「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

中秋の名月 かぼちゃ餡のお月見団子

2013/09/19 の満月。

中秋の名月

旧暦の8月15日(八月十五夜が今宵になるようです。

秋の実りの収穫を感謝しながら、お月見をする。満月は、「ありがとう」の感謝の日。月光を浴びながら。「ありがとう」といってみる。いつも当たり前に思っていることも、実は感謝しないといけないことがたくさん日常にはあふれていて。少し照れてしまうけど、身近な人に「ありがとう」と伝えるといいんじゃないかな?と思ったりします。

a0210178_18212755.jpg

『かぼちゃ餡のお月見団子』を作りました。かぼちゃ餡といっても、きなこと蒸したかぼちゃとお湯で溶いた甜菜糖であわせてペースト状にしたものです。上新粉でお団子を作って、かぼちゃ餡をからめました。



私の部屋からは、スカイツリー、東京タワー、都庁、六本木ヒルズ、レインボーブリッジがジオラマのように見渡せる、でも、あちら側からは私のことは見えない。そういうことに生きていれば多々出会ってしまうのだけど、月が綺麗な日は、みんなが月が綺麗ねという。そういう時、点である個、関わったことのない人たち、同じように月をみて何かを感じていると思うと、なんだか安らかな気持ちになる。私達は今ここに生きているということ。それを強く感じます。

水素とヘリウムから、宇宙が始まったのであれば、水素とヘリウムがなければ地球もなく私が今ここにあるということもなかったのか、と思うと、今ここに存在するということ、そして、出逢うべくして出逢ったひとたちのこと、を考えると、とてもロマンテックなことだと思います。


ではでは。みなさんも素敵なお月見をお過ごしください。
そして、読んでくださって「ありがとう」
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-09-19 18:17 | 日々の花々の創作キッチン
<< 『トーヴェ・ヤンソン夏の家 ―... 9/19の かぼちゃと小豆の満月粥 >>