ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

かたちのであい  ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁|大山崎山荘美術館

京都で初めて訪ねた美術館『大山崎山荘美術館』
かたちのであい 
ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁展を鑑賞しました。
a0210178_21350439.jpg



国の有形文化財として登録された6つの建物のある美術館。
建物、庭園、喫茶室、テラスから眺めた風景。本当に美しい。

ルーシー・リー、ハンス・コパーほか、バーーナード・リーチの作品をたくさん鑑賞できうっとり時間でした。常設展のモネの「睡蓮」も静かに近い距離感で眺めることができ満足。

喫茶室では、紅茶とモネの庭というケーキをいただきました。

館内は撮影禁止。東京の美術館は最近、写真撮影可能なところもありますが、シャッター音が気になったりします。静寂さのなかで作品を眺めることができ、ゆっくりできました。本当に美しいものは心にカメラでパシャリしたいです。

a0210178_21350476.jpg




テラスからの眺め。
あるがままが美しいということ。
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-12-14 21:41 | 美術館・ギャラリー
<< 2015.12.15 日の出 ... 京都の旅徒然なるままに  >>