ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

ヘレン・シャルフベック『魂のまなざし』@東京藝術大学美術館

7月に鑑賞した展示
ヘレン・シャルフベック『魂のまなざし』@東京藝術大学美術館

a0210178_2119273.jpg



ヘルシンキ生まれの画家「ヘレン・シャルフベック」
三才にして事故で左足を不自由にし、一生苦しみ続ける婚約破棄の心の痛み。作家自身の人生の物語を知り、彼女の描いた作品を眺めていると胸が痛くなるような切なくなるような時間を過ごす。パリのモードを意識した作品のモデルが着用している洋服が魅力的。死を意識した晩年の作品は、静かな迫力で何ともいない気持ちになりました。

展示室でメモした言葉
『一人の子供のような存在の彼女は、自分にとって一番大時な人をとられた時、大きな声泣くのです』

感覚的に何だか素敵だなと思う作品も、作家の精神状態や色々情報が入るとまた違った印象をうけ、さらに作品を愛おしく思います。
a0210178_2119311.jpg



気にいった展示はカタログとポストカードを購入します。また、作品にお会いできますように。


 
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-08-01 12:07 | 美術館・ギャラリー
<< 2015.08.02 日の出 ... グリーンな豆腐サラダ >>