ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

如月のあれこれ

東京の日々野の如月。2月は、とてもとても早く過ぎた。草花日和が、もうすでに遠くに感じる。雪をみた。今も小さな雪の塊を日のあたらないところで時々みる。

a0210178_2125325.jpg



苦手なもういやだと思うことも、結果はどうであれ、やるしかない!と向き合うとクリアできた時は自信になるんだな、と如月の最後の日に思える出来事があった。時々そういうものに出逢わないと駄目になるな自分と身が引き締まる。逃げるが勝ちは最後の切り札で逃げてばかりの人は信頼を失うんじゃないかな?

「ありがとう」と「どういたしまして」の関係を築けないことは哀しいことだと思うけれども、信頼できる関係は「親しき仲にも礼儀あり」といった友人の言葉を思い出す。人の本質的な部分を見抜く瞬間に時々出逢う。昨年からそんなことばかり。だからこそ、本物の関係が分かるのだ。

あくまでこれはわたしのものさしの感覚のおはなし。そういうことを思ったり考えたり。

草花日和に来てくれた前職場の同期が日々の花々食堂で草花日和定食を食べてくれた。楽しそうに作品や私まで写真を撮ってくれて嬉しかった。少し摩り減っていたけど、お祝いごとのように嬉しそうにしてくれる姿に頑張る力がみなぎった。ありがとう。美味しいもの作って食べて、たくさんの人に笑顔でお届けしよう。これが今年の目標のひとつだから。
a0210178_21235565.jpg



明日から東京での日々野の弥生の暮らしがはじまる。ポストカードコレクションからお礼状を書いたり、図書館でたくさん本を借りてきて読んだり、充電しよう。

さようなら。ありがとう。2014年の如月。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-28 21:15 | 日々徒然
<< 弥生のはじまりは新月 おはじはなし >>