ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

京都旅行記1 可笑庵

2013/04/03

今年も京都で春を過ごした。

最初に訪ねたのは、大石順教尼さまが晩年を過ごされた可笑庵のある勧修寺。

息をのむような幻想のような風景。

ある日ある美しい日本画を眺めた。
それは、大石順教尼さまが描かれた日本画であった。どのような生涯であったか後から知った。

口で日本画を描くことはなかなかできないことであるが、大石順教尼さまの生き方とその精神、だからこそあの日本画は何もしらなくとも心に響く美しさなのだと私は思う。

彼女のお言葉を読んでは、自分の甘えについて喝をいれらる。
「人に甘えて「私にはできない、やれない」と言っている人は、体は健全であり成長していても、心の障害者である。体の障害はいたし方ないけれども、心の障害者になってはならない。」


a0210178_20562299.jpg

a0210178_20562372.jpg

a0210178_20562476.jpg

[PR]
by hibinohanabananew | 2013-04-15 20:47 | お寺・神社・エネルギー調整
<< 京都旅行記2 カフェ巡りと恵文社 4/10新月のハーブティー|花... >>