「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

日々の感情メモ

涅槃寂静
-執着しないことに安らぎがある

福永武彦著「草の花」の藤木くんが好きでしかたがない。
-愛するといふのは、つまり愛されることを求めるということぢやないんですか?
 汐見さんが僕を愛してくれるのも、僕が汐見さんを好きになるのを待ってゐるからなんでせう?
ー僕はただ愛しさへゐればいいのだ。
ー違ふと思ふ。それだつたら汐見さんは何もさう苦しむことはない筈ぢやありませんか?

a0210178_214368.jpg


投げかけたことに反応がなければ、それが相手の応えだから待つことから離れ待っているべき人のところに私は行くのでしょう。言葉にできない時は無理に言葉を紡がずに、ただ相手のことを受け入れて無理に言葉にしようとはせず見守りたい。言葉にすると壊れてしまうものがあるのであれば、軽々と口にはしない。その場の雰囲気に流されて返事はしないし、守れない約束はしない。

気づけばいつも同じ人。いつもそばにいてくれる人。
ミニマムなのにマキシマムな関係。それは、正解です。

コノサキデホラ、ボクヲマッテイルカライクベキダ とこの曲ばかり聴く。
[PR]
by hibinohanabananew | 2014-02-07 02:02 | 日々徒然
<< 2/8と2/9草花日和バレンタ... 歩いて歩いてお寺ヨガ >>