ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

ソフィ カル 最後のとき/ 最初のとき | 原美術館

「ソフィ カル 最後のとき / 最初のとき」を原美術館で鑑賞。

a0210178_1942380.jpg



ギャラリー1
海の音って、こんなに綺麗だったかな?と耳を澄ます。

「海をみる」
ひとりひとりの表情をみて
作品9と作品12を何度もみる。

「最後にみたもの」
直視し丁寧にみる。


私は作品の他に人を眺める。

ひとつひとつ時間をかけてみるひと

みているのかみていないのか?足早に鑑賞を済ませるひと

なにかを考えながらみているひと

苦しくなるのか?鑑賞をやめてしまうひと


シンプルな2つの作品。
盲目の人たちの
1階「海をみる」
2階「最後にみたもの」
シンプルですが、心と頭の中はショートします。


目・耳・舌・鼻・皮膚を通して生じる五つの感覚を私は持ち合わせているのに、心で感じる感覚は機能していないのかもしれないな、日常において心で感じたことを体で表現する機能は欠けているのかもしれない。

本当に見ること、本当に聴くこと、本当に味わうこと、本当ににおいや香りを感じること、本当に皮膚で感じること。

それは、どんなことなのか?カフェで考える。

a0210178_1942420.jpg


「紡がれた言葉―ソフィ カルとミランダ ジュライ/原美術館コレクション」展@ハラ ミュージアム アーク 現代美術ギャラリーも行けるタイミングがあれば行ってみたいと思います。
[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-18 19:30 | 美術館・ギャラリー
<< 【最後の下北沢駅】モデル・言葉... サイドコア-身体/媒体/グラフ... >>