ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

ユトリロとヴァラドン母と子の物語

一番好きな落ち着く場所は平日のギャラリーや美術館。自分の中で慌ただしいなと感じた時も、自分自身の気の流れを一旦リセットしてくれるそんな場所です。

6月に鑑賞した展示①
『ユトリロとヴァラドン母と子の物語』東郷青児記念損保ジャパン日本京興亜美術館。

a0210178_2230404.jpg



美しきヴァドロンは画家たちのモデルであり、賞賛された画家。
恋多きエネルギーある女性。彼女の私生児として生まれたユトリロはアルコールの依存し精神の病を抱えながらも治療のために絵を描きはじめます。

母ヴァドランと子ユトリロ。親子でありながら作風は異なり、ゆえにパレットや筆の使い方も個性があります。

二人の生い立ちを知りながら作品を鑑賞する。中学校の教科書で眺めたユトリロの作品。その時とは違った作品鑑賞を楽しむことができたひとときでした。

カタログもヴァドランの描く花になったり、ユトリロの描く花となったりキラキラして素敵なデザインです。

a0210178_2230416.jpg

a0210178_22304128.jpg

a0210178_22304210.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2015-07-03 22:30 | 美術館・ギャラリー
<< 山口小夜子 未来を着る人展 2015.07.03 日の出 ... >>