ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

岡崎京子展 | 世田谷文学館

a0210178_21213829.jpg


いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。いつも。たった一人の。ひとりぼっちの。一人の女の子の落ちかたというものを。(岡崎京子『ぼくたちは何だかすべてを忘れてしまうね』)

世田谷文学館にて岡崎京子戦場のガールズ・ライフ展へ。会期末ということもあり、とても賑やかでした。年齢層も幅広く男性の方も多くたくさんの方に愛されている作品たち。原画をこんなに貼りつくようにみた展示は初めてかもしれません。

女の子から大人の女性になるあいだ。空虚などこか浮遊する居場所がない孤独な気持ち。私も初めて作品を読んでから年をとっている。でも、あのひりっとする感覚になる。リバーズ・エッジは特にそうだった。

a0210178_21213938.jpg

岡崎さんの漫画は言葉だけになると詩
のようで。短いのに心に響く。

a0210178_21214014.jpg

映画化されたこともあり、りりこさんがいらっしゃいました。

カタログも見応え充分で遠出したかいがありました。岡崎京子さんの作品は時代が変わっても、いつまでも生き続けるのだろう。
[PR]
by hibinohanabananew | 2015-03-22 20:52 | 美術館・ギャラリー
<< 2015.03.23 日の出 ... 2015.03.21 日の出 ... >>