ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

上弦の月→満月のある朝ごはん

月の魔力という精神科医のアーノルド・L・リバー著書の本を読んでいるのですが月がもたらす作用は良い人波動の人もいれば悪い波動になってしまう人もいる。興味津々に読んでいます。

上弦の月→満月は吸収しやすい時期でむりもしやすくなるので、少し心を落ち着かせつつ体力補うものを食べたいところ。満月前夜と満月の日は胃腸を休めて小食でいたいなと思います。なんだか余分に膨らみそうだから。

上弦の月→満月のある朝ごはん
☆玄米ごはん
☆納豆+海苔
☆具だくさんお味噌汁(人参・自然薯・こんにゃく・揚げ・しょうが・ねぎ)
☆昆布+大葉のつくだ煮

a0210178_13562890.jpg




自然薯のムチンという成分のネバネバパワーをおかりして具だくさんのお味噌汁はしょうがやネギなど体を温めるものをプラスしこんにゃくで腸のお掃除。お味噌汁のに使用しただし昆布を大葉とあわせてつくだ煮に。大葉は調理する前のあの香りがとてもリラックスします。

次の満月は11月28日。晴れますように☆
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-11-25 13:52 | 日々の花々研究室
<< 記憶と記録|葉月。日常の宝物 時々魅惑にキラキラハーブティー >>