ブログトップ

日々の花々

shimahana.exblog.jp

アボカドの種その後

水をいれたコップに食べたアボカド種をいれ根を出してからと思うもうまくいかなかった初夏よりの春。

8月に鎌倉ハウスで京都の田中美穂植物珈琲店の美穂さんの植物ワークショップに行った時にご相談。夏は水の温度があがるので水につけるより土に入れた方が種が安心するかもしれませんね~とのことだったので4月に京都の美穂さんのお店で買った鉢に種を入れる。小さいので早めに植え替えてな、といわれていた。

3ヶ月後の姿。
a0210178_23273189.jpg


根がだいぶ苦しがっているかも?!と素敵な鉢探しにでかけ、新月あけたタイミングで植え替え。あいた鉢にはアイビーを挿し木した。木になるまで大きくなってほしい。

a0210178_23404572.jpg



ベランダは花がたくさん。先月買ったバスケットがお気に入り。
a0210178_2342547.jpg


植物も鉢やプランターでなく自然の土で生きるのが本望だろうな、と庭のある家に住むのは夢。自分の庭で育てたハーブでお茶を作りたいな。

そうそう。アボカドの種については結構調べ、冷ケースにおかれていないものが良いひそうだ。全ての果物の種は蒔くとなる、という本があるそうで読んでみたい。
[PR]
by hibinohanabananew | 2012-11-15 23:27 | 日々の花々研究室
<< バオバブの木の種を蒔く 【野菜ソムリエお仕事報告】レシ... >>