpg

今年の紫陽花

a0210178_08091799.jpg

母の日紫陽花カード。

4歳くらいまで住んでいたおうちにはお庭があって、大きな紫陽花の花が咲いていた。母が庭に植えたら、どんどん成長したそうだ。土の力は素晴らしい。

そんなことを思い出し、母にいつまで若々しくお元気でと思う。1年に1度改めてじっくり感謝する日。


[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-19 07:58 | 日々徒然

アスリート展 | 21_21 DESIGN SIGHT

太極拳を始めてから丹田を中心とした中心力や身体感覚のトレーニングを続けて1年半。

アスリートの方々の身体能力、メンタル面、日々の鍛錬は本当に凄いことだと気づく今日この頃。

アスリート展。
とても興味があり足を運びました。

a0210178_20440387.jpg



a0210178_20440357.jpg


体験コーナーはアスリートと自分の違いが分かる面白さ!

a0210178_20440389.jpg

スケートは子供の頃に教室に通っていたためトライ!黄がアスリート、赤が私のグラフ数値が出てきます。足の高さやポーズの数値が全然違います。

a0210178_20440424.jpg

身体バランスは道場の修練で行なう中心軸を意識。左寄りに軸が若干ずれているのが分かります。

a0210178_20440483.jpg

時間のプレッシャーは、あまり受けない結果が出ました。

自分を知るという上でも本当に良い体験コーナーでした。

a0210178_20440483.jpg

この写真も美しく見惚れました。

小さな時は水泳やスケートをやりましたが辞めたのを大人になってから悔やみつつ、、、大人になって出逢えた太極拳。

気づいた時から学びが始まるので、身体感覚のトレーニングを続けていきたいです。今までは食べ物からの心身一如を学び、今は次のステージで太極拳から心身一如を学んでいる日々。

a0210178_20440540.jpg


アスリート展、今の自分に本当に刺激的な展示でした。都会のオアシス的な空間も、ほっとひと息できます。21_21 DESIGN SIGHT。


[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-16 19:49 | 美術館・ギャラリー

ミュシャ展|新美〜悪に悪で報いるな〜

美術鑑賞備忘録

ミュシャ展|新美

血も涙も描かなかったミュシャ。スラブ叙事詩。眺めていたら涙がじわりと。作品から溢れるエネルギーと、その当時の人々の感情が存在しているようなパワー。すごい迫力でした。

一部作品が撮影可能。という驚きの展示室がありました。

一瞬にして心奪われたと申しますか、、、すごく心揺さぶられたのが『聖アトス山』という作品の聖神女のマリヤ様。アトス山は女人近制。修道士たちがいる山。
a0210178_19452035.jpg


a0210178_19452184.jpg

スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムランジナ会の誓い。作品の中に描かれたこの女性も気になりました。
a0210178_19452115.jpg


一番がつんときた作品は、ヴォドニャヌイ近郊のペトル・ヘルチンキー。作品解説文にあった『悪に悪で報いるな』という言葉。深いです。とてもとても。

ミュシャといえば、アールヌーボーだった私には刺激が強すぎましたが、感情をこんなに揺さぶらた作品を鑑賞できて良かったです。鑑賞するのに自分のエネルギーを費やすまでの感覚って、なかなかない経験でした。

a0210178_19452195.jpg

乃木坂の駅でチケット販売していたので購入して入館したら、割とスムーズに入れました。もう少し歴史のお勉強をしてから鑑賞すると、なお楽しめたかな?と思っております。

あの作品の迫力は暫く余韻が続きそうです。












[PR]
# by hibinohanabananew | 2017-05-15 19:08 | 美術館・ギャラリー