ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

『とうめいのなかのことば〗展と『中庭の空』というカフェのこと

ブログも久しぶりの更新ですが、1か月は瞬く間に過ぎていきました。8月29日から31日まで開催した『とうめいのなかのことば』展のことを忘れないように綴りたいと思います。

a0210178_22482395.jpg



a0210178_22482498.jpg



会場になった中庭の空さんは、9月3日でクローズとなり最後の個展開催者となりました。ふらりと訪ねてはおしゃべりしてくれるオーナーののんさん。水色の扉に白い壁。放課後の学校のような家具も屋根もひとつひとつに思いがある空間。いつものようにおしゃべりしていたら、『えっ?クローズするんですか???』という驚きとともに勢いでギャラリーの申し込みと個展・ハーブティーセッション・朗読会のイベントを企画しました。

a0210178_22482525.jpg

(思い出の深煎り珈琲)

会期中はよく雨が降っていたのが印象的で、浄化の雨の心地良さを感じつつ。今一番親しい仲間たちが訪ねてくれたのが印象的で、江古田の中庭の空常連さんたちと楽しい会話をしました。その土地の知らない人に作品をみていただき感想をいただくというのは、新しい感覚で刺激がありました。私は知らない土地でもわりと隙間をみつけて生きていけるだろうなと思ったり。

a0210178_22483042.jpg



a0210178_22483145.jpg


a0210178_22483148.jpg

a0210178_22483280.jpg



ハーブティーセッションは雨の中心地よく実施し、朗読会では2014年に朗読したオリジナル作品『宝箱の指輪』と『銀河鉄道の夜』を再演。今回は、のんさんの計らいで岩倉さと子さんをご紹介していただき素敵な演奏つきで朗読することができました。

本当に来てくださった方、気にかけてくださった方、江古田の方、岩倉さと子さん、そして、中庭の空ののんさんに感謝です。

今はもうあの空間がもうなくなっているのかな?と思うと、何だか夏の幻夢のようで。でも、きっと、また、夏の終わりがくるだびにあの日あの時間のことを思い出すのだと思います。

2016年の夏休み終わりの日。

『とうめいのなかのことば』というタイトルは、中庭の空さんのあの透明な空間でいろいろな人が表現し『ことば』を発した。
わたしもそのひとり。だから、『とうめいのなかのことば』とつけたのです。

a0210178_22483240.jpg



次はどこの街で個展を開催しようかな?
また、タイミングがあえばお会いしましょう。


a0210178_22483321.jpg

中庭の空近くのちいさな公園で精霊さんいるかのような綺麗な光をみたことも良いひとときでした。

改めまして、みなさんに感謝です。

[PR]
by hibinohanabananew | 2016-09-27 22:28 | 日々の花々研究室
<< 別府神社にご挨拶 コイケヤトルティアチップス×野... >>