ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

母の日と紫陽花

母の日。

今年も紫陽花をプレゼント。
母の好きな洋服屋さんで、これ絶対気に入る!とみつけたワンピースをプレゼント。あと、手作りメッセージカード。

母の日ということも一瞬分からなかった母。でも、喜んでくれて嬉しかった。

3歳の時の記憶。
当時住んでいた平屋に紫陽花がいっぱい咲いていた。大きくなって母が挿し木したものが、綺麗に咲いたという話を聴いた。

6月は梅雨だけれども、私は紫陽花がたくさん咲くので好き。傘を差しながら路地裏お散歩して、紫陽花をひとつひとつ眺める。

駅構内のお花屋さんは行列。でも、みんなが私もお母さんにプレゼントしよう、と連鎖反応でお花屋さんに立ち寄る。

a0210178_01130.jpg



お誕生日よりももっと素直に「ありがとう」が伝えられるだなと思う「母の日」。

この世の中で生きるということは生と死と紙一重なわけで。生まれることと死ぬことは平等で、その過程に平等などない。みんな自分の肉体といつかお別れする日が約束されている。そう思うとやっぱり、自分にとって大切に想う人との時間は愛おしくなる。とてもささやかな日常の当たり前のようなことが当たり前でなくなることがいつかは来る。

3才に眺めた庭にある紫陽花の記憶から、そんなことを思う。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-05-11 23:59 | 日々徒然
<< お子様ランチのくるま きびじゃが >>